【ネタバレ】ドクターX2021第5話~超一流のフリーランス看護師が登場

Doctor-X

2021年11月11日(木)夜9時『ドクターX~外科医・大門未知子』第5話のあらすじとネタバレになります。

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子。「いたしません」「私、失敗しないので」という名セリフでおなじみの、米倉涼子演じる“異色・孤高・反骨の天才外科医”が2年ぶりに帰ってきてくれました!失敗しないために見えないところで努力を重ねている大門未知子に毎回勇気をもらえます。
 
やはり新シーズンでは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」――。未知子を利用とする腹黒い敵・蜂須賀 隆太郎を演じるには野村萬斎さんです。
 
第4話のあらすじとネタバレはこちらです。
 
https://arafifblues.com/doctorx4_20211104/
 
視聴率の推移はこちらになります。さすがドクターX2021年秋ドラマでトップです。
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話          
19.0% 15.9% 16.6% 15.2% 16.7%          
 

スポンサーリンク

ドクターX2021第5話あらすじ

内科と外科を統一した「メディカルソリューション本部」を立ち上げ、医療体制を一新した「東帝大学病院」。本部長の座に就いた蜂須賀隆太郎(野村萬斎)は内科治療の優先、ならびに外科手術については自らの息がかかった外科医・興梠広(要潤)を中心に行うことを、高らかに宣言する。

そんな中、愛想はすこぶる悪いが、腕は超一流のフリーランス看護師・那須田灯(松下奈緒)が、「東帝大学病院」に雇われることになった。灯はさっそく、興梠が執刀医を務める記者・五木和男(井上肇)の直腸がん手術で、オペ看を担当。

興梠の指示を待つことなく、次々と的確な器械を差し出す。ところが、そんな灯に憤慨した興梠はナースステーションに連絡を入れ、今すぐオペ看をチェンジするよう要求。応対した看護師・大間正子(今田美桜)は、慌てて手術室へ向かう。

やがて手術は終了。ところが翌日、五木が激しい腹痛を訴え、再手術が必要な状態に陥った! オペに何か問題があったと考えた大門未知子(米倉涼子)は、急いで原因を突き止めようとする。ところが…存在するはずのオペの録画データは、なぜか消失。未知子は灯を捕まえ、途中でオペ看を外された理由を尋ねるが、灯はただただ無愛想に口をつぐみ…!?

スポンサーリンク

スーパーコンビ誕生

さらに未知子に問い詰められた興梠が、手術ミスをしたのは正子だと主張し始めた。一方、灯もなぜかこの一件に対して無関心な態度を固持。

しかし五木さんの状態はよくならず、再手術をすることに。また興梠は自分のミスを大間正子になすりつけ、退職届をだすように指示する。

五木の再手術当日、興梠は手術を進めるが、穿孔部が分からず、挙句の果てにはストマ(人工肛門)をつけようとして灯がキレた。「ドクター交代!!」蹴りをかまして興梠をオペ室から追い出す。

そして未知子と灯の連携で手術が行われる。未知子が何もいわなくても灯は前もって手術器具を出していく。

1000万円は興梠が支払うことに。大間はクビがつながった

灯は契約終了で早々と去ってしまった。

 

スポンサーリンク

ドクターX2021第5話感想

未知子と似た者同士の灯が出現しました。無愛想だけど実力があるところは共通しています。第5話だけの登場でちょっと寂しいな。もう少し未知子とのナイスコンビみたかった。

灯とは10年前に一緒に仕事したことがあり、看護婦のスキルは相当なもので未知子の記憶にも残っていたのがすごい。これからも度々でてほしいです。

それにしても未知子の新人への壁ドンがさく裂してました。パワハラもワイルドにやってて、でも患者のためだから全く嫌な気持ちにならないです。興梠は憎まれ口たたかれて可哀そうですけど。

【ネタバレ】ドクターX2021第6話~原守が、名医紹介所に所属!?
2021年11月18日(木)夜9時『ドクターX~外科医・大門未知子』第6話のあらすじとネタバレになります。 群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子。「い...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました