【ネタバレ】監察医朝顔2の2話~14歳の野球少年の死因は・・・

監察医朝顔

2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生きた証”を見つけ生きている人たちの心まで救っていきます。同時に、母が東日本大震災で被災し、今なお行方が分からないという、悲しみを抱えている朝顔が、刑事の桑原真也(くわはら・しんや/風間俊介)との結婚し娘のつぐみ(加藤柚凪)の誕生を経て、家族とともに少しずつ悲しみを乗り越えていくヒューマンドラマです。

この記事は、第2話のあらすじとネタバレになります。

監察医朝顔は前シーズンもふくめてFODですべての回をみることができます。少し前に再放送してましたがもし見逃したかたは是非FODで!!私も2週間の無料期間をつかって見ました!そしてすぐに解約しました(笑)また見たいときは入りたいと思います。

FODプレミアム

スポンサーリンク

監察医朝顔2の2話ネタバレ

14歳の少年野球をやる双子の兄弟のうち、1人が亡くなってしまう。みぞおちに内出血があり金網に引っかかったボールをとろうとして落下し金属バットにぶつかってみぞおちをうって死亡したかと思われたが、実は電線に捕まってこちによる感電死だった。双子の兄はエース、弟は補欠で、その日は父親を喜ばせようとユニフォームを交換し兄が弟の代わりにいいところを父親に見せようとしていた。一方朝顔は父親の机にある転出届を見てしまう。仙の浦のおじいちゃんは里子(朝顔の母親)のハンカチに包んだ歯をじっとみていた。これは里子の歯なのか?次回につづきます。

詳しいストーリーはあらすじ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

監察医朝顔2の2話あらすじ

休日だった朝顔(上野樹里)は、興雲大学法医学教室からの電話で目を覚ます。朝顔が1階へ降りると、すでに平(時任三郎)が支度を終えていた。ただちに現場に向かう平。

被害者は、14歳の矢野諒(池田優斗)で、死亡推定時刻は午前5時から6時ころ。午前7時ころ、散歩中だった近隣住民が発見し通報したという。遺体のみぞおち付近には、大きな皮下出血があった。また、諒は野球のユニフォーム姿で、遺体の横にはグローブがあり、ボールが金網の上部に挟まっていた。

 一方、桑原(風間俊介)は、朝顔に代わって娘のつぐみ(加藤柚凪)の面倒を見ることになった。しかし、朝顔と遊ぶ約束をしていたつぐみはご機嫌斜めで……。

スポンサーリンク

殴られたのか事故なのか判別がつかない

朝顔は、藤堂(板尾創路)らとともに諒の解剖を行う。諒は、みぞおち付近の内出血以外、目立った外傷はなかった。解剖後のミーティングで、藤堂は、諒がみぞおち付近に強い衝撃を受けて心臓震盪を起こし、心停止に至った可能性を検視官の丸屋(杉本哲太)や、強行犯係長の山倉(戸次重幸)らに伝えた。

捜査の方向性を決めるために、殴られたかどうかだけでも断定してほしい、と強く主張する丸屋と、この段階では難しいとする朝顔たちとの議論がヒートアップする中、思わぬ知らせが入る。

連絡を受けて駆けつけようとしていた諒の父親が、階段から落ちて意識不明状態になってしまったというのだ。諒には母親がいなかったため、身元の確認には祖母の咲江(柳谷ユカ)と、諒の双子の兄・一馬が法医室にくるが、一馬は弟の顔をみたなかった。

一馬が自首してくる

野球部に入っていた一馬と諒だが、諒は出来が悪く、野球部の監督からよく怒られていた。

みぞおちを金属バットで叩かれた可能性がある。

意識不明の父親は、事件当日夜勤ではなく夜11時に帰社していた。家に戻ってきたのは朝7時、空白の6時間何をやっていたのか?

現時点で容疑者が2名、父親と少年野球の監督だった。しかし監督はその時間アリバイがあった。

朝顔は、あの遺体は諒で間違えないか?一馬ではないのか?双子を見分けるのは医学的に行うは非常に難しい現実があった。

そんな矢先、一馬が自分が諒を殺したと金属バットともに自首してきた。

スポンサーリンク

亡くなったのは一馬だった

諒が金網に引っかかったボールを取ろうとしたとき、一馬が金網を揺らし、下に転がってた金属バットの上におちてみぞおちを打ったと自供した。諒の手のひらに塩化ビニールが挟まっていた。現場を再現して実験したところ朝顔は何が起こったのか分かった。

朝顔は一馬に説明をする。

君は一馬君ではなく、弟の諒君だよね?亡くなったのは一馬じゃない?

諒は、お父さんを喜ばせたくて2人は名前が入ったユニフォームを交換し、キャッチボールをしていた。金網に引っかかったボールを拾おうとしてよじ登った一馬は、電線に触って感電し、地面におちて金属バットでみぞおちをうってしまった。しかし死因は感電し即死だった。

父親は意識を取り戻し、諒と再会した。父親は配送会社の帰り、警備のアルバイトしていた。

おじいちゃんが里子の歯を持っている?

朝顔はつぐみに東日本大震災でおばあちゃんが行方不明になっていることを話す。

朝顔は仙の浦へ

おじいちゃんに、父さんがこっちにきて住むと思うと告げる。

おじいちゃんは仏壇の下にハンカチに包んで大事にしまっていたのは、歯だった。母のか?

家に帰るとなんと係長が。。。。

スポンサーリンク

監察医朝顔2の相関図とキャスト紹介

 

  • 万木朝顔・・・・上野樹里

  • 万木平・・・・時任三郎

  • 桑原真也・・・風間俊介

  • 安岡光子・・・志田未来

  • 高橋涼介・・・中尾明慶

  • 森本琢磨・・・森本慎太郎(SixTONES)

  • 沖田宗徳・・・藤原季節

  • 岡島浩司・・・斉藤陽一郎

  • 愛川江梨花・・・坂ノ上茜

  • 熊田祥太・・・田川隼嗣

  • 渡辺英子・・・宮本茉由

  • 富澤・・・辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)

  • 桑原つぐみ・・・加藤柚凪

  • 山倉伸彦・・・戸次重幸

  • 藤堂絵美・・・平岩紙

  • 伊東純・・・三宅弘城

  • 丸屋大作・・・杉本哲太

  • 藤堂雅史・・・板尾創路

  • 夏目茶子・・・山口智子

  • 嶋田浩之・・・柄本明

監察医朝顔2・第2話感想

おじいちゃんが持っていた『歯』朝顔の母、里子のでしょうか?それともつぐみと同じく幼い頃の乳歯??だいぶ、歯の大きさは大きかったと思うのですが。。もし里子のであればもう亡くなってしまっていることになるかな。

やっぱり平は母親の傍に引っ越そうとしているのが分かりました。それは前回シリーズで平が朝顔に宣言していたことです。

今回の事件、双子の兄弟のうち1人が自分と遊んでいて亡くなってしまうのは、一生引きつりますよね。。かわいそうな事件でした。

次回、2020年11月16日放送の第3話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】監察医朝顔2第3話~ミイラ化した遺体は何故タキシードを!?
2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生き...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました