【ネタバレ】監察医朝顔2第8話~長野県警に異動となった桑原は単身赴任

監察医朝顔

2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生きた証”を見つけ生きている人たちの心まで救っていきます。同時に、母が東日本大震災で被災し、今なお行方が分からないという、悲しみを抱えている朝顔が、刑事の桑原真也(くわはら・しんや/風間俊介)との結婚し娘のつぐみ(加藤柚凪)の誕生を経て、家族とともに少しずつ悲しみを乗り越えていくヒューマンドラマです。

この記事は、2020年12月21日放送の第8話のあらすじとネタバレになります。

前回第7話のあらすじネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】監察医朝顔2第7話~真犯人逮捕!桑原は大きな代償が!!
2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生き...

監察医朝顔は前シーズンもふくめてFODですべての回をみることができます。少し前に再放送してましたがもし見逃したかたは是非FODで!!私も2週間の無料期間をつかって見ました!そしてすぐに解約しました(笑)また見たいときは入りたいと思います。

FODプレミアム

監察医朝顔2第8話ネタバレ

30年前に小学6年生の女の子(栞里)が殺害されバラバラにされ埋められた事件があった。今回の解剖は栞里の父親・忠だった。忠の腕には爪痕、また右手は骨折していたことから亡くなる前に誰かと争ったのではないか?そんな矢先バラバラの遺体が発見される。ご遺体は、栞里を殺害した仲井戸だった。忠が殺害をして埋めていた。仲井戸はまた小学生の女の子に声かけようとしており栞里のことを覚えてなかったことに怒りが抑えきれなかった。

一方、仙台にいる平、浩之は入院しており、浩之が通っていた小料理屋の美幸でたびたびご飯を食べる。美幸は里子(朝顔の母)と中学、高校の同級生だった。小料理屋内には公衆電話があり、テレカをいれて「里子ちゃん・・・・」と話しかける美幸がいた。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

監察医朝顔2第8話あらすじ

朝顔(上野樹里)が所属する興雲大学法医学教室に、新しいアルバイト学生として、医学科3年の牛島翔真(望月歩)が加わった。藤堂(板尾創路)や高橋(中尾明慶)は、また辞められたら困る、という理由から、何かと牛島に気を遣っていた。

 一方、長野県警への異動を命じられた桑原(風間俊介)は、非番だった姉の忍(ともさかりえ)に手伝ってもらい、これからひとり暮らしをするマンションで荷解きをしていた。朝顔と結婚し、万木家で暮らすことになったときの思い出に浸る桑原。忍は、そんな桑原に対し、「不倫するなよ」と忠告をする。

桑原は、交番勤務に決まった。ほとぼりが冷めるまでの研修とされていたが、果たしていつ戻れるのか・・・。

スポンサーリンク

60歳男性の自殺者は茶子の知り合い!?

 そんな折、法医学教室に解剖の依頼が入る。海岸の岩場に倒れているところを釣り人が発見した、60代後半と思われる男性の遺体だった。崖の上に男性のものと思われる靴がそろえてあったことから、自殺の可能性が高かったが、身元がわかるようなものはなかったという。

 解剖を手がけた朝顔は、死因は頭蓋骨陥没による失血死と判断するが、遺体の手と爪に褐色森林土と石灰が付着していたことや、全身を骨折している中で右手の中手骨が折れていることが気になっていた。何かを殴って折れた可能性も考えられたからだった。朝顔は、男性のワイシャツに付着していた血に、相手の血が混じっているかもしれない、と検視官の伊東(三宅弘城)に告げる。

ほどなく、教授会を終えた茶子(山口智子)が法医学教室に戻ってきた。が、朝顔から手渡された遺体の資料に目をやると、一瞬表情を変える茶子。それに気づいた朝顔は、死亡した男性のことを知っているのではないかと茶子に尋ねた。そこで茶子は、30年前に起きたある事件のことを話し始める。

30年前と今回の事件の共通点は石灰

30年前、6歳の女の子(浅野栞里)が殺害され茶子が解剖した。その女の子の父親(浅野正)が今回解剖した男性だった。遺体には匂いを消すために石灰がかけられていた。

犯人の名前になぞり、”仲井戸修事件”と呼ばれていた。女の子は誘拐されてから遺体をバラバラにされ、栞里の右手だけがどうしても見つからなかった。

そんな最中、また身元不明の新たな解剖が入った。体の一部だけ、石灰が付着していた。その遺体から少し離れた場所に上腕骨の左腕が発見された。その腕には皮膚片があった。

 

当時の捜査資料から30年前の事件で捜査担当していたのは万木平だった。朝顔は平に当時気づいたことがないか確認する。「土が白かった・・・・」そしてそこから遺体の一部が次々とみつかった。朝顔は鑑識に伝えることにした。

スポンサーリンク

浅野忠は娘を殺害した犯人に復讐していた

浅野忠は遺書を残しており、テレビで公開された。仲井戸はまた同じ罪を繰り返そうとしており、栞里の父親だと言っても名前すら憶えてなかった。怒りが湧きあがり、力があるかぎり殴り、遺体をバラバラにした。右手は絶対に見つからないところに隠した。警察はどうして栞里の右手を探すのをやめたのですか?なぜマスコミも栞里を忘れたのですか?悲しい訴えだった。

浅野忠の息子が、亡くなったとき栞里が天国で気づくように黒髪にしたいと言っていた。茶子と朝顔は黒く染めてあげる。。。。しかし息子もまた来月結婚を控えているが、破談になるだろう、、、父親は事件を起こすときに自分のことを考えてくれたのだろうか。。

 

一方、仙台にいる平

浩之は病院に入院していた。平は宮里沼で里子を探す。

小料理屋の美幸は、里子の中学と高校の同級生だった。

美幸は料理店にある公衆電話にカードをいれて、「里子ちゃん・・・・・」

スポンサーリンク

監察医朝顔2の相関図とキャスト紹介

 

  • 万木朝顔・・・・上野樹里

  • 万木平・・・・時任三郎

  • 桑原真也・・・風間俊介

  • 安岡光子・・・志田未来

  • 高橋涼介・・・中尾明慶

  • 森本琢磨・・・森本慎太郎(SixTONES)

  • 沖田宗徳・・・藤原季節

  • 岡島浩司・・・斉藤陽一郎

  • 愛川江梨花・・・坂ノ上茜

  • 熊田祥太・・・田川隼嗣

  • 渡辺英子・・・宮本茉由

  • 富澤・・・辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)

  • 桑原つぐみ・・・加藤柚凪

  • 山倉伸彦・・・戸次重幸

  • 藤堂絵美・・・平岩紙

  • 伊東純・・・三宅弘城

  • 丸屋大作・・・杉本哲太

  • 藤堂雅史・・・板尾創路

  • 夏目茶子・・・山口智子

  • 嶋田浩之・・・柄本明

監察医朝顔2第8話感想

久しぶりにテレカをみました(笑)昔はあのカードたくさん持っていたな。。。。

だけど美幸が「里子ちゃん・・・」と声かけるところは、電話の向こうにまさしく、里子がいるじゃないか?って思ってしまいました。生きていたら平と朝顔に連絡しないなんてことはないだろうし。。。。美幸が寂しいときあのように電話して、里子を身近に感じて寂しさを紛らわしていたんだと思いますが。。。来週何かわかるような気がします。

さて桑原君は交番勤務になってましたが、6.7話は桑原君中心だったので、ちょっとお休みですかね。引越して単身赴任でさみしいだろうな。だけど朝顔もワンオペで大変に違いない。。。すぐにまた戻ってこれるといいのですが。。

さて次回第9話は2時間の拡大バージョンです。年始もスペシャルがありますし、新作の2時間ドラマは見応えたっぷりで楽しみです。

【ネタバレ】監察医朝顔2第9話~平がまさかの認知症に!?
2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生き...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました