【ネタバレ】ダマせない男・堺雅人主演~10億円の詐欺を働く男はお人よし?

2022年3月26日(土)夜9時から「ダマせない男」が放送されます。あらすじとネタバレ、感想になります。

知る限り半沢直樹依頼の初主演ドラマではないでしょうか。稀代の優しすぎる詐欺師を演じます。楽しみです。

ダマせない男・あらすじ

“超”が付くおひとよしのサラリーマンの 絹咲正(堺雅人)は、婚活パーティーで浅香澪(門脇麦)に出会う。正は、澪に頼まれて彼女の父親に会いに行くが、正が会った相手は大手ゼネコン社長・貴島(生瀬勝久)だった。正は”百面のジョー”だと紹介される。

実は澪の正体は、「フレグランスの澪」という異名をもつ女詐欺師。澪は貴島から5億円を騙し取ろうとしたものの失敗し、貴島の支配下にあった。5億を騙したのは百面のジョーで澪は仲間だったが運悪く貴島に捕まってしまった。

貴島は、澪と正にリゾート会社社長の大森詩子(広末涼子)から1か月の間に、10億円を奪ってきたら許すが、それができなければ殺すと正と澪に告げる。

2人にGPSが取り付けられていた。澪は、大森から10億をせしめる計画を立てるが、嘘がつけず悪いことのできない正には、とても引き受けられる話ではなかった。

詩子は養護施設を建てるために土地を購入しようとした。しかし、正のあまりの人の良さから、逆に信頼を得て、大森ははサインする。あとはお金を振り込ませるだけ。

スポンサーリンク

詩子から10億円を奪えるか?

しかし嘘をつけない正は、リゾートの土地所有者の前原ゴードン(光石研)に会いに行き、正式に土地を売ってほしいと直談判するが、そこに、なんと大森詩子が訪ねてくる。追い込まれてしまった2人、正は正直に自分たちは詐欺師だと伝えようとするが、澪が阻止して仲介業者だと伝え、なんとか窮地を脱する。また前原ゴードンは条件が悪くないとして土地売買契約が成立してしまう。

大森詩子は嘘をつけない正を月収10倍でヘッドハンティングするが、澪は条件を出して、2人で詩子の会社に潜入することになった。

正は清掃員の女性・紗枝に惚れてしまったようで2人は食事に行く。紗枝は大森社長の右腕だったが、クビにされたと話す。正は詩子を騙すことに本気になる。

貴島との約束がいよいよ明日、正は詩子を伊豆高原美術館に誘う。澪の脚本とおりに詩子をその気にさせようと進めていく。しかしそこに紗枝が!正は激しく動揺してしまい・・・・。

詩子、紗枝の元を行ったり来たりを繰り返す正だが、とうとう詩子と会っているときに紗枝に見つかってしまう。

スポンサーリンク

クライマックス

正は紗枝を追いかけるが、なんと紗枝と詩子は恋人同志だった。だが2人の関係を公にできないため 2人は別れ、紗枝は清掃員になったが未練たっぷりだった。

正は「大森社長、あなたは紗枝さんと一緒になるべきです」詩子は花粉症がひどい紗枝のためにかばんの中にはティッシュがたくさんあった。2人は同じ石がついているネックスレスとブレスレットをつけていた。詩子は紗枝に「またやり直せるかしら?」紗枝はずっと望んでいたと応える。

詩子から10億円をだまし取ることは出来ず、貴島の部下に追いかけられる正と澪で包囲されてしまう。そこにヘリコプターが飛んでくる。

降り立ったのは貴島社長、いまから5分前、10億円が入金されたとのこと。2人はGPSを外された。

一体誰が10億円を振り込んだのか?それは上(ジョー)だった。

スポンサーリンク

ダマせない男・キャスト

絹咲 正・・・堺 雅人

浅香 澪・・・門脇 麦

小山 紗枝・・・村川 絵梨
情報屋マサ・・・皆川 猿時
課長・栗山・・・小手 伸也
マスター・・・岡部 たかし
百面のジョー??・・・遠山 俊也

前原ゴードン大輝・・・光石 研

大森 詩子・・・広末 涼子
貴島 源一郎・・・生瀬 勝久

ダマせない男感想

堺雅人さん3枚目の役でしたが、でもキャラが濃い役、本当に上手いですよね。半沢直樹と大違いでしたが、堺雅人さんは人が良いというイメージがあったので、違和感がなかったな。

門脇麦さんも癖がある役とても上手いから、2人のコンビは見応えありました。

広末涼子さんのドラマも久しぶりに見ましたが、女社長役似合ってましたね。不動産が絡む詐欺って多いといいますが、機転の良さと知識がなければ絶対に無理ですね。

ダマせない男、第二段もありそうな予感がします。

また人に対してとても優しい絹咲正に会えるのを楽しみにしてます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました