DIVER特殊捜査班第1話ねたばれと感想~福士蒼汰主演の潜入捜査ドラマ

DIVER

2020年9月22日放送の新ドラマDIVER(ダイバー)~特殊捜査班第1話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。

このドラマは、兵庫県警に秘密裏に設けられた「潜入捜査」チームで通称「D班」その中でも、黒沢兵悟(福士蒼汰)は、悪?警察?どこまで本当なのか見ている方も騙されてしまうほど本格的であまりにも兵悟が危険すぎて、ドラマに見入ってしまいました。

このドラマに出演されている方達が、みんなカッコ良過ぎでびっくりました。福士蒼汰さんのドラマは初めてみるのですが、魅力的すぎます。でも本部長の阿久津洋子を演じているのはりょうさんも素敵です。女性警察官の正義って強い女性の象徴のようでりょうさん、ぴったりです。

このドラマ、絶対に面白いと思います!!!

スポンサーリンク

DIVER特殊捜査班第1話あらすじとねたばれ

かつて窃盗や暴力事件の常習犯だった黒沢兵悟(福士蒼汰)は、警察も手を焼くほどの高いIQと判断力、身体能力が認められ、兵庫県警本部長の阿久津洋子(りょう)のもと、秘密裏に結成された潜入捜査官チーム、通称“D班”の一員に。

その任務は、暴力団や詐欺集団など、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむこと。兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)、闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)らD班のメンバーとともに、多少の犠牲はいとわない、冷酷非道ともいえるやり方で、悪の根源を駆逐すべく、常に命の危険と隣り合わせの潜入捜査を行う。

兵悟は特殊詐欺の潜入捜査に入る

このところ、兵庫県警の管轄内では、年間被害総額390億円ともいわれる特殊詐欺が多発していた。兵悟は、事件に何らかの形で関与していると思われる闇金会社に潜入。組織の実態をつかむため、闇金会社の社長の海藤武史(杉本哲太)に接触する。そして詐欺にも加担し、次々に被害者からお金を巻き上げ、2週間で3千万円を騙し、海藤の信頼を得る。そんな中、兵悟は木嶋という男の教育係をすることになった。

兵悟は木嶋と一緒にお金を受け取りにいくと、なんと警察が張りこんでいた。兵悟は警察官を一人ひき逃げしてしまい、、、なんとか逃げ出した。警察を呼んでいたのは海藤社長だった。兵悟をテストしたのだ。警察の犬が潜入することがある用心した海藤。

兵悟は、海藤の過去をしっかり調べ上げ、自分の幼少期を同じように話し、すっかり兵悟を信じた海藤だった。

スポンサーリンク

兵悟は柏田の会社で働く

兵悟はもっとお金を稼ぎたいと海藤社長に申し出ていたが、兵悟の実力を認めた兵悟は、柏田という男を紹介した。いままでのラフな格好とは真逆に高級なスーツと時計に身を包み柏田の会社に潜入した。

柏田は潜入捜査班の本丸だった。柏田は、表向きは経営コンサルタント、しかし裏では、日本中の闇組織に売る名簿屋だった。柏田の上には金主と呼ばれるスポンサーがいるはずだ。その金主を捕まえなければ、すぐにまた組織は復活する。

柏田のパソコンからデータをハッキングすると、海外の銀行を介してお金の出し入れが行われていた。最終的にお金はすべて海藤に渡っていることがわかった。

兵悟は伊達に柏田の会社にガサOKをだす

警察が柏田の会社に入り、一斉検挙する。

その間、兵悟は会社を抜け出し、海藤の事務所に行く。

「一緒に逃げましょう!」そんな兵悟に海藤は、「トップは俺なんだよ。。。柏田はダミーだ。稼いだお金はすべて俺にながれている。お金は投資家に配布している。」本当のスポンサーは海藤だった。

兵悟は「あんたは必要な人だよ、あんたがいなければ俺は存在しない。あんたみたいな悪こそ、俺の唯一の存在理由なんだ。」

兵悟は事務所の金庫からお金をすべて盗り、事務所の外から逃げ、皆本が運転するトラックに乗った。

スポンサーリンク

海藤は殺害されてしまった

特殊詐欺の黒幕、海藤は逮捕された。

しかしすぐに釈放された。。。証拠不十分だった。海藤は自分をかくまってほしい!と刑事に頼むが、釈放されたあと、すぐに誰かに拉致され、死体があがった。。。。

海藤がすぐに釈放されれば、スポンサーはすべて警察に自供したと思うはず。そのスポンサーによって闇に葬られたに違いない。兵悟がすべて見越した結果だった。

そして金庫にあったお金を、自分がお金をだました詐欺被害者に返した兵悟

佐根村(さねむら)がD班に入る

阿久津のもとには、幼い頃から成績優秀、文武両道で防衛大学を首席で卒業し、海上自衛官としてエリートコースを歩んできた佐根村将(野村周平)が訪ねてくる。

阿久津からD班に誘われていた将は、ある真相をつかむために自衛官を辞める決意を固める。

阿久津は、兵悟の監視も含めて佐根村が必要だと伊達に説明し、チームに入れる。

スポンサーリンク

DIVER特殊捜査班・相関図

公式の発表になります。

 

スポンサーリンク

DIVER特殊捜査班・キャスト

主要メンバーの公式の発表になります。

福士蒼汰 |黒沢 兵悟(28)兵庫県警潜入捜査課D班

10代の頃は窃盗や暴力事件の常習犯だったが、警察も手を焼くほどの巧妙な手口を考え出す異常に高いIQ、判断力、身体能力が阿久津の目に留まり、秘密裏に結成された「潜入捜査官チーム」(通称“D班”)の一員に。命の危険もかえりみず、悪の根源を駆逐するためには手段を選ぶことなく、時に暴力的に、時に冷徹に、犯罪者に立ち向かっていく。その“凶悪性”には異常なものがある。

野村周平 | 佐根村 将(27)兵庫県警潜入捜査課D班

子供のころから成績優秀、文武両道で、防衛大学を首席で卒業。海上自衛官としてエリートコースを歩んでいたが、
阿久津からD班に誘われ、ある真相をつかむため、自衛官を辞めて、D班の一員となる。

安藤政信 | 伊達 直哉(45)兵庫県警組織犯罪対策課・潜入捜査課D班班長

兵庫県警・組織犯罪対策課・兼D班班長。署の中で本部長の阿久津以外で唯一、D班と兵悟と将の存在を知っている人物。ぶっきら棒で気が短いところがあるが、根は優しい男。「チーム」という考え方をとても大事にしている。
妻とは死別していて高校生の娘がいる。D班では兵悟の身勝手さに手を焼いている。

りょう | 阿久津 洋子(47)兵庫県警本部長

頭脳明せきで警視庁の試験をトップで合格し、キャリアを積んでいくなか、犯罪者・兵悟のダイバーとしての素質を見抜き、逮捕。潜入捜査をしないか、と持ち掛ける。警視庁での阿久津のキャリアや発言力を疎ましく思った上層部の策略によって、兵庫県警へ。県警のトップに立ちながらも、極秘にD班を動かし、機密情報を得ている。

 

原作
大沢俊太郎「DIVER-組体潜入班-」
(集英社)

主題歌
コブクロ「灯ル祈リ」
(ワーナーミュージック・ジャパン)

スポンサーリンク

DIVER特殊捜査班第1話感想

第1話から圧巻でした。初っ端から闇金業者の海藤を信じ込ませるために小指を切り落とされそうになるわ、警察に捕まりそうになり、警察官をひき逃げする。。。アンビリバボーな潜入捜査でした。しかし決死の騙し合いをするためにはそこまでやらないと疑われてしまうため本気なんだと分かりましたが、、、それにしても凄すぎる。

第1話の最後、兵悟の両親も闇金業者に騙されてた過去がありました。兵悟は自分が存在する意義は騙そうとする悪人を騙すことと言ってました。

これは警察ドラマのなかでもクオリティーが高すぎます。福士蒼汰さん凄過ぎです。

次回第2話のあらすじはこちらになります。

DIVER特殊捜査班第2話ねたばれと感想~グルメサークルで悪魔の飴が・・・
2020年9月29日放送の新ドラマDIVER~特殊捜査班第2話のあらすじとネタバレになります。 前回は闇金会社、今回は大学生になって潜入していた兵悟です。前回と別人でびっくりしました。おもしろすぎます。ストーリーもそうだったの?と裏の裏を...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました