【ネタバレ】ゴシップドラマ第1話~経理部から異動してきた凛々子の目的とは!?

ゴシップ

2022年1月6日(木)夜10時放送の『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』第1話のあらすじとネタバレになります。

相関図はこちらになります。

【相関図】ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇~黒木華主演
2022年1月6日(木)夜10時放送の『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』の相関図になります。 このドラマは、大手出版社が運営するニュースサイトの編集部を舞台に、新しい時代の”人と人とのつながり”を描くお仕事ドラマになります。 ネッ...

このドラマは、大手出版社が運営するニュースサイトの編集部を舞台に、新しい時代の”人と人とのつながり”を描くお仕事ドラマになります。

ネット上に掲載されたひとつのニュースがメディアを通して人々の感情をのみ込み、意図せぬ広がり方をみせる時代。メディアとは、どうあるべきなのか。

社会派のテーマを扱いつつも、畑違いの部署から移動してきた主人公・瀬古凛々子(黒木華さん)の奮闘ぶりが楽しみです。

視聴率の推移はこちらです。

第1話                  
6.5%                  

スポンサーリンク

ゴシップドラマ第1話あらすじ

大手出版社『クスノキ出版』の経理部に所属する瀬古凛々子(黒木華)は、他人の気持ちを理解したり、場の空気を読んだりすることは苦手だが、この世界や他者を知りたいという欲求は強く、優れた洞察力を生かしてちょっとした矛盾や誤りを見抜く能力に長けた女性。経理部では、その厳しいチェックぶりから地獄の番犬・ケルベロスとも呼ばれている。

そんな凛々子の能力を認め、彼女の協力で同期のライバルを蹴落として執行役員となった仁和正樹(安藤政信)は、凛々子にある仕事を命じる。それは、クスノキ出版が運営するニュースサイト『カンフルNEWS』の立て直しだった。

カンフルNEWSには、温厚で争いごとが苦手な放任主義の編集長・山田礼二(生瀬勝久)以下、凛々子と同期で、ひねくれていて口も悪いが人を丸め込むのが上手い根津道春(溝端淳平)、さまざまな女性と広く浅く付き合い、仕事は早いが中身の薄い男・下馬蹴人(野村周平)、『週刊カンフル』の元エース記者だったシングルファーザーの椛谷静司(野間口徹)、少年マンガ誌『ジャンクス』の編集部志望だった一本真琴(石井杏奈)が所属している。

だが、その仕事ぶりはといえば、他社のニュースやブログ記事のコメントをコピペしただけの“コタツ記事”ばかりを発信しており、PVは月間50万程度、広告もろくにつかないというお荷物部署状態だった。

スポンサーリンク

凛々子は編集長に就任

編集部にやってきた凛々子は、月間5000万PVという目標を掲げ、そのために「ゴシップで攻める」という戦略を立てる。そんななか行われた編集会議で、アイドルと人気声優の交際がうわさされるきっかけとなったあるクリスマスパーティーが話題に上がった。

そこで、そのパーティーにはゲーム・アプリ会社『グリフィン・ラボ』の代表や社員たちも出席しており、パワハラ疑惑があると投稿されていた。グリフィン・ラボは、美少女女子高生キャラたちと新幹線で全国を旅しながら疑似恋愛体験ができる“萌えゲー”で急成長した会社だった。

投稿したのは、グリフィン・ラボの女子高生キャラを盗作された金子模型の店主だった。盗作だと訴えたが聞き入れてもらえず、途中から応援していたが突然消されてしまったことに腹をたて、パワハラ疑惑の投稿をした。

凛々子はすべてを包み隠さず自分の名前で記事を書いたが、PVは伸びなかった。が、この記事をみたグリフィン・ラボの社内告発があり、また金子さんは生みの親として注目される。

編集長は一連の騒動の責任をとり早期退職することに。。。

そして凛々子が編集長になる。

スポンサーリンク

ゴシップドラマキャスト

瀬古凛々子・・・黒木  華
経理部から異動してきた新人部員。ネットニュースは世の中に必要とされていないと思っていたが、ページビューを伸ばすために手段をいとわず真っすぐに取り組む
 
根津 道春・・・溝端 淳平
「カンフルNEWS」編集長。凛々子とは同期入社
 
下馬 蹴人・・・野村 周平
スポーツ記事のほか、SNSなどネット上の動向から記事を作る「コタツ記事」担当
 
椛谷 静司・・・野間口 徹
週刊誌のエース記者だったが、離婚後シングルファーザーとして息子を育てるため出世争いから身を引いた。
 
一本 真琴・・・石井 杏奈
配属されて半年の最年少部員、仕事への意識も低く、失敗しがち。
笹目虎太郎・・・寛一郎
 
さまざまな媒体で活躍しているフリーカメラマン
矢部 涼介・・・一ノ瀬 颯
 
コネ入社で一本 真琴の同期
獏・・・高橋 侃
 
黄実子・・・りょう
薬膳カフェのオーナーで凛々子の良き理解者
 
仁和 正樹・・・安藤 政信
「カンフルNEWS」に凛々子を異動させた張本人
 
山田 礼二・・・生瀬 勝久
編集長。のんびりした性分で、争いごとや、もめごとは避けたいタイプ

ゴシップドラマ第1話感想

本当のことしか書かない!スカッとします。損得考えずありのまま伝えることで信頼を取り戻すというのは正しいことだと思います。

あまりネット記事は見ないようにしてますが、やっぱりいいなって思っていた芸能人とかがものすごい悪い記事があったすると読んでしまいます。でも本当かなって。。そういう場合は当事者が自分のことで説明するのが一番だと思うのですが。

黒木華さんが演じる瀬古凛子は、マフラーしながら仕事していて、そして1人でなんでもやってしまうタイプ。「ざわざわする」と胸を抑えて睨みつけるところも色っぽい。静かそうですけど芯が強そう。編集長としてどのように変わっていくのか楽しみです。

第2話のあらすじはこちらです。

【ネタバレ】ゴシップドラマ第2話~円満離婚に切り込む凛々子
2022年1月13日(木)夜10時放送の『ゴシップ #彼女が知りたい本当の〇〇』第2話のあらすじとネタバレになります。 相関図はこちらになります。 このドラマは、大手出版社が運営するニュースサイトの編集部を舞台に、新しい時代の”人と...

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました