【ネタバレ感想】病院の治しかたスペシャル~ドクター有原が2025年問題に挑戦!

2021年スペシャル

2021年7月26日『病気の治しかた』スペシャルのあらすじとネタバレになります。

このドラマは、小泉孝太郎主演で2020年1月クールに放送したドラマBiz 『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』 のスペシャル版になります。

世界選手権や平昌冬季オリンピックで金メダルを獲得したスピードスケート選手・小平奈緒が現在も所属する相澤病院をモデルとして、かつて多額の借金を抱え倒産危機から奇跡の復活を遂げた“事実”を元に、徹底した取材を重ね、病院経営の「リアル」を追求した異色の医療ドラマです。

今回テーマに取り上げるのは、いま日本の医療界が直面している『コロナ禍』と、その先に立ちはだかる『2025年問題』…。実に人口の4分の1が高齢者となる2025年に向けて待ったなしの地方医療改革に、小泉孝太郎演じる有原修平が奔走します。

スポンサーリンク

病気の治しかたスペシャル・あらすじ

2020年1月に突如現れた新型コロナウィルスは、瞬く間に世界中に広がり、各地で深刻な医療崩壊を引き起こした。日本の地方病院である有原病院も例外ではない。院内クラスターへの恐れから一斉に「受診控え」が起こったのだ…。

院長・有原修平(小泉孝太郎)と事務長の倉嶋亮介(高嶋政伸)はまたも経営危機に頭を悩ませていた。しかし、そんな苦境を救ったのは、意外にも3年前に始めた小さな「有原みなみ病院」だったのだ。

当時の有原病院は、高齢の軽症患者が多く、まるで老人用の療養施設と化していた。医療点数の高いオペが激減し、収益が上がらずに慢性的な赤字体質に陥っていた。そこで一計を案じた修平は、地域初の退院支援・在宅医療支援の機能を持つ新病院を1年後に設立することを決断する。それが、「有原みなみ病院」だった。人員配置や、院長に就任する予定だった高杉医師が脳梗塞で倒れてしまい藤田が院長になることに。そして2018年春、在宅医療のホームグランドとしてスタートさせた。

そして最初の緊急宣言から一旦は感染者が収まったが、第3派が襲来し日本の医療がぜい弱であることが明らかになる。何とかコロナ禍を乗り切った有原病院だったが、ひと息つく間もなく、次の災難が降りかかる。

政府が推進する「病院の再編統合」だ。同じ医療圏内に大規模病院の新設が発表され、小さな病院は潰れてもかまわないと強引な政策が進められる。修平は待ったをかけ、必死で抵抗するが止まらない。

スポンサーリンク

病院連携に奔走する有原

小柳病院は医者からも患者からも選ばれない老朽化した病院になっていた。そして小柳院長が有原の元へ。看護師の退職者が続いており、どうすれば看護師を集められるか?相談されたが、有原は、急性期の病院として続けるのは無理がある、新しい市民病院の後方支援に回るべきだと伝えるが小柳は反抗し帰ってしまう。

今ある病院は潰さずに連携させることが大事、行政を待っている間に潰れてしまう。自分達で動くしかない。有原は「自分達(有原と倉嶋)が動く番です!」

さっそく病院にまわり、理解を求めるが、予想以上に壁は高かった。そんなとき、県庁から呼び出しがくる。回った病院から苦情が来ているとの事だ。有原は怒る「データもろくに開示せずにビジョンのないやり方が地域医療をダメにするんです!」

スポンサーリンク

花火工場で家事発生

そんな中、爆発事故が発生し相当数のけが人がでている。鳴滝病院の近くで発生したが、鳴滝病院は総合病院への移転で手薄になっている。有原はこの病院は最後の砦、廊下でも受け入れる。必要な時に必要な医療を届けるためには命を守る目的のために病院は連携していているべきだ。

夏目は小柳先生に父をスキルス胃がんから救ってくれたことを心から感謝している。しかし古い体質を変えない、本気で患者を変えようとしているのか?難しいOPEをするのがヒーローではない、患者のためにできることを一生懸命考え抜くこと、そういう医者が本当のヒーローだと説得するが。。。。

相原のもとに小柳先生が訪ねてくる。みなみ病院の見学にきた。夏目が案内をする。

夏目はみなみ病院でライブを開催してみんな喜ぶ。

有原は、病気を治療するだけではなく、人と人を結びつけること。人間どうしのつながりのなかで安心して暮らせる場所をつくることが病院の役割だ。

スポンサーリンク

病気の治しかたスペシャル・キャスト紹介

公式の紹介になります。

■有原修平(小泉孝太郎)
有原総合病院・院長 内科医
輝かしいキャリアを捨て、実家の病院を建て直した。時に「暴走特急」と呼ばれる熱血漢。

■倉嶋亮介(高嶋政伸)
有原総合病院・事務長
修平とタッグを組んで病院改革を進める。真面目で実直。妻と娘に頭が上がらない。

■夏目翔(加藤シゲアキ)
有原総合病院・内科医

■有原志保(小西真奈美)
修平の妻で編集デザイナー。
修平を明るく優しく支える。時に仕事のサポートやヒントも。

■江口智也(稲葉友)
有原総合病院・地域医療連携室室長
システムエンジニア希望で入職するも事務職に。小言が多い。

■小柳隆一(益岡徹)
夏目が働いていた小柳病院・院長

■兵藤悦子(浅田美代子)
有原総合病院・看護部長兼内科師長
時に厳しく時に優しく、修平をサポートする。修平の母親的存在。

■田端 進(角野卓造)
田端医院・院長
修平の父・正太郎時代から付き合いのある町のベテラン開業医。

病気の治しかたスペシャル感想

「いつでもだれでも救いの手を差し伸べる」言うのは簡単ですが、それを実現するのは大変難しくて困難だと素人からしてもわかります。でも有原病院(相原病院)の院長は確固たる信念を持っているのですよね。とても感動しました。

「患者のことを一番に考える。」この方向性が間違えなければ、きっとうまくいくって思っていrんですよね。高い健康保険を払っているのでいつでもたしかな医療を受けられるって思ってますがこのコロナ渦で日本の医療はぜい弱だとわかり、不安を覚えたのも事実です。

有原病院のような病院が近くにあれば安心だな。。。老後のことを考えてしまいました。信頼できて何でも相談できる病院の傍に暮らしたいです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました