【ネタバレ】極主夫道5話まとめ~龍と美久の馴れ初めはファミレス

極主夫道

2020年10月11日からスタートした『極主夫道』は、裏社会を生きてきて数々の伝説がある不死身の龍(玉木宏)が裏社会から足を洗い、なんと目指したのは史上最強の専業主夫です。妻の美久はキャリアウーマン、娘は小学生で龍は家族と住む街を守るために様々な珍事件がおきます。

この記事は、2020年11月8日『極主夫道』第5話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

前回の第4話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【極主夫道】4話ねたばれと感想~龍が車に跳ねられてしまう
2020年11月1日『極主夫道』第4話のあらすじとネタバレになります。 美久の両親が突然訪ねてくることになり龍は『ガサ入れ』と表現してましたが、意外とマッチしますね。美久は仕事が認められるが上司から、元やくざの旦那についてバレないように注...

見逃した方はHULUから見ることができます。2週間無料ですのでこの間に見逃した方は是非ご覧ください。玉木宏さんの極道主夫は百聞は一見に如かずです。

コナン

スポンサーリンク

極主夫道5話ねたばれ

元極道の龍と美久が結婚して2年、最初の馴れ初めはファミレスでした。美久は大学のときに付き合っていた彼氏との間に子供ができて1人で産みシングルマザーでファミレスで働いていたときに龍と出会います。龍は極道から足を洗い主夫になったのです。そして5話ではけじめをつけるために美久と結婚式を挙げた龍、2人の指には結婚指輪が光ってました。

くわしい5話のストーリーはあらすじ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

極主夫道5話のあらすじ

美久の仕事が、元極道の夫がいることでダメになってしまうかもしれない。別居状態になった龍(玉木宏)と美久(川口春奈)。そのことを知った龍は、自分が美久のそばにいてはいけないのではないかと迷う。そんな矢先、龍が交通事故に遭う――。

一方、龍がいなくなったと向日葵(白鳥玉季)から聞かされた美久は、帰宅。美久が龍に電話をかけても、留守番電話になるだけだった。向日葵は美久に「ママに愛想をつかして出ていったんでしょ」と言い、龍をしばらくそっとしておくことを勧める。美久は留守番電話に龍へのメッセージを入れるが、折り返しの連絡は来ない。

龍が家に戻らず心配する美久と向日葵

江口(竹中直人)は、龍を天雀会に戻すための次なる作戦を思いつく。向日葵に龍を嫌いになるようなことを吹き込んで、龍と美久を別れさせるというのだ。雅(志尊淳)は、あまりにも大人げない江口にあきれるばかり。

江口の企みを知った田中(MEGUMI)は怒り、向日葵を全力で守ると息巻く。天雀会と火竜町婦人会の間に、またしても緊張が高まる!

雲雀(稲森いずみ)は江口の様子がおかしいと察し、雅を問い詰める。雅は雲雀の迫力に負け、すべてを白状する。雲雀は、雅を連れて美久に会いに行く。美久は雲雀と雅に、龍が行方不明になっていることを打ち明ける。雅は美久に「俺が必ず見つけてきます!」と言い、必死で龍を捜し始める。

スポンサーリンク

龍と美久の出会い

シングルマザーで向日葵を一人で育てるときめた美久、2年前、ファミレスでアルバイトしていた未久は龍と出会った。龍はいつも来店しては美久を呼んでオーダーしていた。

あるとき誤解が誤解をうみ、美久は龍から告白されたと思って腹わって話していいですか?と切り出し、自分はシングルマザーでかわいい子供がいること、そして誰かと一緒になるとか考えないようにしてます、そもそも極道の妻になんてなれないですから。でも気持ちは嬉しかったですと伝える。

龍は会長に命を懸けて守りたい女ができてしまった。と伝え、最後に闘争していた組を1人で壊滅させその足で未久のもとへ。そして1本のバラの花を渡しプロポーズ

「家族になりたいねん、ええかげんちゃうで、あんたと娘さんの命、俺に守らせてもらえへんか」

龍と美久はけじめの結婚式を挙げる

1週間以上、龍が見つからない。龍が交通事故に遭っていたことがわかった。喫茶店のゆかりがインスタをアップしている龍をみつけて雅に伝える。

美久は、大きな仕事のプレゼン当日、自分の夫は元極道であると宣言しますが、クライアントは美久のプレゼンを聞きたいと、、、仕事は成功する。

龍が家に戻ってきて美久にこれからのことで話があると。。。

なぜか雅は龍が極道に戻るという情報を得て龍が予約した神社いくと、なんと龍と美久は結婚式をあげていた。

全員合流して龍と美久の結婚式を祝う。

スポンサーリンク

玉木宏主演極主夫道・相関図

相関図とメインキャストの紹介です。

スポンサーリンク

メインキャストの紹介

蒼々たる顔ぶれです。

龍・・・玉木宏

元極道。極道時代は『不死身の龍』の異名で恐れられたが、 極道から足を洗った後、美久と結婚し、主夫業に打ち込んでいる。
強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを羽織っている。足を洗ってからもその外見や言動は極道時代のものが抜けておらず、それゆえに周囲の人物を畏怖させてしまっていることも多いが本人に自覚はない。

美久・・・川口 春奈

龍の妻で、一児の母。デザイナーとして働くバリバリのキャリアウーマン。
少しだけ、天然。龍とは対照的で非常にルーズで片付けが苦手な上、料理はこれでもかというほどヘタクソ。 そのため、家事は龍に任せきりである。

向日葵・・・白鳥 玉季

龍と美久の娘。小学生。
年齢に似つかわしくないほどのしっかり者。母の美久よりもどこか大人びている。

雅・・・志尊 淳

龍の元舎弟。現在も龍を慕っている。
龍がいなくなって以降、組は衰退する一方で、龍に極道の世界に戻ってきてほしいと強く願っている。まっすぐな性格でみんなに慕われているが、不器用な所も。家事の大変さを理解できておらず、龍に怒られることもしばしば。

江口菊次郎・・・竹中 直人

「天雀会」会長。 雲雀には一切頭が上がらないが、雅には理不尽に叱りつけることもしばしば。 極道から足を洗った龍を、天雀会になんとか引き戻したいと思っている。

江口雲雀・・・稲盛いずみ

江口会長の妻で、「天雀会」の姐御。
漢気に溢れ、仁義をもって天雀会を支えようとする。一方で、無自覚にも雅や江口会長を振り回すような茶目っ気のある性格をしている。

虎二郎・・・滝藤 賢一

“剛拳の虎”と呼ばれた武闘派で、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道。
その後、ある事件を起こし、服役していた。現在は1人で露店クレープ屋を営む。

 

スポンサーリンク

極主夫道5話・感想

婦人会会長の田中和子(MEGUMI)と江口(竹中直人)のやりとりが面白かったです。「このタコ坊主!!」と連呼し爆笑です。竹中直人さんには申し訳ないけど、たしかにタコ・・坊主(笑)

さて今回の見どころは龍と美久の馴れ初めですが、美久は大学生のときに子供を産んでいて父親のほうはすぐに逃げてしまったから結婚はしておらず、龍と初めて結婚したとわかりました。でも2年前に結婚したということは、美久がファミレスからいまのデザイン会社に勤めたのも2年前だとしたら、マイホームよく買えたな・・・親からの援助?下種な疑問が浮かびました。

でも美久役の川口春奈さんの花嫁衣裳姿がとても綺麗でした。向日葵の黄色のドレスも素敵よかっです。

でも不死身の龍ですが、交通事故で8mも飛ばされたら、さすがに救急車ではこばれて骨折の1本でしててもおかしくないけど、なんと自力で治癒してました。現実の世界ではありえない。。

次回6話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】極主夫道6話まとめ~ゆかり(玉城ティナ)と元彼はラッパー
2020年10月11日からスタートした『極主夫道』は、裏社会を生きてきて数々の伝説がある不死身の龍(玉木宏)が裏社会から足を洗い、なんと目指したのは史上最強の専業主夫です。妻の美久はキャリアウーマン、娘は小学生で龍は家族と住む街を守るために...

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました