【ネタバレ】ドクターY2021外科医加地秀樹6~腹腔鏡の魔術師がミス連発!?

2021年10月7日夜8時『ドクターY』6作目のあらすじとネタバレになります。

「腹腔鏡の魔術師」勝村政信演じる外科医・加地秀樹、最新作です。今年10月から、2年ぶりの最新シリーズをスタートさせる米倉涼子さんの前座ですね。

第6弾では、帝都医科大学付属横浜分院で働いている加地ですが、得意の腹腔鏡オペでミスを連発してしまうことに…。老いが本格化し、思うようなパフォーマンスができなくなっていた!!そんな加地が事実上の戦力外通告を受けてしまうのですが、ひょんなことから付き合っている彼女が乗り換えた莫大な資産を持つ余命6カ月の起業家と、なんと行動を共に出ます。
城之内先生こと、内田有紀さん、御意の遠藤憲一さんも出演されます。
 
2020年に放送された第5段のあらすじとネタバレはこちらです。
https://arafifblues.com/kajihideki_5_20201004/

スポンサーリンク

ドクターY2021外科医・加地秀樹6あらすじ

「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれたスーパードクター・加地秀樹(勝村政信)は、現在、帝都医科大学付属横浜分院で働いているが、得意の腹腔鏡オペでミスを連発してしまう。視力も落ちる、腰も痛い…《老い》が本格化し、思うようなパフォーマンスができなくなっていたのだ。

そんな加地に病院長・植地正人(手塚とおる)から突き付けられたのは、離島にある分院の病院長ポスト打診という《事実上の戦力外通告》! しかも続けざまに、植地の秘書として働くカノジョ・江頭早苗(武田玲奈)が加地に見切りをつけ、莫大な資産を持つ余命6カ月の起業家・六車航平(満島真之介)に乗り換えていたことも判明する。

踏んだり蹴ったりの加地。そんな中、六車が最期までやり残したことをまっとうすべく入院を拒否し、なぜか加地を付き添いの主治医に指名し2人は行動を共にすることになる。

余命宣告を受けてもなお、前向きに未来を語り、やりたいことを実現しようとする六車。そんな彼を目の当たりにし、己の限界に打ちひしがれてため息三昧の加地は、言葉にならない感情を抱き始める。

スポンサーリンク

六車と鮎子の秘密

そんな中、六車の容態が急変した! ついに六車本人も自覚するほど、目の前に迫ってきた命の期限…。加地は強く入院を勧める。

だが、六車はこれを真っ向から拒否。「やりたいことが、あとひとつあるんです。すごく大事なことなんです」と言いだす。

六車は糸ケ先海岸へ向かう。かつて会社を潰した成瀬に土下座する。しかし鮎子と知り合い恨むことをやめた。

鮎子は実は六車の産みの母親だった。加地は六車の財布にあった写真に3つのほくろがある子供を抱く女性の姿をみる。鮎子の手にも同じホクロがあった。六車の目的は母親に会いたかった。再婚したと聞いたとき成瀬がかつて自分が倒産に追い込んだ社長だとわかった。

鮎子は六車に32年前捨てたことを謝罪する。借金とりに追われ手放すことしかできなかった。

六車は鮎子に「肝臓をください」

スポンサーリンク

鮎子は息子によって生かされた

加地は激昂する。自分のために母親を探していた。そして鮎子は承諾する。

しかし鮎子は1型の糖尿病で、鮎子もまた余命があと6か月。膵臓と腎臓を移植するしか助からない。とても肝臓を移植できる状況ではなかった。

加地は六車に、鮎子のために腎臓と膵臓を提供し母親を助けること助けるよう伝える。六車は到底受け入れれない。

成瀬は六車に32年間書いていた日記を渡す。32年間、六車に対する愛と謝罪が書かれていた。

加地は2人とも救う道を考える。未知子に電話して聞こうとするが何とか思い留まり、そして手術方法を思いつく。海老名に手術の協力を頼む。

バイパス手術をすることで加地は、六車と鮎子を助けた。

スポンサーリンク

ドクターY2021外科医・加地秀樹6キャスト

研修医・鮎川司役で出演した満島真之介さんをはじめ、武田玲奈、風吹ジュンが主要キャストで出演予定ですが、新しい情報が分かり次第更新します。

加地 秀樹(かじ・ひでき)・・・勝村 政信

「腹腔鏡の魔術師」と呼ばれるほど腕がいいが、金には汚い。肩書や権力よりも金を選んだため、同期よりも出世は遅い。大門未知子の手術に協力したせいで「帝都医科大学付属病院 高松第24分院」に左遷されるなど、数々の迷惑を被ってきたため、未知子を「デーモン」と呼んで疫病神扱いする。

城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)・・・内田 有紀

フリーランスの麻酔科医。シングルマザー。「帝都医科大学付属第三病院」に勤務していた頃に大門未知子と出会ったことで、フリーに転身した。現在は「神原名医紹介所」に所属。未知子とは軽口をたたき合いつつ、公私ともに信頼関係を築いている。『ドクターX』第4シリーズで完全切除が不可能な局所進行膵がんを患い、一度は死を覚悟したが、未知子により命を救われた。

ドクターY加地秀樹

加地が未知子に電話しようとするけど、自分で決めるんだと踏み留まるところよかったです。加地は一番近くで未知子をを見てきたので、一番の理解者ですよね。

六車役を演じた満島真之介さん、とてもよかったです。最初は自分に移植させるのが目的だったのに母親の日記をみて、自分が愛されていたことがわかり母親を生かそうとするところは感動しました。

やっぱり未知子には加地は必要な存在ですね!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました