【ネタバレ】ハクタカ白鷹雨音の捜査ファイル~白鷹雨音の2年前の事件とは!?

2021年スペシャル

2021年3月22日(月)「ハクタカ」のあらすじとネタバレになります。

原作は、「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した異色のサラリーマン作家・梶永正史による警察小説。犯人からの謎の犯行声明を手掛かりに、立て続けに起こる殺人事件の関連性を紐解き、主人公の優れた洞察力によって事件の真相を暴いていくミステリーになります。

鷹のような鋭い眼光で事件の全貌を見通す、「ハクタカ」の異名を持つ主人公・白鷹(しらたか)雨音(あまね)役を演じるのは真木よう子さん。

警視庁捜査一課の刑事・草野誠也役を演じるのは眞島秀和さん。草野もまた白鷹と同じ過去の事件を引きずっており、捜査ではバディとなる白鷹を支えながら共に真相に迫ります。

さらに白鷹を慕う人懐っこいキャラクターの新米刑事・兎束晋作役には、今最も注目されている若手俳優の一人・赤楚衛二さん、クールな捜査一課長・福川冴子役には黒木瞳さんが出演されます。

スポンサーリンク

『ハクタカ』白鷹雨音の捜査ファイル・ネタバレ

公園でピエロ姿の変死体が見つかる。武蔵野東署の白鷹雨音(真木よう子)が捜査を始めると、被害者からフグの毒が検出され、

被害者の写真からフグの毒を示すTTXの文字と数字の1が書かれた風船を見つける。

そして第2の殺人事件が起きた。そこには、『2 TTX』文字が書かれており、やはり連続殺人事件を示唆していた。

雨音は後悔が残る2年前の事件を思い出す…。まだ幼稚園児の玲奈ちゃんが誘拐され、殺害されてしまい、犯人も自殺してしまった。その時の捜査一課長は福川冴子(黒木瞳)だった。

そして3人目の殺人事件が発生する。今度はガールズバーに勤める廣川真由美、初の女性だった。

ふぐの歯は、4枚ある。あと1人誰を殺害するのか?

そして捜査本部は、3件目の廣川真由美の元恋人、安西真一を逮捕する。安西は、割烹かすみに勤めていたため、とらふぐも多く扱っていた。取り調べが行われると、毒を持ちだしたのは自分だと自供する。

雨音は、父親の八木が犯人だと直感していた。玲奈ちゃんが通っていた保育園にいくとスタンガンで倒れてしまう。やはり犯人は八木だった。

今回殺害された3人は、SNSで2年前、玲奈ちゃんを見かけたことをつぶやいていた。しかし見ているだけで何もしなかったため、同じ目に遭わせた。まだ生きているのにじわじわ死んでいく恐怖を味合わせたかった。

八木が目を覚ました。法廷で玲奈ちゃんの無念を訴えることができる。

冴子は雨音に捜査一課にこないか?声をかけるが、雨音はいまの警察署に残ると伝える。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

『ハクタカ』白鷹雨音の捜査ファイルあらすじ

公園でピエロ姿の変死体が見つかる。武蔵野東署の白鷹雨音(真木よう子)が捜査を始めると、被害者からフグの毒が検出され、呼吸困難による窒息死だった。被害者は、若山一哉、パティシエだった。

雨音は、SNS内にアップされた被害者の写真からフグの毒を示すTTXの文字と数字の1が書かれた風船を見つける。雨音は、これは犯行声明で連続殺人ではないかと疑うが、捜査一課長の福川冴子(黒木瞳)は否定的。雨音と捜査一課の草野(眞島秀和)は、バディで捜査することに。(この2人は過去交際していた。)

ジョギングしていた男性が、ピエロが、ピエロを運んでいたと目撃証言があった。ピエロの恰好をした人物は2名いた。その後の調べでピエロの服を2着購入していたのが『遠山蓮』だと分かった。SNSでピエロを購入してコインロッカーに入れておくアルバイトを引き受けただけだと証言

そして第2の殺人事件が起きた。そこには、『2 TTX』文字が書かれており、やはり連続殺人事件を示唆していた。被害者は建築士の棚橋俊樹。

白鷹は後悔が残る2年前の事件を思い出す…。玲奈ちゃんが誘拐され、捜査を慎重にすすめた結果、初動捜査が遅れ、玲奈ちゃんは殺害され、犯人は自殺してしまった。その時の捜査一課長も福川冴子だった。

3人目の被害者は女性

雨音と草野はフグは毒量が多いのは全体の十数%しかない。犯人は被害者を狙って人体実験した可能性があると仮定を立てるが、福川冴子が信じるわけない。

犯人が一目に置いたのは生かすためにさらし者にするためだった。殺しが目的なら他に楽な死に方はいくらでもある。毒が回って死ぬまでの第3段階目で放置している。もし目撃者が通報していれば助かった可能性がある。これは賭けなのか?

そんな中、3人目の殺人事件が発生する。今度はガールズバーに勤める廣川真由美が被害者だった。同じフグ毒での殺害だった。

福川は白鷹に感や憶測でいいから4人目の殺害方法は何か?尋ねるが、雨音は、犯人の将来の犯行を予測することはできない。

そして捜査本部は、3件目の廣川真由美の元恋人、安西真一が割烹かすみに勤めておりとらふぐを多く扱っていたことがわかった。また、安西が住んでいるマンションは、2年前の玲奈ちゃん殺人事件の犯人・石岡と同じフロアの住人だった。右手には火傷の痕があった。

家宅捜査するが安西の行方につながる物証はなかった。

スポンサーリンク

犯人は2年前殺害された玲奈ちゃんの父親

安西真一が公務執行妨害で逮捕される。

取り調べが行われると、毒を持ちだしたのは自分だと自供する。「俺もきっと先生に殺される、助けてください」

先生とは!?安西はお金に困っていたため、先生にフグの毒を売った。しかし先生に名前を聞いたこともないし電話番号も知らない。

雨音は、玲奈ちゃんの自宅へ行く。父親の八木が犯人だと直感していた。雨音は玲奈ちゃんが通っていた保育園へいく。そこで何者かにスタンガンで襲われる。起きたとき、ピエロの仮面をかぶった犯人・八木がいた。

今回殺害された3人は、SNSで2年前、玲奈ちゃんを見かけたことをつぶやいていた。しかし見ているだけで何もしなかったため、同じ目に遭わせた。まだ生きているのにじわじわ死んでいく恐怖を味合わせたかった。

そこに草野が雨音を助けにきた。

八木はピエロのお面をとる。そして捜査本部、警察が八木を包囲した。

捜査一課長の福川冴子は、「玲奈ちゃんを殺したのは私です、雨音のプロファイリングを私は潰した。雨音を放しなさい!」

しかし雨音は八木が手にしていた銃はモデルガンだったと気づく

八木は意識を取り戻した

その時すべてを理解した。

4 TTXは、八木本人だった。

八木は、玲奈を助けられなかった自分を責めた。そして悪い奴を捕まえたい!という玲奈の夢をかなえた。八木はフグ毒を服毒していた。一命は取り留めたが、意識不明に。

八木の携帯電話から、草野との通話履歴があった。昨年の玲奈ちゃんの命日に八木と再会していた。そしてSNSを見せられ投稿者を調べて訴えようとした。

八木は理科の教師で毒の知識も持っている。草野は、八木が計画した他人を道連れにする残酷な殺人に手を貸してしまった。

八木が目を覚ました。法廷で玲奈ちゃんの無念を訴えることができる。

冴子は雨音に捜査一課にこないか?声をかけるが、雨音はいまの警察署に残ると伝える。

 

スポンサーリンク

『ハクタカ』白鷹雨音の捜査ファイル・出演者

真木よう子 眞島秀和 赤楚衛二 正名僕蔵 マギー 猫背椿 猫ひろし 山口翔悟 安居剣一郎 水間ロン 白石朋也
高杉亘 藤田弓子 笹野高史 黒木瞳

『ハクタカ』白鷹雨音の捜査ファイル・感想

真木ようこさん、「白鷹のような目」とドラマ中に何回か言われていましたが、こんなかわいらしい人が??って思いましたが、だんだん見ているうちに、鷹のような目だなって感じました(笑)

でもいまはSNSで色々なことを匿名でつぶやくことができますが、あまりにも気軽で怖いですよね。良いところもたくさんあると思いますが、人を傷つけたりすることはしてはいけないと思いますし、いまは1人1台の時代ですので、何か犯罪を察知したら、すぐに通報するようなことがあれば最悪な結果できるかも!?とも思います。

最後、雨音の元恋人の草野が犯人とつながっていたシーンがあったのですが(犯罪には加担してない)、最後の最後まで予測不可能でした。

シリーズ化されるのかな。。テレビ東京のサスペンスは面白くて見応えがあるのが続いているので是非またよろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました