唐沢寿明ドラマ『24ジャパン』第3話『02:00-03:00』

ドラマ24

2020年10月23日(金)第3話『02:00-03:00』のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

「24時間以内に女性初の総理大臣朝倉麗が暗殺される!!」そして現馬がいるCTU(テロ対策ユニット)にその暗殺に関わっている内通者がいる!という中で暗殺をとめるために現馬が戦うドラマですが、1時間の間に話が4つぐらいに分かれて進んでいます。でも時間が進むにつれてすべてがつながってくるのでしょうね。

  1. 現馬が所属するCTU内に暗殺に関わっている人がいる
  2. 24時間後に総理大臣になる予定の麗の不審な行動
  3. 麗暗殺計画のテロ実行グループの動き
  4. 現馬の娘が何者かに拉致されている。

第2話のあらすじネタバレはこちらの記事をご覧ください。

唐沢寿明ドラマ『24ジャパン』第2話ねたばれと感想~旅客機が墜落する
2020年10月16日(金)第2話『01:00-02:00』のあらすじとネタバレになります。 「24時間以内に女性初の総理大臣朝倉麗が暗殺される!!」そして現馬がいるCTU(テロ対策ユニット)にその暗殺に関わっている内通者がいる!という中...

スポンサーリンク

『24ジャパン』第3話あらすじとねたばれ

公式の発表になります。

「ママ、大好き」――獅堂六花(木村多江)は、親友・函崎寿々(柳美稀)と夜遊びに出かけたまま帰ってこない娘・獅堂美有(桜田ひより)が電話で発した“反抗ばかりの娘らしからぬ言葉”に胸騒ぎを覚える。

その頃、長谷部研矢(上杉柊平)鮫島剛(犬飼貴丈)は誘拐した美有を、東京行きの旅客機を爆破したテロリスト・氷川七々美(片瀬那奈)ともつながる謎の男・神林民三(高橋和也)に引き渡す計画を進行していた。自分たちは誘拐された――まさかの事実を知ってしまい、意を決した美有は、寿々と2人で逃げ出すことに! 研矢と剛の追手が迫る中、決死の逃走を続ける美有と寿々だが、やがてその行動が“第2の悲劇”を招いてしまい…!?

 一方、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画を阻止するという極秘任務にあたる CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、“内通者のものと思われるカードキー”に麗の極秘情報を入力した端末が、厚い信頼を寄せていたA班チーフ・水石伊月(栗山千明)のものだと知って愕然…。A班暗号解析係・明智菫(朝倉あき)に協力を仰ぎ、本当に伊月が入力したかを再度調査する。そんな中、伊月の恋人でもあるA班暗号解析係長・南条巧(池内博之)が“想定外の行動”を起こし…!

 同じ頃、こっそり滞在先のホテルから抜け出した麗は、闇の情報屋・上州(でんでん)と密会。“麗にとって命取りとなる情報”を握るニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)への口止め工作を頼むのだが…!?

スポンサーリンク

『24ジャパン』相関図とメインキャスト紹介

相関図はこちらになります。

スポンサーリンク

『24ジャパン』メインキャスト

メインキャストの紹介です。

獅堂現馬(しどう・げんば)/唐沢寿明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長。危険を顧みず任務を遂行する一方、状況によっては踏みとどまることの大切さも知っている。良識のある優秀な人物だが、正義のために大胆な選択をとる事もある。CTU東京本部長からの信頼も厚い。私生活ではかつて夫婦間に“ある問題”を抱え、一時は妻と別居していた。かたや、一人娘とは良好な関係を築いている。日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたるが、同時に自身の娘が誘拐される事件も発生し…!?

獅堂六花(しどう・りっか)/木村多江

獅堂現馬の妻。一時は“ある問題”から現馬と別居していたが、現在はふたたび同居し、良好な夫婦関係を取り戻している。一方、別居の理由を知らない娘・美有からは、その経緯を誤解されているのか、口も利いてもらえない日々…。娘とのギスギスした関係に心を痛めている。そんな中、美有が誘拐される事件が発生。居ても立っても居られなくなり、なりふり構わず娘の捜索に奔走する

朝倉麗(あさくら・うらら)/仲間由紀恵

国民からの支持も厚く、日本初の女性総理になるのではと期待されている。「民生党」の党首としても存在感を示している。慎重で聡明、剣道もたしなんでいた文武両道の女性。息子と娘を持つ母親でもある。夫とは二人三脚で政治活動を行っており、その様子も広く知られている。人間関係を大切にし、権力に屈しないクリーンなイメージが強いが、“裏の顔”もある。運命の総選挙当日、自らの暗殺計画が発覚。さらに、家族にまつわる大トラブルまで起きてしまい…!?

スポンサーリンク

朝倉遥平(あさくら・ようへい)/筒井道隆

朝倉麗の夫。政治家の二世で高学歴、政界にも顔が利く。麗とは二人三脚で政治活動を行っており、公私共に細やかなサポートをしている。冷静沈着で、物腰も柔らか。世間からは“良き夫”というイメージで受け止められる一方、“ただのお人好し”と揶揄する声もある。そんな中、麗が女性総理になれるか否かに関わる総選挙当日、彼女の暗殺計画が発覚。意外な顔も覗かせ…!

水石伊月(みずいし・いつき)/栗山千明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班のチーフ。どんな局面でもポーカーフェイスで、冷静かつ毅然と対処するクールビューティー。仕事の能力も非常に高く、獅堂現馬からも信頼されている。現馬とは過去に、ある個人的な事情を共有していたようだが…!? 日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたる中、裏で単独捜査を進める現馬に協力する。だが、そんな彼女にやがて“組織を揺るがす疑惑“が浮上し…!

郷中兵輔(さとなか・へいすけ)/村上弘明

CTU(テロ対策ユニット)東京本部長。温かい心を持った人格者だが、仕事では情に流されることなく、的確な判断のもと行動する。獅堂現馬ら第1支部A班を招集し、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務を担当させると同時に、「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」との裏情報も入手。日頃から信頼している現馬に極秘で調査させるが…!?

 

『24ジャパン』第3話感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました