【ネタバレ】ドラマ冤罪犯(小泉孝太郎主演)~7年前の模倣犯なのか?

2021年スペシャル

2021年8月30日(月)夜8時~月曜プレミア8ドラマ「冤罪犯」のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、小泉孝太郎さん主演の本格社会派ミステリーです。千葉で殺人事件が発生し、それは7年前の連続殺人と酷似していた。だが、その犯人は既に獄中自殺。冤罪か?模倣犯か?驚愕の真相が明らかになっていきます。

ドラマ冤罪犯~ネタバレ

千葉県船橋市の休耕地で、ブルーシートが掛けられた女子高生の遺体が発見される。7年間の『田宮事件』と状況が酷似していた。犯人は田宮龍司で逮捕後、無罪を訴え獄中自殺をしていた。その事件を担当したのが、県警本部の入江正義(橋本じゅん)と安田(高橋克実)。逮捕の決め手は2回目の家宅捜査で目撃証言にあった赤いチェックのシャツが屋根裏にあったからだ。

今回の被害者女子高生には制服にうさぎの毛がついてた。その毛は7年前の被害者に付着していたのと同じだった。7年前事件の犯人がまた再販したのか?調査する船橋署の香山亮介(小泉孝太郎)と増岡美佐(瀧本美織)。そんな中、現場近くの止まっていた不審車の持ち主が分かる。

末崎修、性犯罪の前科があった。香山は末崎に3人殺害(7年前2人+今回1人)は死刑につながると伝えると今回の犯行のみ認める。

7年前は田宮が真犯人だった。しかし田宮を逮捕する際、入江の指示で安田は証拠を捏造していた。安田は自ら犯した罪に落とし前するために今回の被害者にもうさぎの毛をつけ、7年前の事件を再捜査するように仕向けていた。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

ドラマ冤罪犯~あらすじ

千葉県船橋市のとある休耕地で、ブルーシートが掛けられた女子高生の遺体が発見される。現場に向かった船橋署の香山亮介(小泉孝太郎)は、女子高生、ブルーシートなど、過去に起きた“田宮事件”の状況と酷似していることに気づく。7年前、女子高生が暴行後に殺害される事件が同じ地域で立て続けに発生。

犯人が田宮龍司(田中俊介)だったことから“田宮事件”と呼ばれたが、田宮は無実を訴えたのち獄中で自殺した。実は冤罪で、真犯人が犯行に及んだとしたら…そんな疑念を部下の増岡美佐(瀧本美織)に示唆した香山は、事件の洗い直しを図る。

しかし捜査本部で“田宮事件”を口にする者はいない。なぜなら当時解決したのが、今回の事件を担当する県警本部の入江正義(橋本じゅん)だったからだ――。香山と入れは同期でライバルだった。

香山は、7年前、入江とバディを組んでいた安田(高橋克実)に当時の捜査状況を聞く。逮捕された田宮は女子高生をナンパしようとしただけで頑なに殺人は否定した。しかし家宅捜査で目撃証言にあった赤いチェックのシャツが屋根裏にあった。田宮は間もなくして獄中自殺した。安田は田宮の犯行に違いないと信じていた。

スポンサーリンク

7年前と同じうさぎの毛が見つかる

その後、遺体に掛けられていたブルーシートは、近くの解体作業で不法就労するイラン人の仕業だとわかる。

さらに女子高生の制服には白い毛がついていた。それは特殊なウサギの毛であり、7年前の被害者にも同じものがついていた。7年前の犯人と同じである可能性がある。留置所で亡くなった田宮は冤罪の可能性がでてきた。

そんな最中、田宮の姉が緊急記者会見をする。うさぎの毛のことを持ち出し冤罪だと訴える。

そんな中、女子高生を拉致した不審車両の持ち主がわかった。末崎修、性犯罪の前科があった。

香山は犯罪歴に『空き巣』があるのが気になった。

再度、田宮の姉を訪ね、7年前、田宮が住んでいたアパートの隣の部屋に空き巣が入ったことを知っているか尋ねると、そのとき高価なものが盗られたと話していたことが分かった。しかし田宮は警察に被害はないと話していた。それはナイフだった。

スポンサーリンク

7年前証拠の捏造の罪

末崎を尾行していた増岡が人質になり、腹を刺されてしまう。末崎の自宅に拉致されるが、香山が救出する。末崎に対して7年前の女子高生2人、今回の1人、合計3人の殺害で死刑になると伝えると、末崎は今回の女子高生の殺害を認めた。7年前、襲われた農園の主人を切りつけたナイフには、末崎と田宮の指紋がついていた。ナイフ欲しさに窃盗に入ったことも自供した。

7年前の2件の女子高生連続殺人事件は、田宮が真犯人で間違えなかった。

香山は入江と安田を呼び出す。7年前、田宮のアパートから見つかった赤いシャツは入江の指示で安川が証拠を捏造した。そして田宮は獄中自殺。

安川はずっと不安だった。そのため自ら捜査を続け今回の女子高生に7年前のうさぎの毛をつけ、田宮の姉や記者にリークした。

入江はさらに末崎に電話し、増岡を襲わせていた。

入江と安川は出頭する。安川はすい臓がんを患っており余命が残りわずかだった。

スポンサーリンク

ドラマ冤罪犯~主演者

香山亮介…小泉孝太郎
増岡美佐…瀧本美織
三宅義邦…前野朋哉
香山朱美…前田亜季
末崎修…三浦誠己
田宮龍司…田中俊介
田宮晴美…西尾まり
入江正義…橋本じゅん
安川伸治…高橋克実

ドラマ冤罪犯~感想

小泉孝太郎さんは『警視庁ゼロ』の小早川とは違ってキレキレでしたね。小泉孝太郎さんに『正義』の言葉はぴったりはまるというか。悪役とか闇がある人間を演じたところを見たことがありません(笑)

7年前の事件は冤罪だったのか?というのが焦点でしたが、捜査していくなかで「真犯人」だとわかり、新犯人と真犯人・・・一文字しか違わないと思ってしまいました。

冤罪にまつわるサスペンスドラマはかなりありますが、かなりの確率で冤罪が証明されるのですが、今回は冤罪ではなかったけど、警察が証拠を捏造までして犯行を裏付けしていていたという、ある意味、触れてはいけない闇でした。そんなことも警察はできてしまうんだ。。。

小泉孝太郎さんの演技の振れ幅が広くなったというか、上手くなりましたよね。。(上から目線ですみません)安川(高橋克実さん)と入江(橋本じゅんさん)の犯行を暴く最後のシーンは、まさに正義でした。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました