【BG2~身辺警護人・第6話ネタバレ・感想】カレー店の強制立ち退きを警護

BG

2020年7月23日夜9時放送の第6話のあらすじとネタバレになります。

立ち退きするカレー店の店主が名取裕子さんでした。名取さん名女優ですね。。吸い込まれるような演技でした。章も高梨も美味しそうにカレーを最後に食べてました(笑)詳細はネタバレ記事をご覧ください。

来週7月30日が最終回です。今日の後半は最終回に向けて急激に話の展開が変わりました。もっと章と高梨の身辺警護みたかったのに、、、でも最終回の展開がとても気になります。

第5話のあらすじとネタバレはこちらになります。

スポンサーリンク

BG~身辺警護人・第6話あらすじ

章をつけ狙っている加藤一馬は島崎章(木村拓哉)を距離を縮めてきている。笠松先生は「あの人どこかで見たことがある・・・」と言っていた。そして章は息子・瞬に自分がある男から狙われていることを写真をみせて注意をするよう伝える。

カレー食堂の華絵から警護を依頼される

島崎警備に商店街でカレー食堂を営む佐久間華絵(名取裕子)から“厄介な警護依頼”が舞い込んだ。この40年間、夫と二人三脚で店を切り盛りし、カレーを作り続けてきたという華絵。だが、懇意にしていた大家が亡くなった途端、相続した息子・玉井充(永沼伊久也)が大手に土地を売ったため、立ち退きを要求してきた。

裁判を起こされた上に、ガラの悪い連中に嫌がらせまで受け、追い詰められた夫は心筋梗塞の発作を起こして亡くなってしまった。

スポンサーリンク

謎の男・加藤一馬とどこで会ったか思い出した多佳子

 時を同じくして、章のかかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)の脳裏には、章を付け回す謎の男(中村織央)と以前、夫のお葬式の場で会ったときの記憶がよみがえった!

章の自宅にいき「夫の葬儀にきていた」と伝える。章の身を心配し、男の正体を調べようと伝えるが、章に断られる。。。。

カレー店主の立てこもりに付き合う章と高梨

充との交渉の場に立ち会い、夫が命を懸けて守ろうとした店とカレーを護ってほしい、と訴える華絵。だが、法律的には大家側に理があり、下手に介入すれば、章たちも法律違反に問われてしまう。

 そんな中、立ち退きの断行日がやって来た。充は立ち退きのために強引な手段に出るが、華絵は諦めず、籠城を開始した。華絵の依頼で、章と高梨も立てこもりに付き合う。

そこに近所からクレームがきたとパトカーと、マスコミがきてネットに投稿される。マスコミの記事をみて同情的な見方をする人もいるが、いつ逆に転じるかわからない。

店内を見渡した章は、華絵がカレーやらっきょうの仕込みをしてないことに気づいた。この籠城をやることが目的で立ち退きするのは覚悟していたのではないか?章は尋ねると「そう、、知ってもらいたかった」

華絵はお店を引き渡すと降参

華絵は自分のお店だけを守るのではなく、商店街のみんなが日常を突然奪われて、この気持ちをせめて知ってもらいたくて籠城したと一生懸命、充を説得する。

しかし充に「立ち退きの訴訟中、杉原弁護士のところに行ったろ?立退料を高くとるためにどうすればいいか相談しただろう?この女はお金が目当てなんだよ!」といい、充達はお店の中を壊そうとし章、高梨は止めようとする。

華絵は「立退料をとろうとしたら旦那の顔に泥を塗るわ。お店引き渡します」

スポンサーリンク

華絵はカレーを作る日常を続けていく

「もうおしまい、ここまで頑張ったから主人も許してくれるわ」

何故急にあきらめるのか?章は、「場所がどこでも食べる人は誰でも、カレーを作る日常は続けられます」と伝える。

華絵は章と高梨にカレーをごちそうする。章は25年間任務中は食事したことがありませんと断るが。。高梨に「任務終了」を合図に章もカレーを食べる。

2人「うまいです」

「1か月ぶりにまじめにカレーを作って頑張ろうという気持ちになったわ。私の日常を護ってくれてありがとう」

桑田総裁特別補佐の記者懇親会を警護するKICKS

一方、総裁特別補佐に就任した桑田宗司(小木茂光)の記者懇親会を自宅で行う。その警護を行うことになった菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)は、会場に紛れ込んでいる謎の男(加藤一馬)を発見した。 20周年の後援会で桑田を襲おうとした男だと劉社長に伝える菅沼。あの男は一体だれなのか聞くが劉社長は答えない。

桑田は加藤を別部屋に連れていく。

しばらくして物音が。。。桑田が襲われる。そして

「劉社長に桑田を消せって頼まれている」と伝え、加藤は逃げた。

菅沼はそれを警察に伝える。警察は劉社長を任意同行しようとしたが、劉社長は逃げてしまった。

沢口は章にそのことを伝える。

劉社長が章に身辺警護を依頼する・・・

章は多佳子がいる病院へ

「言うべきことは言えるときに言いに来た。」

止められたのに勝手に調べた。加藤一馬は警察官だった。警護課にいて3年前に不祥事で退職していた。

「このことは忘れてください」と章は多佳子に伝えると、、、

「その代わり、約束して、命を始末にしないで、あなたは不死身じゃない」

 

劉社長は章にボディガードを依頼する。桑田は警視庁とつながっている。自分は日本を脱出したい、その身辺警護を依頼したい。きみはどんな依頼人でも守るボディガードだから。

23時に北の丸公園に待ち合わせする。

高梨は章に「劉社長を護るなら、自分はここを辞めます」と伝えるが、章が劉社長を護ると察知し、事務所を出ていってしまう。

章が待ち合わせした公園に行くと、警察に包囲されてしまう章!!!!

スポンサーリンク

BG~身辺警護人・相関図・キャスト紹介

公式が発表した相関図です。

 

島崎章(しまざき・あきら):木村拓哉

卓越したスキルを持つ私設ボディーガード。警護ミスでサッカー選手・河野純也から選手生命を奪ってしまい、長らく身辺警護業務から退いていたが、「日ノ出警備保障」の身辺警護課に異動となり、“新人”ボディーガードとして復帰した。「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「KICKS(キックス)ガード」となった後も身辺警護課で働き、利益優先で依頼主を政財界のVIPに限定する経営方針に甘んじていたが、もう一度「弱き者の盾になる」という使命を貫くため「KICKSガード」を退社。フリーとして再出発する。私生活では離婚し、さらなる反抗期を迎えた一人息子・瞬と二人暮らし。接し方に四苦八苦している。

 

高梨雅也(たかなし・まさや):斎藤工

元自衛隊員のボディーガード。「日ノ出警備保障」に続き、「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課でも章と共に働いていた。章が「KICKSガード」を辞めた本当の理由を知るために、章を訪ねたことがきっかけで、ある依頼人を一緒に警護することに。相変わらずぶっきらぼうで融通の利かない性格だが、ボディーガードという職には熱い使命感を持っている。「KICKSガード」の菅沼まゆとは現在、恋人関係だが…!?

 

小俣健三(おまた・けんぞう):勝村政信

「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長。警視庁・警護課出身。亡くなった村田五郎の後任として、身辺警護課長に就任した。身辺警護に対する姿勢は村田と180度違い、ハートで護るよりも、組織の強さで護るという考えの持ち主。社長・劉光明の経営方針に追従し、独立した章たちのことも徹底的に敵視する。

 

菅沼まゆ(すがぬま・まゆ):菜々緒

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。かつては将来を有望視される柔道選手として活躍し、運動神経は抜群。ボディーガードの仕事はお金のため、と割り切っている。「KICKSガード」の方針にも心から同意しているわけではないが、気持ちを切り替えて従っている。やがてその働きぶりが社長・劉光明の目に留まり…!?

 

沢口正太郎(さわぐち・せいたろう):間宮祥太朗

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。物事をあまり深く考えず、ノリが軽い。かつてはド新人だったが、今は一人前のボディーガードに成長。章が「KICKSガード」を辞めたことには衝撃を受けるが、最終的には「KICKSガード」に残ることを選択する。仕事を紹介したり、依頼主の情報を伝えたりするなど、会社に内緒で協力する。

 

スポンサーリンク

BG~身辺警護人・第6話感想

多佳子と章が2人で屋上で話しているシーンがあって多佳子が「島崎さんも私も過去があるからここにいるんだもん。」とお互いが離婚者だけど、これからを大事にしようとする、とてもムードがよくてドキドキしてしまいました。腕でも組むのかな?って思ったけど、、、それはお預けでした。。でも2人とも相思相愛っぽいですね。

次週が最終回です。7話で前回にくらべると3話も短くてとても名残惜しいですが、でも今日の6話まで予想以上の満足度が高いドラマでした。木村拓哉さんの演技は素晴らしいと思いました。最終回まできっちりみさせてもらいます!!

最終回のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました