【ドラマ・不協和音・3/15ネタバレ・感想】田中圭と中村倫也!立場が逆転した兄弟

単発スペシャル

2020年3月15日(日)夜7時から放送された不協和音ですが、田中圭さんと中村倫也さんが生き別れの兄弟役で共演しました。この記事はあらすじとネタバレになります。

田中圭さんが、愚直なまでに真っ直ぐな精神で真正面から事件と向き合う熱血刑事・川上祐介。そして、中村倫也さんが演じるのは東大卒のエリート検事で、時に冷徹とも思える冷静沈着さで事件と向き合う唐沢真佐人

 

このドラマは原作があります。社会派ミステリの新旗手・大門剛明さんの人気小説『不協和音』です。数々の事件が絡み合う極上ミステリで複雑な人間模様が交錯するようです。

2人の父親は、不当な自白強要で冤罪を生み出した刑事。その息子として、小学校でイジメの対象にまでなった2人は、父の死後に別々の家庭に引き取られ、2人はやがて刑事と検事になり、ある事件の捜査で21年ぶりに再会を果たすことになります。

そして立場は違いますが、事件を一緒に捜査します。

父親が自白強要で冤罪を生み出した・・・・でも2人とも父親を信じていたんです。そして父親は自白で犯人のこころを救うことがとても上手かった刑事だったのです。

祐介と真佐人は犯人のこころを救えたでしょうか?ネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』あらすじ・ネタバレ

30歳を過ぎて月島東署刑事課に配属された新米刑事・川上祐介(田中圭)は、妻殺しの被疑者と目される病院経営者・城崎知也(岡部たかし)を取り調べることに。

勾留期限が迫る中、一緒に取り調べを担当した警視庁捜査一課の警部補・小寺順平(杉本哲太)は「愛だよ、愛だ!」といって嘘の写真を使ってついに自白を取るが、担当弁護士の宇都宮実桜(趣里)は「大八木捜査法で自白させたのでは?」と、祐介に食ってかかる。

実桜が口にした“大八木捜査法”とはほかでもない、刑事だった祐介の父・大八木宏邦(丸山智己)を揶揄する言葉。実は祐介がまだ小学生だった頃、大八木は自白強要で冤罪を生んだ刑事として、世間から糾弾されることになった。

しかも、大八木は真相を語ることなく、突然この世を去り、祐介は母方の祖母に引き取られて姓を変えていた。

祐介と真佐人が21年ぶり再開するが、立場が逆転していた

やがて、城崎の事件は、担当検事が倒れた直後、城崎が起訴の決め手となる遺体遺棄現場を自白しないまま黙秘してしまった。

焦った祐介は必死に捜査を続行。だが努力もむなしく、城崎は不起訴になってしまう。しかも、その判断を下した後任検事の名前を聞いた祐介はがく然とする。

検事の名は唐沢真佐人(中村倫也)東大出のエリートだ。祐介の父が亡くなった後、高等検察庁の元検事長・唐沢洋太郎の養子となり、生き別れになってしまった弟だった!

祐介はすぐさま真佐人のもとへ押しかけ、なぜ城崎を不起訴にしたのか追及する。だが、真佐人は弁解録取書を読んで取り調べに問題があると判断した、と冷たくあしらう。

結局、“21年ぶりの再会”は物別れに終わる最悪なものになってしまう。

スポンサーリンク

真佐人の鋭い読みで城崎は殺人で逮捕

小寺(杉本哲太)も真佐人に何故釈放したのか聞くが、くってかかる。しかし真佐人は、5年前、月島橋外科で医療事故があり、被害者中村文子が胃の手術を受けて死亡している。城崎は任意で逮捕し立件したが起訴に至らなかった。その中村文子の恋人が片桐寛一だった。

城崎を一旦釈放させ、片桐と連絡をとるのを待つ。そして片桐は公衆電話で警察に城崎をリークしているところで逮捕。

妻を殺したのは夫の城崎であり、城崎に殺人教唆したのは片桐だった。城崎の妻早苗は、中村文子の手術助手をしていた。片桐は城崎、そして妻の早苗両方に恨みがあったのだ。

不本意だが真佐人のおかげで城崎を逮捕できた。

祐介の先輩巡査が琉太の更生を願う!

勝手に検察に乗り込んだとして祐介は始末書処分、頭を冷やすため、連続ボヤ事件を担当する。ボヤ事件の管轄交番はかつて祐介が働いていた交番だった。

交番勤務のときに世話になった加藤巡査が、ちょうど窃盗の常習犯、町田琉太を連行してきた。琉太の爪は自分で噛みちぎった凄まじい痕があった。

加藤は、彼の更生が定年前の最後の仕事だとして面倒を見ようとしている。綺麗な爪でごはんたべている琉太を見てみたい。

グラフィティという名の放火に祐介と真佐人は事件に向き合う

佃署管内で発生しているボヤ騒ぎは「グラフィティ」火事を起こす気はないのか手前で消す。自分の爪痕だけ残している。

そんな中、祐介は連続ボヤ事件と企業の倉庫放火事件を捜査することになった。倉庫の社長、丸山与四郎(木下ほうか)の圧力を受けて、警察上層部も捜査に本腰を入れたことで、祐介と真佐人は再び同じ事件に向き合うことになる。

捜査本部に真佐人が現れる。

祐介は聞き込みした人に逃げた三津谷健太をの取り調べをする。三津谷は、ジッポライターと固形燃料をもっていた。丸山は三津谷をしらなかった。

スポンサーリンク

三津の本性がわからない

三津谷は、ボヤ事件の犯人(グラフティ)なのか?

祐介が三津谷を取り調べするが、完全に舐められる。

そして真佐人が三津谷を取り調べする。

三津谷の所持品には絵があった。「あの絵はすべてあなたのですか?」

小学生の写生会であれば金賞がとれるとバカにする。三津谷に「私の主観がすべてですので、それは、私中心で世界が回っているとも言えますけど」と言い放つ。

祐介は完全に三津谷のペースに飲まれてしまってて自供がとれない。

祐介の父親は自供で犯人の心を救う刑事だった

捜査一課の小寺は祐介に「自白っていうのは有罪の認定に最も重要な要素なんだ。新米のお前が簡単にひきだせるか?おまえは感情が透けて見える。結果を出すことに必死になっているお前を煙を巻くのは簡単だ。」

そして捜査一課にいた大八木刑事のことを話し出す。

「犯人が誰にも見られたくない心の一番深いところ触れるんだと教えられた。その心を救うんだってね。」「心を救う」祐介はつぶやく

加藤巡査は町田琉太を追いかけて1週間の謹慎

そんな中、万引き現場をみた加藤は、町田琉太を追った。しかし琉太は転倒し,頭を打って脳震盪をおこしてします。加藤は1週間の謹慎になった。

真佐人が祐介にところにきて加藤と町田の事件について聞く。

「ボヤと企業の放火の連続の線は捨てろ!放火の方法が全然違う」

おかしいと思わないか?町田は窃盗を否定しているんだろう?必死に逃げていた理由はなんだ?

ぼや騒ぎの犯人は2人いる

ぼや騒ぎがまた発生する。三津谷が捕まってから発生した。犯人は別にいる。

しかし三津谷は、丸山建業の放火は自分だとあっさり認める。

動機は毎日高級なワインを飲んでいる金持ちに嫉妬した。ちょっとした嫌がらせで、すぐに火をつけては消した。いま自分が自白すると他のボヤも俺のせいにされると思い言わなかった。

スポンサーリンク

加藤巡査は琉太の放火の証拠を隠す

祐介は、町田を捕まえる加藤巡査の防犯カメラをみている。加藤の挙動がおかしい。

祐介は加藤の自宅へ行く。

「町田のバックを拾うときに何が入っているか見ましたよね?」

そして加藤は自宅の棚にしまってあったライターと布(着火剤)を祐介に見せる。

加藤は琉太が火をつけているのではないかと薄々気づいていた。どうしても琉太を自分の手で更生させたかった。

祐介は琉太の居場所を聞くが、加藤は、「家に連絡したが、また出て行ったらしい。」

「きっとあいつは俺に話にきてくれる。」と信じている。

祐介は「待つんですね。父親っていうのはそうやって待ってくれるんですね。」

真佐人は父親を信じてないのか?

「三津谷が放火認めたってきいた。加藤巡査長は何を隠している?正直に話せ!」

祐介は、町田のバッグから放火を裏付ける物証がでた。それを加藤は隠していたこと。町田の口から直接話を聞きたい頼まれたことを伝える。

真佐人「くずだな。もっと早くわかっていれば、連続の線はもっと早く消えていた。三津谷に自白強要することもなかった。愛するものをきれいなまま残しておきたいってことだ。覚えがあるだろう!暴力や恫喝に頼って挙句の果てに証拠を捏造したやつだ。」

真佐人は、祐介が、冤罪をひきおこした父親をまだ崇拝していることと、加藤がいま琉太を信じていることは同じだと。

祐介「お前のおやじでもあるんだぞ!」

真佐人「俺の親父は唐沢洋太郎だ!本当に無能だな。」

祐介「おれは、お前の後追いだ。お前より優れているものなんて何一つないよ。自分のことと親父の事件のことを切り離して考えたことなんて一度もねえよ」と泣いている。

スポンサーリンク

琉太が加藤の説得で心を救われる

琉太が加藤の家にきた。祐介も呼ばれる。

「火をつけたのはおれだよ。全部気に入らないんだよ。全部燃やしちゃおうと思った」でも琉太は寸前で火を止めていた。

20歳で窃盗と放火の常習だよ。包丁を手に持つ琉太

加藤「その手でつかむのはそれでいいのか?うらやむ気持ちがあるなら、自分でつかみ取ってみてくれないか?」

琉太「だったら教えろ!どうやったら手に入れられるか教えて。。。教えてください。」加藤は琉太に知りたければ教えてやる、俺でよければ教えてやるから。

加藤の思いは町田君の心を救った。祐介は、自分が思い描いていた自白の取り方だった。

そして加藤に「あなたは警察をやめるべきです。」と伝える。

祐介の父親・大八木宏邦は冤罪なんて作り出さない!

加藤は祐介に「俺はダメな警官だが、あの人は違うぞ、大八木さんは冤罪を作り出すとは思えない。おれは信じている。」

祐介「俺が警官になったのは自分が実績をつめば、親父の冤罪をはらせるかと思った。俺こそ刑事失格です。」

それを聞いていた実桜は、「大八木宏邦はあなたのお父さんだったんですね。そんなことを知らずに私は・・・」

冤罪事件を生んだ幸北橋で手を合わせる祐介

「事件の真相は闇の中だけど、被害者の死体が遺棄されたのは事実だ。」

真佐人も父親は冤罪してないと信じている。

どこかで俺一人じゃないと思っていた。真佐人は変わっちまった。小さいころ、「お父さんは絶対間違ってない」2回音を鳴らす祐介、「僕も信じている」3回音を鳴らす真佐人。2人だけのあいづち方法だった。

唐沢検事は俺の実の弟だ。だけど親父のことを忘れて新しい人生を生きていた。実桜は「知り合いの先輩弁護士から聞いたことがあります。唐沢検事は、幸北橋事件の当時の弁護団にいろいろ聞いている」と。父親のことを忘れてなかった。

祐介に会いに来る真佐人。「町田が自白したらしいな。。」

城崎の事件は、片桐の殺人教唆だった。城崎のDVをカモフラージュにして緻密な計画をたてた。

三津谷は放火をカモフラージュして、本来の目的は別にあるのではないか?三津谷には火がつく瞬間がある。三津谷の心が見えてないから落とせないんだ!目撃者から洗い出せと真佐人は指示する

真佐人の車の運転、車のハンドルの回し方が父親と同じ回し方をしていた。左を逆手でとって回す。

祐介と真佐人と父親と3人でドライブしている回想シーン「決まりは守らなければだめだ。だが全部が全部いつもルール通りにいくわけではない。それは覚えておけ。」父親が言っていた。

真佐人は俺と同じだ。親父を信じている。

スポンサーリンク

やはり放火の犯人は三津谷だが・・・?

目撃者の聞き込みをする祐介

「10時頃に帽子をかぶった男をみて、俺と目があったらダッシュで逃げた。丸山建業のゲソ痕は一つしかなかった」

三津谷を取り調べをする祐介

10時と11時に2人の男が目撃されているが、靴跡は1つだった。あなたがタイムラグをもって2回現場を訪れたってことです。あなたは1回目きたときに近隣住人に見られた。何できたんだ?って思われないように2回目にきてわざと放火した。

角田雄三を調べました。談合の黒い噂がある。丸山が関与した公共の事業があった。そして河野純一が突然自殺した。河野純一は三津谷の父だった。河野は丸山に自殺にみせかけて殺された可能性がある。その復讐をしようとして放火したが、怖くなって火を消してしまった。

祐介「あなたの殺意は消えてません。へたな芝居はやめましょう。その憎悪はまだある。あんた何した?」

祐介は三津谷の心を救う自供を引だす

三津谷「もう遅いよ、今頃俺を逮捕したって。あの男には死んで詫びてもらう。」

祐介「本当にそれでいいのか?このまま可能性で終わっていいのか?どうして親父のために真実を追求しない!あの絵をみたときに引き込まれた。親父はいつも笑っていてくれたんだろう。あの笑顔を無駄死にさせるか?どうせ真実は闇の中だと親父にいえるのか?おれは絶対に納得できない。」

小寺は、「大八木さんを思い出すな。あの人はルールをやぶることはあってもそこには必ず正義はあった。だから相手に届くんだ。」真佐人が聞いている。

三津谷が放火で使ったライターは父親のもの。それを真実を消すために使ったらだめだ。

「俺は、丸山を殺すために倉庫に忍び込んで、酒のなかに青酸カリを入れた。」

ついに落としたな祐介

放火で捕まれば、倉庫はしらべられないと思って。あとはパーティまで時間を稼げると思ったんだが。

スポンサーリンク

三津谷の本当の目的は丸山を毒殺すること!

「パーティ?」丸山建業50種年パーティが駅そばのホテルで行われていた。

まさに寸前に青酸カリが入った樽のお酒を飲もうとしている参加者を止めることができた。

「三津谷健太は、自殺したとされている河野純一記者の息子です。」と丸山に伝える。丸山は表情が変わる。

実桜は、祐介と真佐人はやり方も違うし、響かせ方も違う「不協和音って感じ。」

どれ一つ単純な事件はない。そんな中で親父は必死に真実をさがしていたんだな。

父親が捕まえた西島以外に犯人がいるとは考えてない。冤罪ではない。

 

『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』ゲスト

役どころの説明は、公式の発表になります。

 

 

 

 

川上 祐介(田中 圭)

 月島東署刑事課の刑事。小学生だった頃、自白強要で冤罪を生んだ…と世間から叩かれた元刑事の父・大八木宏邦が突然死亡。母方の祖母に引き取られ、「川上」姓に改名した。父への思慕の情を抱えたまま、高校卒業後はノンキャリの警察官に。交番勤務を経て、30歳を過ぎてから刑事課に所属した。ゆえに、刑事としてはまだ新米。だが、その熱い精神と優しい心で、不器用ながらも、担当する事件と一つ一つ真摯に向き合っていく。そんな中、ある事件の捜査で、今やエリート検事となった生き別れの弟・唐沢真佐人と再会。真っ向からぶつかり合いながらも、同じ事件に挑んでいく。

 

 

 

 

 

唐沢 真佐人(中村 倫也)

 東京地検の検事。祐介の生き別れの弟。小学生時代に、自白強要で冤罪を生んだ…と世間から叩かれた元刑事の父・大八木宏邦が突然死亡。高等検察庁の元検事長・唐沢洋太郎の養子となった。その後、東京大学を卒業し、現職に。まさにエリート中のエリートで、周囲からも出世コースに乗れる人材だと目されている。知的で、とにかくインテリ臭が漂う男。時に冷徹とも思える冷静沈着さで事件と向き合う。ある事件の捜査で祐介と再会し、互いに衝突を繰り返しながらも、真相解明にまい進。そんな中、実の父を今も崇拝する祐介に対し、否定的な態度をあからさまに取るが…!?

 

 

 

 

 

宇都宮 実桜(趣里)

 弁護士。妻殺しの被疑者と目される病院経営者・城崎知也と、窃盗の常習犯である町田琉太の弁護人。クライアントの権利を守り、職務をまっとうするためなら一歩も譲らず、毅然とした態度を貫き、城崎の事件を捜査する川上祐介にも何かと食ってかかる。祐介とは犬猿の仲で、「キャンキャン」と呼ばれてウザがられる。優秀な人材と評判の唐沢真佐人に興味を抱く。

スポンサーリンク

 

 

 

 

安田 富夫(相島 一之)

 月島東署の署長。厳しくも温かく、部下を日々指導している。捜査においては慎重派で、自白の重要性および、焦って自白を強要することの危険性を熟知している。川上祐介の熱意を見込んで、連続放火事件の被疑者・三津谷研太の取り調べを任せるが…。

 

 

 

 

 

城崎 知也(岡部 たかし)

 月島橋外科病院の経営者で医師。日常的に暴力を振るう城崎から逃げ、友人宅に身を隠していた妻・早苗を刺殺した容疑をかけられる。川上祐介と警視庁捜査一課の小寺順平から取り調べを受け、ついに自白するも、遺体遺棄現場を教えぬまま黙秘に転じてしまう。

 

 

 

 

 

平松 樹生(笠松 将)

 川上祐介が以前勤めていた月島東署佃川交番の巡査。管轄内で発生している連続放火事件を調べている。

 

 

 

 

 

 

小寺 順平(杉本 哲太)

 警視庁捜査一課の警部補。妻殺しの被疑者と目される病院経営者・城崎知也の取り調べを担当する。所轄でこの事件を担当する川上祐介を指導。泰然としていて、物腰は一見穏やかだが、被疑者から自白を取るためなら手段を選ばない。なかなか口を割らない城崎を落とそうと、調書をとっていた祐介の目の前で、ある禁じ手を使い…!

 
 
 
 
 
 
 
加藤 博行(生瀬 勝久)

 月島東署佃川交番の巡査長。面倒見がよく、人情にあふれた人物。川上祐介も佃川交番にいた時代から世話になっており、尊敬している。窃盗の常習犯・町田琉太の更生を心から願っており、自分の家でご飯を食べさせるなど、まるで父親のように愛情を注ぎながら、静かに、かつ注意深く見守っている。だが、その情の深さがやがて仇となり…!?

スポンサーリンク

『不協和音 炎の刑事 VS 氷の検事』感想

劇中に真佐人が雄介の宿舎にきます。そこに二段ベットがあります。21年ぶりに出会った兄弟は兄は巡査、弟は検事と立場が逆転してしまいます。

小さいころは上が兄、下が真佐人が寝ていたのに立場が逆転になっているなと真佐人がいいます。でも真佐人はきっと兄と同じく、立派な検事になり、警察に捜査を指示できて、なおかつ自分も捜査できることでいつか父親の冤罪を晴らそうとしたのかもしれないですね。

素直じゃない2人の兄弟ですが、父親が大好きな兄弟が生き別れになっても、父親でつながっているんだなって思いました。

中村 倫也さんと田中圭さん、両者ともまったくタイプが違う俳優ですよね。わたしは中村 倫也さんのほうがタイプです(笑)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました