【ネタバレ】青のスクールポリス第7話~香里を死に追いやったのは涼子か?

青のSP

2021年2月23日(火)『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平』第7話のあらすじとネタバレになります。

視聴率の推移はこのようになってます。(%)

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
8.9 8.3 8.0 8.5 7.9 8.5 8.7  

学校内外で起きる事件解決を目指し公立中学が試験的導入を決めた学校内警察(スクールポリス)。そこにやってきたのが、自ら志願した捜査一課の刑事・嶋田隆平(藤原竜也)で、高い洞察力で次々と問題をあぶりだし生徒を逮捕していく。しかし何故、隆平はスクールポリスを志願したのか?その謎も追っていくドラマです。

第6話のあらすじ、ネタバレはこちらです。

【ネタバレ】青のスクールポリス第6話~隆平は教師のブラック職場をどう救う
2021年2月16日(火)『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平』第6話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%) 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第...

見逃された方はFODまたはU-NEXTで視聴することが可能です。無料期間がありますので是非ご覧ください。

FODプレミアム U-NEXT

スポンサーリンク

青のスクールポリス第7話ねたばれ

涼子は、最近欠席や遅刻が増えてきた深山敏春のことが気になっていた。敏春は母親が1か月前に出ていってしまい介護が必要な祖母と暮らしていたが、生活費がなく苦しい生活を送っていた。

隆平のヘルプでスクールポリスになった三枝は、8年前、敏春を保護したことがあった。その時も母親が男と出ていってしまい、1人でいたところを保護されていた。

隆平は敏春に当座の暮らしに2万円渡すが、そのお金も闇金にとられてしまいコンビニでパンを万引きすると店長に捕まってしまい追い払うと、店長は転倒し血を出して倒れてしまった。敏春は殺してしまったと思い、祖母をつれて自殺しようとするが、三枝、隆平、涼子が見つけて救出した。母親が家に戻る。

香里(明日海りお)と涼子(真木よう子)が美月(米倉れいあ)の暴行事件をめぐって口論していた音声テープが送られ、隆平は涼子を疑い過去を調べる、涼子は赤嶺中の前の中学校で女子生徒が自殺していた。それは涼子が追い詰めたからだった。しかし香里と言い争いしたのは、自分の二の舞になってほくなかったのが理由だった。隆平は涼子を信じる。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

青のスクールポリス第7話あらすじ

何者かの告発により、香里(明日海りお)と涼子(真木よう子)が美月(米倉れいあ)の暴行事件をめぐって口論していた事実をつかんだ隆平(藤原竜也)。
 
当時、臨時教員だった涼子が香里の死と同時に本採用になったことや、以前に勤めていた学校で一学期で依願退職しており、気になった隆平は、自ら調査に乗り出す。一方、三枝(山田裕貴)はそんな隆平をサポートするために、スクールポリスに就任する。
 
その涼子は、近ごろ欠席や遅刻が増え、体が痩せてきた深山敏春(田中奏生)のことが気になっていた。ネグレクトを疑う涼子に対し、深山は笑って言葉を濁すが、クラブで働く母親と祖母と3人で暮らす深山の生活状況は、思った以上に深刻だった。
 
深山は、8年前、母親に捨てられ半年ほど児童相談所で預かったことがあった。母親は就職しまた一緒に住むことになったが。。。
深山は一旦学校にきて、給食を持ち帰ろうとした。
 
三枝が話を聞くと、1か月ほど前から母親がすべてのお金を持って消えた。店にも来ていない。祖母は散歩中に怪我して寝たきりになり、深山は自分の食事も祖母に渡していた。三枝は2万円を渡して抱きしめる。が、そのお金も借金取りに持っていかれた。
 

スポンサーリンク

深山は祖母と入水自殺を図る!

涼子と三枝は、深山の母親を探しに行く。働いていたスナックにいて、涼子は家に戻るよう説得する。
そのころ、深山は祖母にご飯を食べさせようと、パンを万引きしコンビニの店長に見つかってしまう。振り払おうとしたら、店長が倒れて頭を打ってしまった。深山は逃げてしまう。
 
三枝は防犯カメラをみて驚愕する。警察は敏春を追うが、敏春は祖母とともに家から消えてしまった。
 
深山は祖母ともに入水自殺しようとした。三枝と隆平が助ける。
そして母親が深山を抱きしめる。コンビニの店長は無事だった。
 
隆平は闇金に行って、深山を殴った奴をボコボコにする。

2年前、涼子の教え子が自殺

2年前、涼子がいた中学校で芦田薫という女性が自殺未遂し、涼子は責任をとって辞める。そして臨時教員として就任したのが今の赤嶺中だった。
 
隆平は、香里との間に何があったのか追及する。2年前、涌井という女子高生に暴行を働こうとしていた岡部は辞めたが、香里は再び事件を調べようとした。
涼子は、木島校長から香里を監視するように言われ、ある日、香里は暴行未遂の被害にあった女子高生を追い詰めていたから、涼子は止めた。そのときのやりとりの音声が隆平が聞いたものだった。
 
涼子は、香里に自分の二の舞になるのが怖かった。だから必死に香里を止めた。隆平は涼子の言葉を信じた。
 
隆平は職員室にあった盗聴器を発見する。これで香里と涼子の会話を盗聴し、音声を隆平へ送った。一体誰が?その犯人が香里のブレーキのワイヤーを切ったのか?
 

スポンサーリンク

青のスクールポリス相関図とキャスト

青のスクールポリス第7話感想

三枝(山田裕樹)が、本当にかっこよかったです!!!俊春を2万円渡して「つらかったな」って抱きしめるところは泣いてしまいました。強くなければできないことですよね。

こども食堂はよくドラマに出てきますがごはんが十分に食べれない子供たちにとっては命の綱になるのですね。義務教育の間、ごはんに困ったことがなかったのが、有難いことだったんだなと思ってしまいました。

涼子の疑いは晴れましたね。隆平は関係者から話を聞く中で、涼子が自分の利益のために動く人じゃないと確信したようです。隆平は怖いですから。

香里のブレーキを細工したのは一体だれなのか?来週第8話で何かしら分かりそうです!!

第8話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】青のスクールポリス第8話~香里を死に追いやった犯人がわかる!
2021年3月2日(火)『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平』第8話のあらすじとネタバレになります。 視聴率の推移はこのようになってます。(%) 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました