【ネタバレ】青のスクールポリス最終回~1年前の事件の真実とは!?

青のSP

2021年3月16日(火)『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平』最終回のあらすじとネタバレになります。

視聴率の推移はこのようになってます。(%)

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
8.9 8.3 8.0 8.5 7.9 8.5 8.7 8.7
第9話 第10話            
8.6 9.6            

学校内外で起きる事件解決を目指し公立中学が試験的導入を決めた学校内警察(スクールポリス)。そこにやってきたのが、自ら志願した捜査一課の刑事・嶋田隆平(藤原竜也)で、高い洞察力で次々と問題をあぶりだし生徒を逮捕していく。しかし何故、隆平はスクールポリスを志願したのか?その謎も追っていくドラマです。

第9話のあらすじ、ネタバレはこちらです。

【ネタバレ】青のスクールポリス第9話~木嶋が逮捕され岡部の身に異変が!?
2021年3月9日(火)『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平』第9話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%) 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7...

見逃された方はFODまたはU-NEXTで視聴することが可能です。無料期間がありますので是非ご覧ください。

FODプレミアム U-NEXT

スポンサーリンク

青のスクールポリス最終回ねたばれ

木島(高橋克実)が岡部(遠藤雄弥)に撃たれた。一方で、普段はまったく接点がない美月(米倉れいあ)と香澄(鈴木梨央)が、そろって同じ高校への進学を希望していることを知った隆平は、1年前の事件について、2人は岡部を嵌めたのではないかと仮説を立てる。
岡部はまた通行人を銃撃し、赤嶺中の警察の強化が強まったが、すでに岡部は学校に潜入していた。
1年前、岡部が暴行未遂事件のあと、美月に420万円もの大金を払っていた。岡部は美術部の活動中、美月の身体に触っていた。香澄に相談し、2人は計画的に岡部がまた襲うように仕向けた。そして美月は母親に420万円の慰謝料を要求させた。その金額は美月が行きたい大学の4年間の授業料だった。
 
岡部は三枝を撃ち、そして涼子のクラスに現れ美月と香澄に襲いかかろうとするが隆平が止めに入る。隆平は胸に銃撃を受けながら岡部を逮捕した。
 
涼子は「警察が必要ない学校にしていきます」
 
赤嶺中からスクールポリスはなくなった。
 
三枝は無事に退院し、嶋田は地方の交番勤務になっていた。
 
詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。
 

スポンサーリンク

青のスクールポリス最終回あらすじ

木島(高橋克実)が岡部(遠藤雄弥)に撃たれた。1年前の事件が表沙汰になったことですべてを失った岡部が、木島を逆恨みして犯行に及んだものと思われたが、隆平(藤原竜也)は、本来なら事件の真相を暴いた自分こそが狙われるはずなのに、何かおかしいと違和感を覚える。目撃者の情報では阿部が木嶋に「約束と違う」と詰め寄っていたそうだ。
 
一方で、普段はまったく接点がない美月(米倉れいあ)と香澄(鈴木梨央)が、そろって同じ高校への進学を希望していることを知った隆平は、1年前の事件について、ある仮説にたどり着く。2人は岡部を嵌めたのではないか?
教室に仕掛けた盗聴器から香澄の父親が東京都の教育長だと知る隆平
 
岡部が美月の家の近くに現れた。通報され無事だったが、あきらかに何かを隠している。岡部はまた通行人を銃撃し、赤嶺中の警察の強化が強まった。岡部がいつ潜入するか分からない。
 

スポンサーリンク

美月と香澄の秘密

岡部は美月に420万円もの大金を払っていた。岡部は美術部の活動中、美月の身体に触っていた。香澄に相談し、2人は計画的に岡部がまた襲うように仕向けた。そして美月は母親に420万円の慰謝料を要求させた。その金額は美月が行きたい大学の4年間の授業料だった。
 
隆平は、お前達2人のせいで岡部の人生が狂った、そして香里も死なずにすんだ。香里は父親の力で裏口入学したが、教育実習で、生徒と出会い、自分がしていることを恥ずかしいと思い、自分の力で大学を入り直し、胸を張って教師になった。ずるして手に入れたものなんて価値がない。人は誰だって過ちを犯す。取返しのつかないことなんてない。「お前達はやり直せる。」香里が伝えたかった言葉だ。
 
しかし岡部はすでに学校に侵入しており、三枝が撃たれてしまった。そして涼子のクラスに現れ美月と香澄に襲いかかろうとするが隆平が止めに入る。

スクールポリスは必要か?

隆平は胸に銃撃を受けながら岡部を逮捕した。
 
(回想)て香里が隆平の元に・・・・「あの子たちに守る価値はあった?」
隆平は「十分だ・・・」香里「ありがとう、隆平」
 
涼子はマスコミに「警察が必要ない学校にしていきます」と訴える。
 
赤嶺中からスクールポリスはなくなった。
 
三枝は無事に退院した。
 
嶋田は地方の交番勤務になっていた。
 

スポンサーリンク

青スクールポリス相関図とキャスト

青のスクールポリス最終回感想

このドラマをみて、スクールポリスはこれから必要だなって思っていたのですが、最後に涼子がスクールポリスが必要ない学校にするべきだと言ってて確かに教育に良い訳ないですね。

隆平が岡部をやっつけるところは、見事でした。岡部の顔に警棒をヒットさせてましたが、でも隆平も銃弾を浴び、生きててよかった。。。一瞬、三枝が「あっちの世界はどうかな」って言っていてちょっと焦りましたが、交番勤務でホットしました。

このスクールポリスで嶋田がいじめやネグレクト、今の問題に対してストレートに切り込んでいて毎回スッキリしてました。

また青のスクールポリス2を期待してます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました