【ドラマ・越境捜査ネタバレ・感想】椿の木の下に9億円を隠した思い

単発スペシャル

2020年4月20日(月) 20時00分~21時54分の月曜プレミア8「越境捜査」のあらすじ・ネタバレになります。

今回も高橋さんが演じた鷺沼が警察の闇を暴きました。それにしても最近は警察内の不祥事がらみをネタにした犯人さがしが多くなりましたね。警察権力・・・隠蔽もなんでもできてしまいますもんね。でもそれでも正義のみかたはいるわけで・・今回もドラマみたあとは警察官はすごいなと思ってしまいました。

高橋克典さんの相棒は、神奈川県警・宮野役の戸次重之さんです。料理がうまいのですが女にだまされて借金がたくさんあり詐欺事件のお金をアテにしているというお調子者の役ですが、なかなかのバディでした。

事件展開は面白かったです。あっという間の2時間でした。

この越境捜査ですが、高橋克典さんの最新作だ!って思ったのですが、役名が「東(あずま)」じゃない!って思ったんですね。それで調べたところ、あれはテレビ朝日の「広域捜査」という刑事ドラマだったんです。こちらの広域捜査では、高橋克典さんは東刑事役で、おなじように越境捜査するのですよ。全国津々浦々。そして小川菜摘さんにおみやげをいつも買っていくのですけど、この東刑事役も高橋克典さんピタってハマっていて超渋いんです。それと大杉漣さんが上司で出演されていて、とても満足感が得られるドラマだったんです。またやらないのかな。。。

これはテレビ東京の越境捜査なのですね。高橋克典さんは数々の刑事役こなしてますけど、なんですかね、見た後、安心感というか、警察に対して好感度上がっちゃうのですね(笑)

スポンサーリンク

ドラマ・越境捜査・あらすじ・ネタバレ

警視庁特捜係・鷺沼友哉(高橋克典)が、本牧埠頭で何者かに襲われひどいケガを負う。そこへ現れたのは神奈川県警山手北署の宮野裕之(戸次重幸)。

鷺沼を知り合いの医者に連れていき、鷺沼は神奈川県警が「森脇事件」を特捜係の鷺沼が再捜査することを聞いてヤキ入れると話していたことを伝える。

「森脇事件」とは、14年前、12億円を騙し取った男が金とともに失踪し、その後、海で遺体となって発見された。しかしまだ犯人も金も見つかっていない。

警視庁と神奈川県警の縄張り争いで捜査はすすまず容疑者すら見つけられなかった。14年が経過し再び何かが動きだす可能性がある。しかし県警側は再捜査を迷惑がっている。何かあるかもしれない。

鷺沼は元上司の韮澤と再会

三好係長から、警察庁から神奈川県警に移動になった韮澤さんに連絡とったら?と進められる。半年前に警察庁から神奈川県警から異動になっている。鷺沼の仲人をした元上司(女房とはわかれていた)

鷺沼は韮澤に会いにいく。自分が襲われたことを伝える。韮澤は詐欺事件の指揮をとっていた。しかし県警側の資料は捜査したのかと思えるほどひどい内容だったと話す。

鷺沼は、警視庁で若い管理官とやりあってしまい、特捜に左遷されていた。鷺沼は韮澤に、「森脇事件」を再捜査すること伝える。

宮野は消えた12億の1枚を持っていた

鷺沼は、神奈川県警の宮野を呼び出す。宮野には、5000万円の借金があった。2年前、出会い系で知り合った女は亭主持ちで、美人局だった。亭主には借金があってそれを肩代わりした。借りたお金は1200万円だったが利息が膨らみ5000万円の借金にまで膨れていた。そのため借金の穴埋めに森脇の12億を狙っていた。

宮野は、森脇と一緒に消えた12億の1枚をもっていた。

2か月前、山手北署の打ち上げで県警本部の管理官から3万円渡された。そのうちの1枚、お祝儀用でとっておいたが、札の記番号をみたとき、森脇事件の記番号で控えていた番号とドンピシャだった。12億は全部新券だったため記番号すべて控えているため照合ができた。

12億は警察の人間が横取りしたのではないか?宮野は借金の取り立てやに「ある男がちゃちな事件で服役したときに12億持ち逃げした森脇を殺したのは俺だ」という人がいたと聞いていた。しかし12億を手にするまえに刑事に踏み込まれたのでお金をとらず逃げた。そのとき踏み込んだ刑事が手にしたのではないか?

韮澤は鷺沼に自分の右腕になってほしいと伝えるが・・・

翌日、鷺沼は韮澤から呼び出される。

韮澤は5000万円?のお札をみせ、「森脇事件から手を引いてほしい。自分のはるか上にいる人が心配している。これで納得できないなら君の将来も保障する」と伝える。

鷺沼は「自分が一番くやしいのは、信頼していた上司を失ったことです。残念です。」と伝える。韮澤はこれはテストだったと伝える。

韮澤は浅警察長官からの命令で2週間前からこの件に関わっていた。12億盗んだのは警察内部。個人が秘匿できる金額ではない。組織絡みだ。このことがばれれば警察全体の威信にかかり長官更迭では済まない。

鷺沼に「俺と一緒に戦ってくれ、私は信頼できる片腕が欲しい」と伝えるが、自分を試した人間をどこまで信頼していいか分からない、少し時間をくれと伝える。

森脇殺しを刑務所でほのめかしていたのは福富利春

森脇をやったと自白しているのは、福富利春、何度も刑務所に入っている人間だった。森脇の潜伏場所は、池袋の女の家だった。福富はナイフを振り回すただのチンピラだった。脅していたら神奈川県警の刑事が現れた。県警生活安全部の田村。それから3日後、森脇の死体がふ頭からあがった。

森脇をかくまっていたのは中山順子、住んでいた不動産屋に聞き込みをすると地味で暗い感じだった、森脇は高校の同級生だったと伝えていた。

福富のいうとおり、その当時、県警に田村はいて宮前東署の副所長になっていた。14年前のあの事件以降、ノンキャリアなのにトントン拍子に出世していた。

宮沢は福富に「取り返しませんか?12億。」と提案し巻き込もうとする。

森脇と付き合っていた女性の父親は贈収賄事件で逮捕されていた

鷺沼は中山順子の元高校教師の会いに行く。中山順子の父親は23年前、贈収賄事件で逮捕されていた。会社の名前はカサマツガードシステム。父親は半年後、心臓発作で獄死していた。母親は1年後に後を追うように亡くなった。順子は親戚中をたらいまわされていた。しかし4年前「結婚しました」というはがきが届いていた

その住所に行くと、韮澤がユリの花を買っていた花屋だった。

鷺沼は順子に「森脇は殺される寸前まであなたと一緒だったはず。」と伝えるが激しく否定する。

韮澤が銃で撃たれた

自宅に向かっている途中背後で撃たれた。逃走した犯人は反社会派組織だとされていた。しかし鷺沼は韮澤を狙ったのは反社会派ではない!と断言するが、韮澤の搬入先病院が分からない。

宮野にしらべさせ池尻中央病院だとわかる。心臓からそれていたが重症。撃った銃はトカレフだった。鷺沼は、警察庁で森脇の詐欺事件の陣頭指揮をとっていた。

鷺沼は、再度順子に森脇の関係を聞く。森脇が自分のマンションにいたのは事実であり、彼は持病の心臓発作で苦しんでいた。一緒に逃げようと言われた。12億はトランクルームに隠していていたと聞いていた。鷺沼は「韮澤という人を知ってますか?あなたの店で蘭の花を買っていた。」しかし順子はユリの花を買いにきている人はしっているが名前はしらなかった。

鷺沼は韮澤の妻に会いにいく。まだ意識が戻らない。警備企画課長の片山から電話することも止められている。私は監視されている。

鷺沼は韮澤ともっと話し合うべきだったと後悔する

黒幕は参議議員の香川義博

鷺沼は、三好係長から、森脇事件から手を引くように言われる。実は韮澤から自然な形で鷺沼を捜査に巻き込むように頼まれていたと告げる。

この事件は、警察内部の派閥構造が絡んでいる。キャリア官僚の陣取りはすべて派閥の力学で動いている。

湯浅長官の派閥と敵対しているのは、松木警視総監の派閥で政界の参議議員の香川義博とつながっているため勢いは松木のほうが上だった。韮澤はノンキャリアなので派閥には入ってなかったが湯浅長官とはつながっている。韮澤はこの争いに巻き込まれたのではないか。

12億の数枚が、警察内部で流通したといううわさは聞いた。それが松木派とつながっているとすれば、湯浅派にとっては格好の攻撃材料になる。

田浦が狙撃されるが失敗に終わる

福富が森脇を追い込んだときに居合わせた田浦が狙撃された。しかし失敗におわった。福富と宮沢、そして鷺沼が田浦の家にくる。そこには鷺沼を襲った刑事たちもいた。鷺沼を襲ったのは田浦の手下達だった。

田浦は、森脇とは3億で取引したと話す。14年前、薬物対策課の主任であり、福富の経営するクラブで覚せい剤が流れていると聞いて、福富をつけていた。福富が逃げたあと、森脇は持病の狭心症で倒れたがニトログリセリンで発作は収まっていた。

当時刑務部長だったのが香川だった。香川から県警本部に集まる裏金を管理していたが、株にハマって2億の穴をあけていたことを相談されていた。田浦は森脇に「3億を黙ってよこせばあとは目をつぶる」と取引した。トランクルームで3億を受け取った。刑務部長に2億、田浦に1億、残りの9億は知らない。

田浦は香川にとって恩人だったが、生き証人のため消される羽目になった。

森脇が隠した12億は使用不可能

森脇のお金は使用不可能だった。田浦は、殺人の時効後に使おうとしたが、時効が撤廃されたため、犯人が捕まらないと使えない。そして森脇事件後、すでに数枚が流出しているが、それは残りの9億からだった。森脇を殺したやつが惜しみもなく使っている。

順子は森脇と心中未遂をしていた

順子は鷺沼に14年前のことを話す。深夜に帰宅したとき洗面台の下に見慣れないバックをみつけた。森脇のパスポート、フィリピン行きの航空券、トランクルームの鍵だった。私は置いていかれると思った。1人残されるのはもう嫌だった。いつものコーヒーに睡眠薬を入れた。けど目が覚めたとき私はベッドの上にいた。

昏睡状態の順子を運んでくれた人がいたと看護婦に聞いた。家に帰ると森脇の私物がすべてなくなっていた。彼は途中で目が覚めて出て行ったと思った。しかし森脇の死体がふ頭からあがった。

後日、韮澤から手紙が届いた。自分のことは決して口外しないように書かれていた。その手紙を鷺沼に渡す。

鷺沼は韮澤の逮捕状を係長に依頼する

カサマツガードシステム、当時の捜査メンバーをみると2課の管理官は香川、カサマツガードシステムの当時の役員の中に警察関係者がいた。高見巌、10年前に亡くなっている。

韮澤の逮捕状を係長に依頼する。もし逮捕状が出れば、韮澤の監視の役回りが捜査一課になる。病状を含む韮澤の情報を県警にシャットアウトするのが目的だった。

また今度は細野尚久が射殺された。狙撃の名手だった。ひき逃げされて即死だった。細野は韮澤を撃った実行犯だった。

鷺沼は香川を呼び出す

宮沢は隠れてビデオを撮っていた。

香川は鷺沼を殺そうとする。そのまえに真相を話す。

香川は、田浦から森脇のお金の場所を聞き、森脇に再度お金の交渉をしようとマンションへ行った。女性が倒れており、森脇の様子もおかしかった。田浦の仲間だと知って襲ってきたので刺殺した。

森脇のズボンのポケットにトランクルームの鍵があったのでその場所にいったら何もなかった。翌日森脇の死体があがった。ある日1枚の写真が送られてきた。それは森脇が刺殺された現場写真だった。それから数か月ごとにメッセージが送られてきた。しかし2010年に殺人の時効がなくなった後、手紙が来なくなった。

それは香川が捕まらない以上、永久にお金は使用できない。私の犯罪を公にしてくるだろうと思った。脅迫者を必死に探った。その先頭にいたのは韮澤だ。

韮澤が香川の動きを封じ込めたのは中山順子のためだった

鷺沼は香川に「韮澤さんがあんたの動きを封じ込めたのは、中山順子のためだ。中山功の娘だ。忘れたのか?あんた」中山功は、香川のせいで獄中で死んだ。

香川は自分の出世のために無実の男を陥れた。23年前のガードシステム、中山功という営業部長が犯人にされていた。しかし裏で手を引いていたのは二課でも手を出せなかった高見巌だった。

それから香川はとんとん拍子に出世した。韮澤は中山功を逮捕し自分の罪に生涯苦しんだ。

韮澤はすべての経緯を順子の手紙に書いており、最後に・・・

「御父上は無実でした。あなたに生きていただきたいのです。一切あなたには非がありません。」

ふ頭に森脇の遺体を捨てたのは韮澤であり、中山順子の部屋から森脇の痕跡を消したのも韮澤だった。

韮澤は死亡。9億を・・・

韮澤は死んでしまった。韮澤はガンを患っていたと妻から聞く。韮澤は、自分の余命を長引かされるより、人生の宿題を片づけたのだった。

遺品の中から鷺沼への手紙があった。

「もし森脇殺しの犯人が見つけられたら、庭の椿の下を掘れ。」と書かれていた。

掘ってみると9億が埋まっていた。

その9億が川沿いで見つかったとニュースでながれている。

宮沢の借金はそのまま・・・?

おしまい

スポンサーリンク

ドラマ・越境捜査・出演者

 

 

 

 

鷺沼友哉…高橋克典

 

 

 

 

宮野裕之…戸次重幸

 

 

 

 

伊藤順子…内山理名

 

 

 

 

福富利晴…平山祐介

 

 

 

 

井上玲美…結城モエ

 

 

 

 

田浦昇…伊藤正之

 

 

 

 

村田滋…ベンガル

ドラマ・越境捜査・感想

韮澤と鷺沼の師弟関係が壊れてなかったら、韮澤が死ぬことがなかったんだろうなと思いました。ドラマの世界ですが、韮澤が鷺沼をテストしなければ。。。やっぱりテストされたほうは自分が信じてた人に試されるというのは傷つきますよね。

最後に韮澤がガンを患っていたとわかります。死ぬ前に森脇を殺した犯人と9億円をどうにか片づけようと思ったのでしょうね。事件の背景とかが細かく設定されていて丁寧なドラマだなと思いました。

宮野は鷺沼に全面的に協力しますが、なんかお調子者だったのでいつ鷺沼を裏切るのかハラハラしました(笑)

広域捜査の東刑事との違いですが、鷺沼は一度若い管理官とやりあって左遷されてしまったので、ちょっと擦れた感じですね。広域捜査の東刑事はエリート刑事という感じです。どちらも高橋克典さんは正義の味方役が似合いますね。とても満足したドラマでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました