【ネタバレ】ドリームチーム第1話~元バスケ部のどん底女3人が共同生活開始

ドリームチーム

2021年1月22日(金)NHKからよる10時からスタートする『ドリームチーム』第1話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

このドラマは、夫の不祥事が発覚し家庭や人生のすべてが壊れた香菜39歳(山口紗弥加)、着実に積み重ねてきた仕事のキャリアと恋人を一瞬でなくした優子53歳(財前直見)、嘘を装っていたSNS上の自分が大炎上した茜27歳が、恩師の妻・佳恵(余貴美子)のアドバイスで共同生活を始めます。3人の共通点は高校時代、バスケ部のキャプテンとして青春をかけたということ。新たな人生の一歩を踏み出す姿を描いていくドラマです。

スポンサーリンク

ドリームチーム第1話ねたばれ

高校のバスケットボール部恩師・安東(伊武雅刀)のお別れ会に集まった元女子部員たち。そんな中、元キャプテンの3人がひときわ不幸のオーラをまとっていた。そこで安東の妻・佳恵が、3人に共同生活を誘う。

続きは放送後に更新します。

ドリームチーム第1話あらすじ

公式の発表になります。

高校バスケ部恩師・安東勝仁〔伊武雅刀〕のお別れ会に集まった元女子部員たち。中でもひときわ不幸のオーラをまとう元キャプテンの3人、榎木香菜〔山口紗弥加〕鶴賀優子〔財前直見〕三代澤茜〔桜庭ななみ〕。それぞれが予想もしなかった出来事に見舞われたばかりで、「自分のピークは高校時代だった…」と自嘲する。そんな中、恩師の妻・佳恵〔余貴美子〕からの一言で事態が急変する。 
「バスケ寮に住まない?」
ひとつ屋根の下に住むことになった3人に、恩師の息子・悠一〔味方良介〕、香菜の娘・環〔根本真陽〕も加わり、世代の違う6人の『疑似家族』生活が始まる。
それぞれが懸命に変わろうとする中、果たして彼女たちの人生に一発逆転はあるのか――!?

スポンサーリンク

ドリームチーム・キャスト

山口紗弥加/主人公・榎木香菜 役

最愛の娘とコメンテーターとしても活躍する大学教授の夫・圭吾〔前川泰之〕と暮らし、ママ友からは羨望の的であった香菜。しかし現実は、モラハラDVの夫に抑圧された生活をひた隠していたのだった。ある日、夫が女子大生相手に恥ずかしいセクハラ、アカハラをしていたことが週刊誌にすっぱ抜かれ、必死で繕ってきた自分、家庭、人生のすべてが壊れる。追い詰められた香菜は家を飛び出し、かつて青春を過ごしたバスケットボール部の寮に住むことを決める。

財前直見/鶴賀優子 役

努力至上主義なバリキャリ。大手広告代理店の総合職で、年下彼氏と人生をおう歌していた。ある日、セクハラとパワハラで訴えられ左遷されたあげく、彼氏の浮気が発覚する。仕事能力と反比例するかのように恋愛偏差値は低い。

桜庭ななみ/三代澤茜 役

実生活は地味な自分に反して、SNSの中でキラキラ女子を繕い「いいね」をもらうことが何よりの楽しみ。しかし、とあることが理由で大炎上。それでもリアルな生活になじめない状況。口癖は「ムリ」「ヤダ」「ない」。

ドリームチーム第1話感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました