【ネタバレ】脳科学弁護士海堂梓ダウト~3人の夫を殺害したのは妻なのか?

2021年スペシャル

4月12日(月)夜8時テレビ東京で放送される「脳科学弁護士 海堂梓 ダウト」のあらすじとネタバレになります。

主演を務めるのは、映画やテレビに出演する一方、歌手やピアニストとしても活躍する女優・松下奈緒さんです。主人公・海堂梓は、現役の弁護士でありながら大学の研究室で脳の記憶を研究する『特任准教授』の肩書も持つ女性。
そんな海堂と時に対立しつつも、共に事件の謎を解明していく年上の部下、斎田誠役には佐藤隆太さん。正反対な性格の2人を取りまとめる法律事務所所長・鹿島憲太郎役には奥田瑛二さん。

夜はなんとカジノと化す法律事務所内で、アウトローな人々や現役刑事からも情報を仕入れ、2人をアシストしていきます。

今回このチームが対峙するのは彫刻家が殺された殺人事件。過去に結婚相手2人が立て続けに謎の死を遂げたことで、3人目の夫も亡くなり嫌疑をかけられた彫刻家の妻・冬川沙也加役には中山美穂さんが演じます。

出演陣も豪華ですが、ストーリーも複雑な展開が予想されます。

スポンサーリンク

脳科学弁護士海堂梓ダウト・あらすじ

弁護士の海堂梓(松下奈緒)は「記憶は塗り替えられる」「裁判は勝った方が真実」が信条で、大学で脳科学を研究する特任准教授でもある。新米弁護士となった斎田誠(佐藤隆太)は鹿島憲太郎(奥田瑛二)が所長の「真実一路法律事務所」で海堂のアシスタントを務めることになる。

そんな折、殺人事件の被告・冬川沙也加(中山美穂)が海堂に弁護を依頼してくる。沙也加は彫刻家の夫を殺した罪に問われ、過去にも2人の夫が不審死を遂げていた。沙也加は「私、殺したの」と不敵に微笑み、「無罪にできる?」と海堂に問う…。

凶器になったのは「青い目のマリア」夫は撲殺された。無罪になりえる証拠が見つからないまま第1回公判が行われる。

沙也加が自宅に入っていく姿を3人の目撃者がいる。その1人が検察側の証人になるが、梓は、事後情報効果により証言が塗り替えられた可能性を証明する。

新米弁護士の斎田は、被告人である沙也加を信じられない。もし沙也加が無罪になったら殺人を野に放つことになることを想い悩んでいた。

沙也加の接見に頻繁にきていたカメラマンの馬場がいた。鹿島が直接会うと犯人の写真を撮っていたと言われ鹿島は買い取ろうとしたが、馬場は殺害されてしまった。

沙也加の夫を殺害したのは娘の楓か?

もう少しで勝てるところで、沙也加は自分が夫を殺害したと裁判で言ってしまう。そして金庫にあったお金は、三軒駅前のトランクルームに隠したと証言し、そのとおり50万円が見つかってしまった。

自分が犯人じゃないと不都合なことがあるの?と梓が聞くと表情を変えた。

谷崎隼人、2人は同じ養護施設で育っており同じクラブで働いていた。母親と死別した後、父親から酷い虐待をうけ施設に入っていたことを聞く。

殺害された冬川は、前妻との間に生まれた子・楓に虐待していた。沙也加は自分の幼い頃と重なり楓を守るために冬川を殺害したのではないのか斎田は聞くと、沙也加は「そのとおり」

その瞬間梓は「ダウト!」

殺害したのは楓だ。沙也加は必死に庇うが梓は真実を明らかにすると伝える。

真犯人は被害者のゴースト

梓は楓から事件があった日、何があったのか真実をきく。

そして次の公判で楓が証言することに。犯行当日17時に家に帰り、母親を思い出すたびに暴行を加える父親に我慢ができずブロンズ像で殺害した。すぐに逃げたが、沙也加からもらったブレスレットを忘れたことに気づき家に戻る。沙也加だけが自分を助けてくれた。私にとっては大事な家族。

しかし楓が凶器で使用していたと証言する青い目のマリアは10KG、アトリエにあった赤い棚の最大積載量は5KGであり、10kgの像を置くことは不可能だった。梓はブロンズ像は2つあると指摘する。

現場には血がついた青い目のマリア像が見つかっている。打撲痕は3発あったが、最初の2つは楓、もう一つは明らかに違う人物だった。楓は犯人から沙也加が逮捕される前に殺害の詳細を聞かされていた。

その人物は、菊池だった。梓は証人喚問へ

菊池は5年間から冬川のゴーストだった。5年前、妻の死をきっかけに作品が作れなくなっていた冬川の代わりだった。事件当日、菊池は自分が青い目のマリアの作者だと公表することを伝えると揉み合いとなり、一旦その場をあとにするが、もう一度戻ると楓が冬川を殴打している場に居合わせバカにされた菊池は持っていた青い目のマリアで殺害した。

真実の姿を持ってかえるところを馬場に撮られてしまい、馬場も殺害してしまった。

沙也加は無罪となる。

しかし1人目と2人目の夫を殺害したことを自白する。

スポンサーリンク

脳科学弁護士海堂梓ダウト・キャスト

 松下奈緒 佐藤隆太 村川絵梨 波岡一喜 小市慢太郎 髙橋洋 泉川実穂 黒羽麻璃央 井上裕介(NON STYLE) / 中山美穂 奥田瑛二

脳科学弁護士海堂梓ダウト・感想

「脳」って想像以上に複雑だけど、色々なものに常日頃、感化されているみたいです。錯覚とか思い込みとか自分では気づいてないけど自然に起きているのかと思うと怖いです。。。(笑)

虐待で苦しんでいる人のことを考えると本当に心が痛くなります。。弱い者を守る弁護士や検察官の正統派ドラマはやっぱりいいな。。。ベタだけど元気になります。

それにしても中山美穂さん、お綺麗でした。相変わらず大きな目でした。涙を流すところは、自然で哀愁があってとてもよかったな。

ダウト!海堂梓(松下奈緒さん)相手の犯罪に至るまでの思考がわかったときに言う言葉だったんですね。

松下奈緒さんに相性がいいドラマだと思います。また是非、続編をお願いします!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました