【ネタバレ】警視庁強行犯係樋口顕2022第3話~樋口VS稀代の悪妻

樋口顕

2022年7月29日『警視庁強行犯係 樋口顕 Season2』第3話のあらすじとネタバレ、感想になります。

この刑事ドラマは、警視庁捜査一課強行犯係の樋口顕(内藤剛志)を中心に、樋口の盟友で生活安全部少年事件課の氏家(佐野史郎)と、樋口の上司・天童(榎木孝明)が真摯に事件と向きあい事件を解決していきます。2021年にSeason1が放送されましたがさほど間は開かずにSeaon2が始まって楽しみです。

第2話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】警視庁強行犯係樋口顕2022第2話~殺人トリック
2022年7月22日『警視庁強行犯係 樋口顕 Season2』第2話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。 この刑事ドラマは、警視庁捜査一課強行犯係の樋口顕(内藤剛志)を中心に、樋口の盟友で生活安全部少年事件課の氏家(佐野史郎)と、樋...

スポンサーリンク

強行犯係・樋口顕2022第3話あらすじ

運送会社社長・仁和宏之(テット・ワダ)の刺殺体が見つかり、樋口顕(内藤剛志)が臨場する。宏之の妻の紗子(小野ゆり子)は夫からDVを受けてたと訴え、離婚を前提に別居中だった。会社の従業員によると夫婦は慰謝料のことでかなり揉めていたという。

紗子とは連絡がつかず、紗子の代理人である弁護士の生島匡彦(渡辺徹)を訪ねると、紗子は数日前にDVの証拠を持って依頼にきたという。生島は医師の診断書もあったことから依頼を引き受けたが、夫の宏之はDVは否定し妻の捏造だと主張していた。しかし生島は家計簿のメモ欄にモラハラや暴力の記録があったため引き受けたとのこと。

樋口班の菊池和馬(佐藤岳)と中田裕之(小松利昌)が聞き込みを行うが、周囲からの2人の印象はまるで正反対。

仁和の従業員によると半年前から妻は避妊薬をのみ子供をつくることを拒否し、金遣いがあらかったことに悩んでいた。

そんな折、樋口は天童管理官(榎木孝明)から7年前にある高校で起きた性暴力事件に紗子が関わっていることを聞かされる。彼女を擁護する記事を書いたのは東洋新聞の遠藤貴子(矢田亜希子)だった。

スポンサーリンク

紗子に操られた弁護士

貴子は樋口を呼び出し、仁和から会社に電話があり7年前の事件は捏造だと連絡があったらしい。

紗子は自宅に戻った。樋口と菊池が聞き込みにいくとそこに遠藤貴子もくる。紗子にはアリバイがあった。

仁和は事件の2日前に青梅市御岳に行っていた。獄中で死んだ7年前の事件の容疑者・村上敦の母親がいた。息子は交際相手がいたため、紗子から交際を申し込まれて断ったとたんに紗子が大声で叫び虚偽の性暴力事件を発生させていた。

弁護士の生島が仁和を殺害。7年前の事件でも紗子の代理人だった。村上の刑が確定したとき紗子の本性を知っていた。そんな紗子との関係はそこで終わらず、今回の離婚訴訟の代理人を頼まれた。もし断ったら家族に危害を及ぼすと言われ引き受けた。さらに仁和がしぶといと分かったとたん、仁和を殺害するよう要求された。

樋口は生島に真実を証言していれば犯罪を犯すことはなかった。。唯一守れたことだったのに。

紗子は共同正犯で逮捕。貴子は記事に村上への謝罪を書く。

スポンサーリンク

強行犯係・樋口顕・キャスト

樋口 顕・・・内藤剛志 

遠藤貴子・・・矢田亜希子 

樋口照美・・・逢沢りな 

菊池和馬・・・佐野岳 

藤本由美・・・片山萌美 

中田裕之・・・小松利昌 

吉崎 衛・・・斉藤暁 

樋口恵子・・・川上麻衣子

天童隆一・・・榎木孝明 

氏家 譲・・・佐野史郎

強行犯係・樋口顕Season2第3話感想

「自分がみたものは真実ではない。」思い込みによる判断を間違ってしまうことは誰にもありますが、それが人の死につながったら。。。。それが刑事や記者なんだなって改めて思いました。

でも見かけは弱々しくみえても悪魔のような性格の女性、、、、騙されるだろうな。。

樋口が遠藤が記者を辞めるといったときに「逃げるな」と言ったことば、ずしーんときました。わたしは逃げてばっかりです(笑)

樋口がいつも犯人に話す言葉は核心をついていてハッとさせられます。

第4話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】警視庁強行犯係樋口顕2022第4話~氏家が補導した少年
2022年8月5日『警視庁強行犯係 樋口顕 Season2』第4話のあらすじとネタバレ、感想になります。 この刑事ドラマは、警視庁捜査一課強行犯係の樋口顕(内藤剛志)を中心に、樋口の盟友で生活安全部少年事件課の氏家(佐野史郎)と、樋口の上...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました