【ネタバレ】ドラマ群青領域最終回~ジュニと漣のこれからは?

群青領域

2021年12月24日NHK『群青領域』最終回のあらすじとネタバレになります。

主演は、映画「新聞記者」で「第43回日本アカデミー賞」の最優秀主演女優賞を受賞した女優のシム・ウンギョンさんです。

このドラマは、母国・韓国で挫折し、傷つき、日本へやって来た過去を持つ、超絶的な人気を誇る5人組バンド「Indigo AREA」のメンバーだった主人公、キム・ジュニ(シム・ウンギョン)が、ジュニは、恋人でもあったボーカルの突然の脱退宣言に再び、消えてしまいたいほどのショックを受ける。SNSの標的にもなり、音楽さえも怖くなり、全て投げ出したジュニは、海辺の町で、今まで知らなかった世界の扉を開ける。やがて、狭い価値観の世界を脱出して、音楽を取り戻し、「一人の人間」として、力強く羽ばたいていく……ストーリーになります。

第8話のあらすじとネタバレはこちらです。

【ネタバレ】ドラマ群青領域第8話~レイジは立ち直れるか?
2021年12月10日NHK『群青領域』第8話のあらすじとネタバレになります。 主演は、映画「新聞記者」で「第43回日本アカデミー賞」の最優秀主演女優賞を受賞した女優のシム・ウンギョンさんです。 このドラマは、母国・韓国で挫折し、傷つき...

スポンサーリンク

群青領域最終回あらすじ

Indigo Areaのライブがはじまった。

ジュニの歌詞でジュニが歌う。♬たとえあなたがどこにいたとしても、あなたと生きていく、未来信じるよ♬

ライブ配信後、いくつかのレコード会社から声がかかり、これが最後のチャンスだと悦子に言われるが。。。

蓮(若葉竜也)は青木荘から離れられないと友人から誘われているガラパゴスの水中カメラマンの仕事を決められないでいた。青木荘のみんなが蓮に海に行ってほしいと思っている。

ジュニはメンバーに伝える。「1人でやってみようと思っている。誰のためではなく、自分のために弾きたい。1人で始めたい」ジュニはメンバーと音楽でつながり続けていくことを約束する。

ジュニは漣たちにも報告する。

つぐみは青木荘の管理人になり、カフェをやりたいと伝える。

そして連は海に行くことを決意する。

スポンサーリンク

蓮とジュニの旅立ちの日

陽樹がジュニに会いにくる。ジュニを傷つけたことを謝る。ジュニの才能に嫉妬して、自分の歌を信じられず逃げた。これからは自分を認めて歌う。ジュニは「ありがとう、さようなら」

 

そして連の旅立ちの日がやってきた。

その日はジュニの初ライブでもあった。

ジュニは「同じ日に旅に出たかった、じゃあまた」

蓮「また」

蓮は空港へ向かう。

 

そして新宿で1人ライブを始めるジュニ。

「北斗七星」を弾き語る。♬好きなんて言葉足りないほど愛している♬

スポンサーリンク

群青領域キャストと役どころ

メインキャストの紹介です。公式ホームページからです。

キム・ジュニ(シム・ウンギョン)

超絶的な人気を誇る5ピースバンド「Indigo AREA」のキーボード。 聞くものをひきつける超絶技法の持ち主。過去に挫折と深い傷があり、恋人でボーカルの陽樹にも裏切られてしまう。ショックを受け、SNSの標的にもなり、さらに音楽さえも怖くなり、全て投げ出し海へ逃げる。

小木曽蓮(若葉竜也)

海辺の町にある下宿「青木荘」の住人。 現在は近くの水族館で働いているが、昔は水中写真家として世界中の海を潜っていた。5年前「青木荘」の家主、たえに救われた過去を持つ。ふとしたきっかけで海へ逃げてきたジュ二と出会う。

河西陽樹(柿澤勇人)

「Indigo AREA」のボーカル。 圧倒的な歌声を響かせる。元々インストバンドだった「Indigo AREA」のボーカルとしてメジャーデビューをする際に加入。ジュ二の恋人だったが、突然脱退宣言を行い、ソロアーティストとして勝負することを告げる。

望月玲二(細田善彦)

「Indigo AREA」のギター。 バンドの作曲を担当。クールな一面もあるが、「Indigo AREA」の存在が心の支えとなっていると語ることも。大学時代のサークルの後輩と一緒に暮らしている。

五十嵐拓真(落合モトキ)

「Indigo AREA」のドラム。 学生時代ジュ二をバンドメンバーに勧誘し、それ以来ジュ二のことを思い続けている。メンバーの中では弟的な存在で、思ったことを率直に口にし、時に熱くなることも。

スポンサーリンク

柳原充(田中俊介)

「Indigo AREA」のベースでリーダー。 通称はヤナ。リーダーとしての責任感が強く、バンドの未来に思いを巡らせ、存続させたいと願っている。長年付き合っている彼女がいる。

緋山恵(SUMIRE)

世界で活躍する女優。 出演したハリウッド映画の日本版主題歌も歌うほど多方面で注目されている。「Indigo AREA」のボーカル陽樹の新恋人として話題になり、更なる世界進出を狙っている。

青木たえ(樫山文枝)

海辺の町にある下宿「青木荘」の家主。 40年前に絵本作家だった夫を亡くし、下宿を営んできた。これまでたくさんの下宿人を受け入れてきており、傷ついてやってきたジュ二を温かく迎えいれる。ぬか床が自慢で、他にも家庭菜園や庭木を大切に手入れしている。

藤崎つぐみ(徳永えり)

海辺の町にあるスーパーのパート従業員。 5歳の息子を育てるシングルマザーで、店長の悪質なセクハラに合っている。スーパーを訪れたジュ二と出会い、やがてジュ二の友人となっていく。

宮野悦子(板谷由夏)

「Indigo AREA」のマネージャー。 当時学生バンドだった「Indigo AREA」を発掘し、数年で日本を代表するバンドに育ててきた。メンバーを思う気持ちが強く、姿を消したジュ二を信じて、対応に奔走する。

群青領域最終回感想

ラストのジュニとビッケブアンカのデュエットの「北斗七星」感動しました。綺麗なハーモニーで何回も聞きたくなります。ジュニの高音がすごい素敵でした。

YouTubeにアップされてましたら。メイキングもチラッとありますよ、当分リピートしてしまいそうです。

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

ジュニと漣は最後別々な旅立ちになりましたが、北斗七星の歌詞にあるように「好きなんて言葉足りないほど愛している」2人だったのではないでしょうか。

何も言わなくても心がつながっているように思いました。

続編はないと思いますが、3年後、蓮が戻ってきて青木荘で再会する漣とジュニを想像してしまいます。

人生楽しんだもの勝ちですね。

個人的にこのドラマ2021年秋ドラマで1番好きでした。優しいドラマでした。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました