【ネタバレ】24ジャパン最終回~CTUの内通者は伊月!衝撃のフィナーレ

ドラマ24

こちらの記事は、2021年3月26日(金)最終回『23:00-24:00』のあらすじとネタバレになります。

『24 JAPAN』はアメリカの連続ドラマの日本版リメイクで唐沢寿明さんが主演です。唐沢さんは、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すために必死で戦うCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げんば)を演じます。 “2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も織り交ぜながら、最大スケールで展開する“日本初のリアルタイムサスペンス”です。

前回、第23話のあらすじネタバレはこちらの記事をご覧ください。

【ネタバレ】24ジャパン23話~現馬は麗の元へビクターからの依頼とは!?
こちらの記事は、2021年3月19日(金)第20話『22:00-23:00』のあらすじとネタバレになります。 『24 JAPAN』はアメリカの連続ドラマの日本版リメイクで唐沢寿明さんが主演です。唐沢さんは、テロリストによる女性総理候補暗殺...

ドラマ24はリアルに視聴したほうが臨場感があっておススメです。2週間のお試し期間は無料で見られますのでまだ見てらっしゃらない方、見逃したかたはこちらのAMEBAからご覧ください。

スポンサーリンク

『24ジャパン』最終回ねたばれ

麗は美有の命を救うため、自分が死んだという偽情報を世に公表。現馬は自分の身柄と美有を交換するよう、ビクターに電話をかけた現馬は、なぜか彼らが麗の生存を把握していることを知る。CTU内に“第2の内通者”がいる!美有は無事に保護された。
 
ビクターが伊月をつかって娘が死んだことにし、現馬をおびき出したが、現馬はアンドレ、ビクター含め8名を全員射殺し制圧した。
 
伊月はCTUのサーバールームでデータを削除し痕跡をなくそうとするが、そこに六花がくる。六花は拉致される。
 
現馬は鬼束から美有は無事だときく。伊月が内通者だ!現馬は菫を殺害した映像を見つけ出しそれを鬼束に送った。伊月がCTUから出るところで現馬に取り押さえられる。
 
美有と再会するが六花がいない。現馬は六花を探しに行くとサーバールームには爆弾が仕掛けられていた。爆弾のカウントが一旦ストップする。
現馬は六花に近づくと、六花は射殺されていた。(伊月が殺害)
 
止まっていた爆弾のカウントが再度動き出す。そして爆発
 
現馬は生きていた。
 
詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。
 

スポンサーリンク

『24ジャパン』最終回あらすじ

テロ組織の総元締ビクター・林(竜雷太)と長男のアンドレ・林(村上淳)から再び命を狙われるも、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)によって九死に一生を得た日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)
 
だが、暗殺が失敗したことを知れば、ビクター親子は人質として監禁している現馬の娘・美有(桜田ひより)を容赦なく殺すに違いない…。麗は美有の命を救うため、自分が死んだという偽情報を世に公表。現馬は自分の身柄と美有を交換するよう、ビクター親子に要求し、指定された場所へ向かった。
 
ところが…指定場所近くに到着し、ビクター親子に電話をかけた現馬は、なぜか彼らが麗の生存を把握していることを知る。CTU内に“第2の内通者”がいる!――そう確信した現馬は、CTUに急いで連絡を入れる。
 
一方、監禁場所から逃げ出した美有は、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)に父を助けてほしいと懇願。鬼束は現馬が向かったと思われるエリアへ、CTUの部隊を緊急派遣する。
 
だが、その動きを掴んだビクターが、現馬を確実におびき出す作戦に出る。娘が死んだと思った現馬は、ビクター親子のもとへ突入!
 

スポンサーリンク

獅童はCTU内通者は伊月だと知る

まず、アンドレを射殺

そして現馬は地面に這いつくばってビクターを射殺!全員制圧

鬼束はCTU全員に現馬は無事であり、アンドレ達は全員制圧したことが報告される。

伊月は急いでデータを削除しに行く。そこで1人の警備員を射殺。

そこに六花がきて、伊月に「まだ夫に未練があるじゃないの?これから子供も生まれるし」伊月はもう気持ちはないと伝えるが、六花は、伊月の異変に気付いてしまい、伊月に拉致されてしまう。

現馬は警察署に行って娘を引き取りたいというが、どこにも遺体はあがってないと言われ気が動転する現馬は、鬼束に電話すると美有は無事だった。

CTU内部からの内通者は伊月だ!!

菫を殺害したのも伊月だった。

スポンサーリンク

六花が射殺された

麗は記者会見し、無事であることを伝える。夫を呼び出し、「今日限りで終わりにしましょう。あなたは総理大臣にふさわしくない」そして夫はSPに追い出される。

伊月はCTU内に爆発を仕掛けた。

南条も伊月が内通者だと知り、全員で探す。伊月がCTUから出ようとしたとき、現馬が戻ってきた!現馬は伊月を捕まえる。「私のボスはビクターじゃない。」というが、何人もの現場の近い人が殺害されている。憎しみをあらわにするが、鬼束と南条に引き渡す。

現馬は美有と再会する。六花がいないことに気づく。

サーバールームに行くと、爆弾に気づいた現馬は止める。

しかし六花が射殺されていた!!!

現馬は「全部俺のせいだ、すまない」

爆発は止めたはずだが、また動き出し爆発してしまった!!!

「一緒に、、、、帰ろう・・・」

 

スポンサーリンク

『24ジャパン』相関図とメインキャスト紹介

相関図はこちらになります。

スポンサーリンク

『24ジャパン』メインキャスト

メインキャストの紹介です。

獅堂現馬(しどう・げんば)/唐沢寿明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長。危険を顧みず任務を遂行する一方、状況によっては踏みとどまることの大切さも知っている。良識のある優秀な人物だが、正義のために大胆な選択をとる事もある。CTU東京本部長からの信頼も厚い。私生活ではかつて夫婦間に“ある問題”を抱え、一時は妻と別居していた。かたや、一人娘とは良好な関係を築いている。日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたるが、同時に自身の娘が誘拐される事件も発生し…!?

獅堂六花(しどう・りっか)/木村多江

獅堂現馬の妻。一時は“ある問題”から現馬と別居していたが、現在はふたたび同居し、良好な夫婦関係を取り戻している。一方、別居の理由を知らない娘・美有からは、その経緯を誤解されているのか、口も利いてもらえない日々…。娘とのギスギスした関係に心を痛めている。そんな中、美有が誘拐される事件が発生。居ても立っても居られなくなり、なりふり構わず娘の捜索に奔走する

朝倉麗(あさくら・うらら)/仲間由紀恵

国民からの支持も厚く、日本初の女性総理になるのではと期待されている。「民生党」の党首としても存在感を示している。慎重で聡明、剣道もたしなんでいた文武両道の女性。息子と娘を持つ母親でもある。夫とは二人三脚で政治活動を行っており、その様子も広く知られている。人間関係を大切にし、権力に屈しないクリーンなイメージが強いが、“裏の顔”もある。運命の総選挙当日、自らの暗殺計画が発覚。さらに、家族にまつわる大トラブルまで起きてしまい…!?

スポンサーリンク

朝倉遥平(あさくら・ようへい)/筒井道隆

朝倉麗の夫。政治家の二世で高学歴、政界にも顔が利く。麗とは二人三脚で政治活動を行っており、公私共に細やかなサポートをしている。冷静沈着で、物腰も柔らか。世間からは“良き夫”というイメージで受け止められる一方、“ただのお人好し”と揶揄する声もある。そんな中、麗が女性総理になれるか否かに関わる総選挙当日、彼女の暗殺計画が発覚。意外な顔も覗かせ…!

水石伊月(みずいし・いつき)/栗山千明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班のチーフ。どんな局面でもポーカーフェイスで、冷静かつ毅然と対処するクールビューティー。仕事の能力も非常に高く、獅堂現馬からも信頼されている。現馬とは過去に、ある個人的な事情を共有していたようだが…!? 日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたる中、裏で単独捜査を進める現馬に協力する。だが、そんな彼女にやがて“組織を揺るがす疑惑“が浮上し…!

郷中兵輔(さとなか・へいすけ)/村上弘明

CTU(テロ対策ユニット)東京本部長。温かい心を持った人格者だが、仕事では情に流されることなく、的確な判断のもと行動する。獅堂現馬ら第1支部A班を招集し、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務を担当させると同時に、「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」との裏情報も入手。日頃から信頼している現馬に極秘で調査させるが…!?

 

『24ジャパン』最終回感想

六花のお腹には現馬の子どもがいるのに。。。。殺人鬼伊月は、六花を射殺していたのがショックでした。。。。なんて後味が悪い終わり方でしょう。

てっきり3人で家に帰ると思ったのですが、六花がかわいそう。なんで伊月を探しに行ったんだろう。それも夫に未練あるかないか?聞きにいくなんて、人の気持ちなんてわからないでしょう!!現馬の赤ちゃんもいるのに会議室で座っててほしかった。

ところで現馬がビクターを射殺するところは、地べたに這いつくばって射殺するのですが、すごいかっこよかったです。現馬、凄過ぎます。(唐沢寿明さんの身体能力すごい)

麗も夫と別れたんですが、一貫して正しいことを貫きとおした感じで、本当こんな人が総理大臣になったら日本変わるのに。。と思ってしまいました。ないものねだりですが(笑)

昨年10月から全24話、何もかも完璧で唐沢寿明さん本当お疲れさまでした。最高でしたよ。完璧で隙がなくて、感動しました。六花も伊月も美有もお疲れ様でした。

六花が亡くなったのがただただショックでした。。。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました