【ネタバレ】監察医朝顔第10話~光子が初めての執刀で大変な失敗が!!

監察医朝顔

2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生きた証”を見つけ生きている人たちの心まで救っていきます。同時に、母が東日本大震災で被災し、今なお行方が分からないという悲しみ、悲しみを抱えている朝顔が、刑事の桑原真也(くわはら・しんや/風間俊介)との結婚し娘のつぐみ(加藤柚凪)の誕生を経て、家族とともに少しずつを乗り越えていくヒューマンドラマです。

この記事は、2021年1月18日第10話のあらすじとネタバレになります。

前回第9話のあらすじネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】監察医朝顔2第9話~平がまさかの認知症に!?
2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(まき・たいら/時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、遺体から見つけ出された“生き...

監察医朝顔は前シーズンもふくめてFODですべての回をみることができます。少し前に再放送してましたがもし見逃したかたは是非FODで!!私も2週間の無料期間をつかって見ました!そしてすぐに解約しました(笑)また見たいときは入りたいと思います。

FODプレミアム

監察医朝顔2第10話・ネタバレ

清掃場所から落下して亡くなったご遺体が興雲大学に運ばれてくる。朝顔は光子に初めての執刀をさせる。しかし前日からの徹夜作業で光子は気を一瞬失ったときに、解剖していたメスで自分の指を傷つけてしまった。最悪な事態がおきる。解剖したご遺体は『狂犬病』の感染症に感染していた。発症したら100%治らない。

光子は1か月の間に3回の検査で陰性となり、狂犬病に発生してなかった。無事に現場に復帰する。

平は物忘れが多くなっていた。朝顔は美雪にそのような症状がでてないか確認するが思い当たらないと言われる。しかし美雪も平の物忘れが多いのは気づいていた。

スポンサーリンク

監察医朝顔2第10話・あらすじ

平が電話をきるときに、朝顔と聡子を言い間違えたことで、朝顔は不安になり、真也は平に電話し、特に問題がなかったから言い間違えじゃないか?と朝顔を安心させようとするが・・・・心配でならない。

朝顔(上野樹里)たちのもとへ、緊急で2体の焼死体の解剖依頼が入る。朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)が通う保育園に延長保育を頼むと、光子(志田未来)や絵美(平岩紙)たちと手分けして解剖を行った。光子たちの好意で先に法医学教室を後にした朝顔は、つぐみを迎えに行き、帰宅する。

と、そこに美幸(大竹しのぶ)から宅配荷物が届く。その中には、まんじゅうや干物などの仙ノ浦土産のほかに、母・里子(石田ひかり)が合唱部時代に使っていたというピアノ譜も入っていた。美幸によれば、仕入れの手伝いをしてくれている平(時任三郎)が金を受け取らないので、そのお礼代わりということらしい。

初めての執刀で光子がメスで自分の指を傷つける

あくる日、朝顔が出勤すると、光子や高橋(中尾明慶)、藤堂(板尾創路)がいた。朝まで作業をしていたのだという。そこに、興雲大学の西門で移動販売をしているベーカリーショップ『ホワイトベーカリー』のアルバイト店員・北村愛菜(矢作穂香)がチラシを持ってやってくる。すると、突然落ち着き気がなくなる高橋。実は高橋は、ホワイトベーカリーの常連で、新商品が出ればいつも買っているらしい。

そんな中、朝顔たちのもとに、男性の遺体が運ばれてくる。男は清掃員で、配管のメンテナンス中にビル屋上から転落したとのことだったが、雨で滑ったのか、安全ベルトを自ら外したという目撃情報が上がるなど、どこか奇妙だった。

他の案件で立て込んでいたこともあり、解剖は朝顔のサポート下で、光子が初めて執刀を行うことになった。ところがその執刀中、光子は誤ってメスで自身の指を傷つけてしまう。睡眠不足が原因だった。

しかし大変なことがわかった!解剖した清掃員(坂口)はウィルス性の感染症だった。光子は、解剖中のメスで自分の指を傷つけてしまったのだ。。

スポンサーリンク

光子は狂犬病の感染症の疑いが・・・

朝顔はみんなに報告し、大至急、光子の感染症検査を行う。

そこに亡くなった清掃員の妻が大学にきて朝顔が対応する。お腹には赤ちゃんがいる。

会社の同僚の聞き取りをすると感染症次第では荼毘になるまで会えないかもしれない。

つぐみは保育園で翼君と喧嘩してしまい大泣きしてしまう。「保育園も先生もママも大嫌い!!」光子のことがインターネットでニュースになってしまい、ママも自分も病気だと翼にいじめられたのがショックだった。朝顔は何も知らずに怒ってしまったことをショックを受ける。

光子の検査結果がでた。「狂犬病」発症したら100%助からない病気だった。すぐにワクチンを打ったが・・・・。

真也は朝顔から電話で聞いて、すぐに朝顔の元へ向かった。

光子はすべての検査で陰性

真也が自宅に戻ってくる。

やはり清掃員の坂口は狂犬病に感染していた。絵美先生が、光子に伝える。これから合計3回の検査を受けて陰性だったら大丈夫と言われるが、、、

光子は笑いながらも動揺を隠せない・・・。朝顔は自分達の前で無理しないで。

「なんで私が、、、遺体の死因を調べているだけなのに。法医として失格ですよね」自分を責めて泣いてしまう光子

そして光子は、最後に亡くなった坂口が妻と対面できるよう死体にを綺麗にし、ビニールをかけ触れるようにしてあげた。

そして光子の3回目の検査結果がでる。

「陰性」だった。光子は感染してなかった。

 id=5]平は物忘れが多くなっていた

朝顔は美雪に父親が物忘れが多くないか?人の名前を間違えないか?聞くが、全然思い当たらないと言われる。

しかし実際はキーケースを忘れることが多かった。平自身も自分の物忘れの多さに気づいているようだった。

 

スポンサーリンク

監察医朝顔2の相関図とキャスト紹介

 

  • 万木朝顔・・・・上野樹里

  • 万木平・・・・時任三郎

  • 桑原真也・・・風間俊介

  • 安岡光子・・・志田未来

  • 高橋涼介・・・中尾明慶

  • 森本琢磨・・・森本慎太郎(SixTONES)

  • 沖田宗徳・・・藤原季節

  • 岡島浩司・・・斉藤陽一郎

  • 愛川江梨花・・・坂ノ上茜

  • 熊田祥太・・・田川隼嗣

  • 渡辺英子・・・宮本茉由

  • 富澤・・・辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)

  • 桑原つぐみ・・・加藤柚凪

  • 山倉伸彦・・・戸次重幸

  • 藤堂絵美・・・平岩紙

  • 伊東純・・・三宅弘城

  • 丸屋大作・・・杉本哲太

  • 藤堂雅史・・・板尾創路

  • 夏目茶子・・・山口智子

  • 嶋田浩之・・・柄本明

監察医朝顔2第10話・感想

光子さんが感染症にかかってなくてよかった。でも感染症は怖いですね。今回は狂犬病でしたが、実際コロナもドラマにあったような対応になると理解しています。

つぐみちゃんがあんな小さいのにたくさんのセリフを言っていて、それもびっくりでしたが、幼稚園で感染症のことでいじめられて、胸が痛くなりますね。まさに今の世相を表しています。差別はあってはいけないけど、人の価値観は、他人が如何こう出来ないですもんね。

桑原君がつぐみに「一生懸命頑張っている人を応援しよう」と寄り添うのですが、私もそうありたいと思いました。

朝顔には苦難がたくさん襲ってきてます。平の認知症の疑いもあるし、桑原君は長野に単身赴任でつぐみを1人で育てないといけないですし。。。本当大変です。

次回、第11話のあらすじはこちらになります。また桑原君がトンネルに閉じ込められてしまう!?朝顔が心配です。

【ネタバレ】監察医朝顔第11話~桑原がトンネルに閉じ込められた!?
この記事は、2021年1月25日第11話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、2020年11月2日からスタートしました『監察医朝顔2』は、主人公の法医学者・万木朝顔(まき・あさがお/上野樹里)と、彼女の父でベテラン刑事の万木平(...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました