福士蒼汰主演ドラマDIVER特殊捜査班・第4話ねたばれと感想~兵悟が捕まってしまう

DIVER

2020年10月13日放送の新ドラマDIVER~特殊捜査班第4話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは全5話になります。最後の事件は、国際会議がテロの標的になり兵悟(福士蒼汰)たちD班は疑惑の貿易会社社長に接近し、テロ組織の壊滅を狙いますが、なんと警視庁の罠にはまり兵悟は連行されてしまいます。警視庁の遠藤という阿久津の上司は、かつて部下(?)の岡本(寺脇康文)が見殺しにされた因縁があるようです。それには兵悟も関わっているようです。

第3話のあらすじとネタバレはこちらになります。見逃した方は是非ご覧ください。

DIVER特殊捜査班第3話ねたばれと感想~伊達の娘が狙われる!!
2020年10月6日放送の新ドラマDIVER~特殊捜査班第3話のあらすじとネタバレになります。 伊達の妻が家で倒れて突然亡くなってしまい、そのとき娘の亜紀は伊達に電話したが、仕事で電話に出なかったことを恨んでいた亜紀。ギクシャクした関係が...

スポンサーリンク

DIVER特殊捜査班第4話あらすじとねたばれ

数週間後に日米安全保障会議を控えたある夜、神戸の百貨店の前で爆発事件が発生。爆発物から微量の化学物質が検出されたことから、阿久津(りょう)はテロの可能性を考えるが、大事な会議を前に警察の威信を守りたい警視庁・警視監の遠藤洋三(小市慢太郎)は阿久津に事実の隠ぺいを指示。さらに、日米安全保障会議で厳重に警備をするようくぎを刺す。

阿久津と遠藤は因縁があった。遠藤に助けを求めたが、かつて同僚の岡本(寺脇康文)が殺害された。

リトレイド貿易会社に潜入する兵悟と将

阿久津は、警視庁から届いたテロに関する資料を伊達(安藤政信)に渡し、D班に潜入捜査を命じる。資料には、元外交官の渡辺和之(戸田昌宏)という男の情報が記されていた。渡辺は外務省を辞めた後、化学物質の輸入や輸出を行うリトレイド貿易という会社を立ち上げ、最近では、猛毒の神経ガスの原料を不正輸入しようとする動きがあるらしい。渡辺には現外務大臣に辞任に追い込まれた苦い過去があるため、国際会議の場でテロを起こす動機も十分。

爆発事件の犯人が渡辺に接触する可能性があることから、兵悟(福士蒼汰)と将(野村周平)は早速、リトレイド貿易に潜入。

スポンサーリンク

将が怪しい人物の尾行に失敗する

社長室に盗聴器をしかける兵悟と将

そんな中、デパートを爆破させていたのは、真下一郎という危険な人物だと分かった。阿久津は遠藤に報告する。

社長と関わっている人物について徹底的に調べるが、怪しい人物との接触はない。

真下と関係のある田島という男が社長室入ってくると防犯カメラや盗聴器にノイズが入り確認することができない。将が田島の後を追う。神戸空港に到着すると将が何者かに襲われてしまい田島を見失ってしまった。

渡辺社長が田島に「明日は必ず」と声かけていたのを聞いていた将、兵悟は直接田島に聞くしかない。

兵悟が警視庁に捕まる

麗子が渡辺社長をホテルに部屋に連れ込む。渡辺に対して覆面して取り調べが始まる。

化学物質を誰にわたすのか?

渡辺「田島という男に報酬は3000万円で持ち掛けられた。化学物質は明日朝4時の船で到着する」

阿久津は伊達にD班で化学物質を抑えるよう指示する。

そして取引が行われ田島が現れる。トラックに化学物質を詰め込むが、そのトラックを運転しているのは兵悟。佐根村の車に化学物質を詰め込む。しかし警察車両に囲われる。

兵悟は佐根村に車で逃げさせ、自分は囮で捕まる。

渡辺社長にも逮捕状がでてしまい連行される。

佐根村は化学物質とともに事務所に戻る。

兵悟と阿久津の2人の対話が始まる

兵悟の取り調べが始まっていた。

兵悟は阿久津本部長2人きりの対話を求めてきた。

阿久津は自ら自分も嵌められた、情報を流したのは警視庁の遠藤だと伝える。

遠藤は岡本を見殺しにした当人だった。遠藤おそらくD班の存在に気づいている。だから阿久津に情報を流し手柄をもっていく。

兵悟は明日東京警視庁に移送される。阿久津は自分では何もできないと言う。

スポンサーリンク

DIVER特殊捜査班・相関図

公式の発表になります。

 

スポンサーリンク

DIVER特殊捜査班・キャスト

主要メンバーの公式の発表になります。

福士蒼汰 |  黒沢 兵悟(28)兵庫県警潜入捜査課D班

10代の頃は窃盗や暴力事件の常習犯だったが、警察も手を焼くほどの巧妙な手口を考え出す異常に高いIQ、判断力、身体能力が阿久津の目に留まり、秘密裏に結成された「潜入捜査官チーム」(通称“D班”)の一員に。命の危険もかえりみず、悪の根源を駆逐するためには手段を選ぶことなく、時に暴力的に、時に冷徹に、犯罪者に立ち向かっていく。その“凶悪性”には異常なものがある。

野村周平 |  佐根村 将(27)兵庫県警潜入捜査課D班

子供のころから成績優秀、文武両道で、防衛大学を首席で卒業。海上自衛官としてエリートコースを歩んでいたが、
阿久津からD班に誘われ、ある真相をつかむため、自衛官を辞めて、D班の一員となる。

安藤政信 |  伊達 直哉(45)兵庫県警組織犯罪対策課・潜入捜査課D班班長

兵庫県警・組織犯罪対策課・兼D班班長。署の中で本部長の阿久津以外で唯一、D班と兵悟と将の存在を知っている人物。ぶっきら棒で気が短いところがあるが、根は優しい男。「チーム」という考え方をとても大事にしている。
妻とは死別していて高校生の娘がいる。D班では兵悟の身勝手さに手を焼いている。

りょう |  阿久津 洋子(47)兵庫県警本部長

頭脳明せきで警視庁の試験をトップで合格し、キャリアを積んでいくなか、犯罪者・兵悟のダイバーとしての素質を見抜き、逮捕。潜入捜査をしないか、と持ち掛ける。警視庁での阿久津のキャリアや発言力を疎ましく思った上層部の策略によって、兵庫県警へ。県警のトップに立ちながらも、極秘にD班を動かし、機密情報を得ている。

 

原作
大沢俊太郎「DIVER-組体潜入班-」
(集英社)

主題歌
コブクロ「灯ル祈リ」
(ワーナーミュージック・ジャパン)

DIVER特殊捜査班第4話感想

まさか兵悟が最後に警視庁に捕まってしまうとは。。。でもこのままやられぱなっしの兵悟ではないはずです。予告をみると東京へ連行中に逃げ出すようです。

第4話の劇中に、兵悟と将が貿易会社に潜入するのですが、社長室に盗聴器などを仕掛けたあと社長室から出ていくとき女子社員が入ってきてばれないように隠れるのですが、その女性がなかなか部屋から出ていかなくて兵悟と将は隠れるのですが、女子社員が「汗臭い」と空気清浄機のスイッチを押すのですが、たしかにセンサーは反応していて、どっちが汗臭かったんだろう。。。なんとなく緊張がとれた瞬間でした(笑)

阿久津と兵悟の共通の『岡本(寺脇康文)』という人物でてきました。どうやら阿久津の上司遠藤(今回も黒幕)が見殺しにしたらしく、兵悟の潜入中に亡くなってしまったように思います。まだ事実は明らかにされてませんが。。。

いよいよ最終回です。あらすじはこちらになります。

福士蒼汰主演ドラマDIVER特殊捜査班・最終回ねたばれと感想~兵悟と将の隠された秘密とは!?
2020年10月20日放送の新ドラマDIVER~特殊捜査班最終回のあらすじとネタバレになります。 全5話完結で今回が最終回でした。佐根村将は、岡本の息子でした。岡本は兵悟とともに麻薬組織に潜入し兵悟が失敗してしまい岡本が自分が盾になって死...

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました