【ハケンの品格2・最終回ねたばれ感想】春子と里中は結婚するのか!?

ハケンの品格2

2020年8月5日(水)最終回のあらすじとネタバレになります。

最終回でしたーー。正直、、、ちょっと期待外れというか、里中のプロポーズが実はプロポーズではなく今後も一緒に働きましょう、よろしくって、いう意味だったらしく。。。。春子も残念そうな顔でした(笑)

春子はドローンを壊して器物破損で派遣切りにあってしまいます。契約終了前に切られてしまう。。。派遣としては切られるのは痛いですね。春子は今回もどっぷりS&Fのために色々尽くしましたけど、やっぱり前回に比べるとパワーダウンというか、現実離れ感があって、派遣で働いている私には身近に感じなかったんです。

第7話のあらすじ・ネタバレはこちらになります。見逃した方はどうぞご覧ください

スポンサーリンク

ハケンの品格2020・最終回あらすじ

 

里中は大前春子にプロポーズ「公私ともに僕のパートナーになってください」

春子は「平熱ですね」

3人で深呼吸して落ち着く、、、落ち着く。。。

しかし里中はすぐにこれはプロポーズではないと否定する。僕はこれからも大前と一緒の方向を向いて一緒に仕事をしたいという意味です。。公私の「私」は仕事終わったあと一緒にご飯を食べたいという意味だった。

混乱を招いて申し訳ありませんでした!

春子はがっかり。。。。(していた)

パイロット店舗でのアジフライを反対される

里中(小泉孝太郎)が人生を賭けたコンビニプロジェクトだったが、パイロット店舗での内覧会で、株主や投資家たちには評判が悪かった。

本来のターゲットである働く女性や、子育てを頑張るお母さんたちと彼らとは客層が違ったのだ。コンビニとスーパーの中間を狙ったと説明するが、アジフライに対してはピンとこないね。。。と言われる始末。

春子は「あなた方は晩御飯のメニューを調べますか?」レジ横に必要なのは、おかず1品です。とプレゼンするが、、、途中で止められてしまう。宮部社長(伊東四朗)は、大前春子(篠原涼子)提案の、レジ横で売るアジフライを止めるよう命令する。AIによるとアジフライで成功する確率は0.001%。

東海林は春子にまた告白するが・・・

里中は彼ら投資家がターゲット層ではないと宮部社長に説明する。春子の思いつきの方を信じるという里中に、宮部社長はAIと春子との勝負を提案し、決着を囲碁対決でつけることに。

里中は春子が勝てばアジフライをレジ横におけると説得する。春子はアマチュア囲碁7段だった。

東海林(大泉洋)は汚い手を使っても勝てと春子に助言する。あのプロジェクトは賢ちゃんのすべてだ。

そして、今朝、里中が春子にプロポーズしたとき心底焦った。賢ちゃんにお前をとられる。13年たったけど本気でお前のこと・・・・。せつない顔をしている春子。

春子はAIとの勝負に負ける

AIとの対局の日がやってきた。キーボードを打ちながらやる社員に「ちんたら、ちんたら」とプレッシャーする春子。

春子が早すぎてAIが追い付いてない。変顔しながら戦う春子(笑)

そして春子優勢に進んでいたが、まさかの『まいりました」そして定時だから帰った。

そして碁石で『ムダ』と文字を書いていた。

AIにできないことは無駄なこと

東海林と里中が春子のお店へ

東海林が怒りまくっているが、里中は「アジフライはお店に置けなくなりました」と伝える。

13年たっても何もわかってませんね!AIの頭脳に勝てるわけない。この先も永久に勝ち続けます。人間は負け続けるだけですか?

人間はたった1つだけ、Aiにはできないことがあります。無駄なことです。失敗したりやけ酒飲んだり仲間を想いやったり恋をしたり、、全部、無駄。

AIはそんな無駄一切しない。無駄を切り捨てれば、会社はうまくいく。

里中賢介 あなたはまだ失敗しかしてないじゃないですか!失敗は人間だけにできる無駄。またそこから立ち上がればいいんです。何度失敗しても働くことは生きることです。

アジフライの被り物で売り込みする春子

そんな中、ターゲット層の女性客をコンビニの内覧に集める時がやってくる。

夜中に海へと出て、とってきたアジを会社の厨房で揚げ始める春子。警備のドローンを一撃で仕留めてしまったが、警備員に連れられてしまいアジフライを揚げることができない。

AM10時、女性達がコンビニ内覧に集まる。

しかしアジフライを持ってきたのは東海林だった。

『春子おばさん作ったアジフライ』そして被り物をした春子が登場、原稿は東海林が作成

春子のアジフライの売り込みスピーチが始まる。

アジフライは大人気で大盛況だった。

春子は里中に「すべて売り切れました。」満面の笑みで報告する。そして里中にアジフライの被り物をプレゼントする。

春子は「今日は最高に無駄な1日でした。お疲れさまでした。」笑顔で里中に伝えて帰るが、その帰り道、春子は泣いていた。

春子は初めての派遣切りに!!

春子は今朝クビになっていた。ドローンを壊して器物破損で、派遣契約打ち切りになっていた。

春子は営業に頼み今日はお店に行きたいと。。。今日はただ働きだった。

宮部社長がS&F市場の大盛況を祝うが、里中と東海林は成功したのは春子のおかげだと伝える。

クビを撤回するよう伝えるが、宮部は大前春子のようなロボットが100人いれば安泰だという。

東海林は「大前春子はロボットではない、心で動く派遣です。あいつは血の通った無駄だらけのどうしようもなくいいやつです、最高の仕事仲間です」と東海林は伝える。

しかし社長は「いくらでも変わりがきく派遣じゃないか!」

働くことは生きることです!演歌歌手?になった春子

里中はS&Fを退職して独立すると東海林に伝える。東海林を誘うが??東海林はS&Fに残る。

人材スリム化リスト、そして宮部社長に✖がつく。。。。

ある人に会う前と会った後で人生が変わってしまうことがある。それは僕にとって

1年後、里中はお惣菜屋さんを開く。『AJI』

そこに新人の演歌歌手がやってきた。竜禅寺アキコそれは春子だった。

そしてなぜか歌いだす春子。。。。お客さんがたくさんやってきた。。。

歌は『アジフライ慕情』

そしてとても大事なことを教えてくれた。

働くことは生きることだ!

スポンサーリンク

ハケンの品格2キャスト

こちらの相関図をご覧ください。

キャストの個別紹介はこちらからご確認ください。

ハケンの品格2最終回・感想

やっぱり不完全燃焼だった感じが残ってしまいました。何故最後に春子が演歌歌手に!?13年前のハケンの品格は派遣社員に限らず働く者にとってすごい考えさせれる内容が多かったので共感するところがたくさんあったんです。でも演歌歌手になっていた春子で最後なんて、、、あまりにも現実離れしてしまって、ちょっと残念でした。

あと里中からのプロポーズですが、まさかのプロポーズではなく、これからも一緒に仕事していこう的な話だったとは。。。そんな~。楽しみにしていたんですけど、、、まさかの春子と里中が結婚かーーー!?と。。。

「働くことは生きることです」これは13年前の最終回でも同じようなことを春子は言いました。

13年後、やっぱり大事なことはこれに尽きる!ってことだったのかもしれませんが、、、、『物足りない。。。』というのが今回のハケンの品格2でした。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました