【BG2~身辺警護人・第3話ネタバレ・感想】クライアントは詐欺投資家

BG

2020年7月2日夜9時放送の第2話のあらすじネタバレを追加します。

KICKSや大手警備会社が断るボディガードを章と高梨は請け負います。有名とか肩書に関係なく弱いもののために一度護ると決めたら護るだけだ!と章は高梨に伝えるのですが、それが本当かっこよかったな~。こういう人と一緒に仕事してみたいものです。

第2話のあらすじとネタバレはこちらになります。

スポンサーリンク

BG~身辺警護人・第3話あらすじ

島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。詐欺で儲けた金を政治家にバラまいた疑惑まである“悪党”だった。

実は道岡は、逮捕されるが不起訴で釈放。その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつくため急に上層部が尻込みした。

章と高梨は道岡のボディガードにつく

執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。

実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言する。

スポンサーリンク

手術直前、多佳子が襲われる

そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届く。道岡が入院していることがバレてしまった。

道岡に鈴木と名乗る男が面会にくる。脇永議員の暴犬だった。先生はあなたのことは一切知らない」と忠告する。

しかし手術直前、多佳子が何者かに襲われてしまう。間一髪のところで島崎が助ける。

アキレス腱再建手術が始まる。

道岡のリハビリがはじまる

 

防犯カメラには誰も映ってない。手術は無事に終了する。これからリハビリに入る。秘書の小暮が道岡に邪見にされているため先生を襲ったのは小暮ではないか疑う高梨。

道岡は小暮に「辞めろ!ポンコツ、俺が最もほしいものをここに持ってこい。秘書ならわかれ!」章は小暮に話を聞く。11年前人間関係に悩んでいたころ、道岡のセミナーに行きこの人についていきたいと思った。自分は後悔してない。

道岡は警察に自首する

リハビリ担当の湯川の姉は詐欺で自殺していた。掃除のおばさんは吉村和也の母親だった。2人とも道岡に騙されて死亡した被害者の遺族だった。

道岡は自分は殺されようと敢えて前にでた。秘書の小暮は「誰かに止めてほしいんです。社長が一番ほしいものを持ってきた。詐欺事件の証拠だった。脇永先生の関与もわかる証拠だった。」

章に「最後の任務だ、警察まで送ってくれ」と伝える道岡

今回の警備は、「52時間で52万円になります。」

道岡は「罪を償ったあとの出世払いでいいか?必ず払う。ありがとうな、俺の野心を守ってくれて」

章の周りに第1話ででてきたボーイがつきまとまっている。劉の仕業だと章は疑うが、

劉に「あなたの大好きなボディガードをずっと続けられるといいですね」宣誓布告される。

スポンサーリンク

BG~身辺警護人・相関図・キャスト紹介

公式が発表した相関図です。

 

島崎章(しまざき・あきら):木村拓哉

卓越したスキルを持つ私設ボディーガード。警護ミスでサッカー選手・河野純也から選手生命を奪ってしまい、長らく身辺警護業務から退いていたが、「日ノ出警備保障」の身辺警護課に異動となり、“新人”ボディーガードとして復帰した。「日ノ出警備保障」がIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「KICKS(キックス)ガード」となった後も身辺警護課で働き、利益優先で依頼主を政財界のVIPに限定する経営方針に甘んじていたが、もう一度「弱き者の盾になる」という使命を貫くため「KICKSガード」を退社。フリーとして再出発する。私生活では離婚し、さらなる反抗期を迎えた一人息子・瞬と二人暮らし。接し方に四苦八苦している。

 

高梨雅也(たかなし・まさや):斎藤工

元自衛隊員のボディーガード。「日ノ出警備保障」に続き、「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課でも章と共に働いていた。章が「KICKSガード」を辞めた本当の理由を知るために、章を訪ねたことがきっかけで、ある依頼人を一緒に警護することに。相変わらずぶっきらぼうで融通の利かない性格だが、ボディーガードという職には熱い使命感を持っている。「KICKSガード」の菅沼まゆとは現在、恋人関係だが…!?

 

小俣健三(おまた・けんぞう):勝村政信

「KICKS(キックス)ガード」の身辺警護課長。警視庁・警護課出身。亡くなった村田五郎の後任として、身辺警護課長に就任した。身辺警護に対する姿勢は村田と180度違い、ハートで護るよりも、組織の強さで護るという考えの持ち主。社長・劉光明の経営方針に追従し、独立した章たちのことも徹底的に敵視する。

 

菅沼まゆ(すがぬま・まゆ):菜々緒

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。かつては将来を有望視される柔道選手として活躍し、運動神経は抜群。ボディーガードの仕事はお金のため、と割り切っている。「KICKSガード」の方針にも心から同意しているわけではないが、気持ちを切り替えて従っている。やがてその働きぶりが社長・劉光明の目に留まり…!?

 

沢口正太郎(さわぐち・せいたろう):間宮祥太朗

「KICKS(キックス)ガード」身辺警護課のボディーガード。「日ノ出警備保障」でも章と共に働いていた。物事をあまり深く考えず、ノリが軽い。かつてはド新人だったが、今は一人前のボディーガードに成長。章が「KICKSガード」を辞めたことには衝撃を受けるが、最終的には「KICKSガード」に残ることを選択する。仕事を紹介したり、依頼主の情報を伝えたりするなど、会社に内緒で協力する。

 

スポンサーリンク

BG~身辺警護人・第3話感想

いつも章の治療をしている笠松先生の依頼で悪徳詐欺師のボディガードをする章と高梨でしたが、狙っている人が病院内に2人もいましたが、無事に護りきりました。護ったのと同時に悪徳詐欺師であってもその人の安全とともに尊厳をも護りぬくのが章ですね。

ベタな感想しかないのですが、”かっこよすぎる”、2020年、2クールやってほしいです。

次回第4話のあらすじはこちらになります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました