【ネタバレ】ドクターホワイトドラマ第8話~白夜の病とは!?

ドクターホワイト

2022年3月7日『ドクターホワイト』第8話のあらすじとネタバレ、感想になります。

相関図とキャスト紹介はこちらをご覧ください。

【相関図】ドクターホワイトドラマ
2022年1月17日スタートの『ドクターホワイト』の相関図とキャストの役どころ紹介です。 このドラマは、記憶を失い、公園で白衣一枚の姿で倒れていたナゾの女性・白夜(浜辺美波)。社会性は皆無だが、なぜか備わっていた豊富な医学知識と天才的な診...

このドラマは、記憶を失い、公園で白衣一枚の姿で倒れていたナゾの女性・白夜(浜辺美波)。社会性は皆無だが、なぜか備わっていた豊富な医学知識と天才的な診断能力で、現役医師たちの診断を覆し、患者の命を救っていきます。

「金田一少年の事件後」「探偵学園Q」の原作者による小説をもとにした異色の医療ミステリーです。白夜を保護する医療雑誌の記者を柄本佑さんが演じます。

 

第7話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】ドクターホワイトドラマ第7話~麻里亜の元カレの病名は
2022年2月28日『ドクターホワイト』第7話のあらすじとネタバレ、感想になります。 相関図とキャスト紹介はこちらをご覧ください。 このドラマは、記憶を失い、公園で白衣一枚の姿で倒れていたナゾの女性・白夜(浜辺美波)。社会性は皆無だ...

 

視聴率の推移はこちらです。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話    
11.4% 10.1% 10.4% 7.5% 8.1% 8.4% 7.8% 8.1%    

スポンサーリンク

ドクターホワイト第8話あらすじ

勇気(毎熊克哉)から、白夜の正体を知る手がかりとなる“Rh null(希少血液)”と書かれた紙を受け取った将貴(柄本佑)。すべての血液型に対応できる、日本で5人ほどしかいない。将貴はこれを調べれば白夜の正体が分かるはず。麻里亜(瀧本美織)は白夜の血液検査をするとやはり2000万人の1人のRh null(希少血液)だった。血液ビジネスのために人身売買されそうになったのか?他の5人は誰なのか調べる。

巌(石坂浩二)が末期のスキルス胃がんで麻里亜(余命わずかだと知った白夜(浜辺美波)は、寝る間も惜しんで治療法を模索する。積極的治療は行わず、最後まで院長としての責務をまっとうすることが巌の意志だったが、白夜は「命を救うために最後まで全力を尽くすのが医療の仕事だ」と教えてくれた巌を何としても救いたかったのだ。

ある治療法を発見した白夜と麻里亜は院内で唯一成功させられる可能性がある真壁(小手伸也)に執刀を依頼する。
 
そんななか、CDTは産婦人科医の東堂絵馬(華優希)から、ある患者の子宮内にいたはずの胎児が消えたと相談を受ける。考えられるのは自然流産や子宮外妊娠だったが、不可解なのは、いまだ妊娠のサインが残っていること。夏樹拓実(勝地涼)はガンの可能性が高い。X線検査は避けMRIで検査することにした。
 

スポンサーリンク

高森院長は命を引き取る

やはり、婦人科・大場愛子さんは、卵巣がんだと分かった。白夜は左卵巣が膨張しており、やはり妊娠していた。患者は出産を希望していた。子宮外妊娠から子宮内妊娠への移植について真壁は論文を書いていた。しかし真壁はガンがあるためするべきではないと否定する。
 
そんな中、大場愛子さんが急変する。高森院長(石坂浩二)は、真壁に自分の手術ではなく大場愛子さんを救ってほしいと頼む。命と向き合うことを諦めてほしくない。君にしか救えない。そして真壁は移植手術をする決心し、手術は成功した。
 
高森院長が命を引き取った。白夜に「生きて命をつなぐんだ!」言い残す。
 
白夜は大場愛子さんの胎児の写真をみて抑えていた涙があふれだす。
 
 

スポンサーリンク

ドクターホワイトキャスト紹介

雪村白夜・・・浜辺美波
正体不明の女性・記憶を失っており、無感情で社会的一般常識を持ち合わせてない。透き通るような白い肌と整った顔立ち。
 
狩岡将貴・・・柄本佑
「月刊メディカルサーチ」の記者。正義感が強く、頼まれると断れない性格。
 
高森麻里亜・・・瀧本美織
内科医。院長・巌の娘でCDTリーダー
 
狩岡晴汝・・・岡崎紗絵
将貴の妹。明るくポジティブな性格で看護師を目指しているが、脳に重い病気を抱えている。
 
西島耕助・・・片桐仁
精神科医。人間観察が趣味で好奇心の塊
 
仙道直樹・・・高橋努
脳神経外科医。口数が少なく硬派。晴汝の主治医
 
佐久間新平・・・高橋文哉
若手研修医。周囲にかわいがられる愛されキャラ
 

スポンサーリンク

 
夏樹拓実・・・勝地涼
皮膚科医。かつては外科医としても活躍
 
奥村淳平・・・宮田俊哉
捜査二課の刑事。将貴、麻里亜は中学時代の同級生
 
高森勇気・・・毎熊克哉
 
真壁仁・・・小手伸也
外科部長。優秀な外科医でありながら野心家で院長の座を狙っている。
 
高森巌・・・石坂浩二
院長。エース外科医だった息が去り、医療ミスが発生。信頼回復のためにCDTを立ち上げる。
 
CDT:総合診断協議チーム

ドクターホワイト第8話感想

高森院長(石坂浩二さん)の最後の看取りのシーンが切な過ぎました。息子の勇気が病院の外で泣いている姿も印象的です。どちらの命も尊いですが、赤ちゃんが子宮に宿るって神がかっていると思います。子宮内、子宮外、漠然と知ってましたが、はじめて理解しました。
 
“Rh null(希少血液)”下記の記事を見つけました。「黄金の血」と呼ばれているみたいですが、白夜はこの血ですかね?
 
次回第9話のあらすじはこちらです。
 
https://arafifblues.com/doctorwhite9_20220314/

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました