【ネタバレ】ドクターズ最強の名医~創立100周年に向けて一波乱あり

2021年スペシャル

2021年1月10日夜9時から放送の『DOCTORS~最強の名医~』スペシャルのあらすじとネタバレになります。

このドラマは沢村一樹さんが、自分が信じる医療のためら目的・手段を選ばない凄腕外科医・相良浩介を演じる人気医療ドラマです。3年ぶりの復帰になる今回は、創立100周年を翌年に控え、その準備に追われる堂上総合病院の様子が描かれます。 100周年の記念式典を盛大に催したい“卓ちゃん”こと院長の森山卓(高嶋政伸)に対し、赤字続きの堂上総合病院には「融資できない」と判断する銀行。相良浩介と森山卓との対立構造は健在です!!

今回、吉田鋼太郎さんが出演されます。堂上総合病院のメインバンクである東京よつば銀行の支店長・三田沢和久。相良を演じる沢村が“ラスボス”と評した三田沢は、堂上総合病院にとって敵となるのか、味方となるのか…?そのあたり注目ですね。

スポンサーリンク

DOCTORS~最強の名医~ねたばれ

1年後に堂上総合病院は100周年を迎えようとしていた。派手な式典を広告会社と画策していた森山院長(高嶋政伸)は銀行に1400万円の融資を申し込むが花村融資課長(石田ひかり)に融資するためには銀行の体質改善が必要だと断られる。そんな最中、玲子が階段から落ちて腓骨にヒビが入り、その際、膵頭部ガンが見つかった。

森山院長は融資を受けたいがために、玲子を妬んでいる平賀に病名を暴露してしまい、玲子は三田沢支店長にしばらく休むよう言われてしまい絶望してしまう。

相良は玲子に電話し堂上病院で手術を受けるように説得する。職場復帰が早くに実現できるよう腹腔鏡の手術を森山が行うことになったが、想像以上に浸潤しており、途中で開腹手術に切り替え、相良の手術は成功する。

相良は手術前に三田沢支店長に会っており、玲子を課長として復帰できるようお願いしていた。手術後、三田沢支店長にOPE結果を報告すると、実は三田沢の妻も玲子と同じ病気で治らないと聞いていた。相良は自分が担当医になると約束する。

玲子は無事に職場復帰し、堂上病院100周年式典のために700万円融資(当初の半分)することにした。相良がいる堂上病院に期待したからだ。

スポンサーリンク

DOCTORS~最強の名医~あらすじ

堂上総合病院の創立100周年を翌年に控え、院長の森山卓(高嶋政伸)は広告会社と記念式典についての協議を進めていた。国会議員に都知事、果ては人気芸人まで呼んで盛大に催そうとする森山に事務長の桃井正一(小野武彦)は渋い顔。案の定、東京よつば銀行の融資課課長・花村玲子(石田ひかり)からも、式典のための融資、総額1400万円は無下に断られてしまう。

実は2年前、周囲の反対を押し切って温泉を掘ろうとした森山。結局温泉は出ず、多額の損失を出した結果、堂上総合病院は2期連続の赤字経営となっていたのだ。玲子から「根本的な“体質改善”が必要なのでは」と問われ、森山は“体質改善”=経営改革に取り組むことに。しかし、いつものことながら的外れな方向に進んでいく森山の“体質改善”に、相良浩介(沢村一樹)や皆川和枝(伊藤蘭)は面倒が起こりそうな予感を抱くのだった。

融資課長・玲子が救急搬送

その矢先、堂上総合病院に玲子が救急搬送されてくる。階段から転落し、右足の腓骨を骨折した玲子はひとまず入院することになるが、「背中が痛い」という訴えに違和感を覚えた相良が検査をした結果、膵頭部に腫瘍が見つかる。CTではどこまで病状が悪化しているか分からなかった。

玲子を助け、恩を売っておけば、記念式典のための融資を優遇してもらえると考える森山だったが、事の重大さに動揺した玲子は「セカンドオピニオン」を求め、転院しようと考えた。

その頃、東京よつば銀行では、急に休暇の延長を申し入れた玲子の様子に支店長の三田沢和久(吉田鋼太郎)が疑問を抱いていた。一方、玲子の存在を疎ましく思う融資課係長の平賀洋二(橋本じゅん)は森山に接近。自分に融資の決定権が移る可能性を示唆し、玲子の本当の病名を聞き出してしまう。

どの病院でも膵頭部がんの診断は変わらず、平賀に病状を聞いた三田沢からは、仕事のことは気にせず治療に専念するよう命じられてしまい絶望する玲子。

スポンサーリンク

森山による腹腔鏡下手術を提案する相良

玲子は再び、堂上病院に来る。相良が手を差し伸べる。しかし、堂上総合病院で引き受けることを報告する相良に、森山は突然、猛反対する。森山の翻意の裏に、融資がらみの“何か”があると睨んだ相良だが、そこにMEの渋谷がきて、平賀係長との密約について聞いてしまう。

相良は院長に自分が玲子を助けることを宣言する。

玲子は女性ながら3倍は努力し課長に出世した。そのことを妬んでいる男はたくさんいる。長期入院になったら私の座は他の人に盗られる。だけど娘を残して死にたくない。複雑な想いを抱えていることは相良は理解していた。

相良は三田沢支店長に面会し、3週間で職場復帰し、もし万が一何があっても自分がついていると説得する。玲子は堂上にメスを入れてくれた。よつば銀行にとって必要な人材だと説得していた。

相良は、腹腔鏡下で手術するために厚生局に認可を取得していた。腹腔鏡であれば手術後、1週間で職場復帰させることができる。この手術は最先端であり、森山のオペに参加が必須だったが、森山は断る。

しかし「ママの一生のお願い」、玲子に恩を売っておけば、1年後融資される可能性があるとしてて森山は腹腔鏡下手術することを承諾する。

玲子の手術は上手くいった

手術当日、森山による腹腔鏡下手術がスタートした。

しかし門脈をできる限り長く残したいが、ガンは想像以上に浸潤していた。ギリギリ5cm残せば腹腔鏡で切除可能だったが、7cm切除してしまった。

しかし森山は絶対に治せるとして腹腔鏡を継続したが、血圧が安定せず、開腹にすぐに切り替えるべきだと相良は説得する。ギリギリ承諾した森山

相良による回復手術が始まった。しかし肝機能が低下しており非常に危険な状況だったが、手術は無事に終わった。ガンは完全に取り切った。

花村は課長のままだと三田沢支店長は相良と約束していた。三田沢の妻は花村と同じ、膵頭部がんだった。病院から治らないと言われていた。三田沢は相良に妻を助けてほしいと頼み、相良は自分が担当医になることを約束する。

そして1か月後、玲子は職場復帰し、100周年のために700万円融資してくれることになった。玲子は相良がいる病院に今後は期待できると判断した。

スポンサーリンク

DOCTORS~最強の名医~キャスト

相良浩介・・・沢村一樹

森山卓・・・・高嶋政伸

宮部佐知・・・比嘉愛未

相原亜美・・・黒川智花

田村戸紀子・・宮地雅子

佐々井圭・・・正名僕蔵

渋谷翔子・・・滝沢沙織

瀬戸晃・・・・浅利陽介

高泉賢也・・・敦士

千住義郎・・・斉藤陽一郎

段原保・・・・尾崎右宗

吉川みずき・・阿南敦子

花村玲子・・石田ひかり

平賀洋二・・橋本じゅん

乾丈太郎・・野間口徹

アンジェロ田中・・飯尾和樹

三田沢和久・・吉田鋼太郎

桃井正一・・・小野武彦

森山日美子・・松坂慶子

皆川和枝・・・伊藤蘭

堂上たまき・・野際陽子

DOCTORS~最強の名医~感想

森山卓(すぐるちゃん)は高嶋政伸さんしか演じられないですね。うぅうぅうぅと唸るところとか、患者の病名を暴露しちゃうとか、頭に帽子?かぶって寝ているとか、まるで赤ん坊のふるまい。でも先生ですから頭は良いわけです。(ドラマの世界ですけど)

そんな非現実をみながら、シングルマザーが突然病気になることで自分の居場所がなくなる不安はリアルな話で、誰にでも明日は我が身です。非正規だったら契約切られてしまうし。でも病気になって、明日死ぬかも!?ってなったとき、今必死に大事だと思っていることも、何も意味がなくなってしまうかもですね。そんなことも思いました。

相良が院長になればいいと思いますが、あくまでも勤務医。森山院長と相良の二人三脚は飽きずに見れます。またスペシャルお待ちしています。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました