【ネタバレ】青のスクールポリス第2話~マタハラしているのは生徒?先生?

青のSP

2021年1月19日(火)『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平』第2話のあらすじとネタバレになります。

学校内外で起きる事件解決を目指し公立中学が試験的導入を決めた学校内警察(スクールポリス)。そこにやってきたのが、自ら志願した捜査一課の刑事・嶋田隆平(藤原竜也)で、高い洞察力で次々と問題をあぶりだし生徒を逮捕していく。しかし何故、隆平はスクールポリスを志願したのか?その謎も追っていくドラマです。

第1話のあらすじ、ネタバレはこちらです。

【ネタバレ】青のスクールポリス第1話~日本発の学校内警察に志願した嶋田
2021年1月12日(火)夜9時放送の『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平』第1話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、学校内外で起きる事件解決を目指し公立中学が試験的導入を決めた学校内警察(スクールポリス)をテー...

見逃された方はFODまたはU-NEXTで視聴することが可能です。無料期間がありますので是非ご覧ください。

FODプレミアム U-NEXT

スポンサーリンク

青のスクールポリス第2話ねたばれ

妊娠3カ月の英語教師・清水楓(山口紗弥加)の机の引き出しからネズミの死骸が発見される。その犯人は2組の正義感が強い生徒・大林優也(荒木飛羽)が、妊娠した途端、女子生徒による楓への態度が一変したため自分に目をむけて女子達の同情を水野に向かうようにした。

しかしその後、またもや水野のポットがすり替えられ腹痛を起こし病院へ運ばれる。お腹の赤ちゃんも清水も無事だったが、病院から退院し帰る途中に襲われる。犯人は同僚の親切に対応してくれた青木先生だった。

青木は教員免許がなく、清水の代わりに英語の臨時先生をやらされることに危機を感じ、流産させることで自分の無免許がばれないようにした。

隆平は清水のカバンにGPSをつけ守った。

赤嶺中学校では1年前、音楽の先生が事故で亡くなっていた。

スポンサーリンク

青のスクールポリス第2話あらすじ

スクールポリスが導入された赤嶺中学校で、警察官の隆平(藤原竜也)が着任して早々に、2人の生徒が逮捕されるという衝撃の事件が発生。生徒たちは動揺し、校内ではスクールポリスに対する賛否が渦巻いていた。
そんななか、妊娠3カ月の英語教師・楓(山口紗弥加)の机の引き出しからネズミの死骸が発見される。どうやら校内には教師の妊娠を快く思わない人物がいるようで、楓は以前から嫌がらせを受けていたという。
普段から楓を母親のように慕う3年1組の成田千佳(田畑志真)は、犯人捜しに躍起になり、涼子(真木よう子)もまた、2組の生徒たちが担任である楓の妊娠に嫌悪感を抱き、SNSの裏アカで楓とおなかの子の不幸を願うような書き込みをしていることを知り、ショックを受ける。
 
やがて千佳は、楓の悪口を言っていたという大林優也(荒木飛羽)を犯人だと決めつけ、食ってかかる。しかし、これがある騒動を巻き起こし、責任を感じた楓は産休も育休もそこそこに、生徒のために働くと宣言するが…。

マウスを入れた犯人は2組の大林

その頃、隆平は、理科教師の青木祐志(渋谷謙人)から、亡霊の謎について聞かされる。1年前事故で亡くなった音楽の先生ではないか?
 
3年2組大林裕也の母親が職員室にきていきなり清水先生がビンタされる。校長から産休の時期を早めたらどうだ?と進言されるが、逆に清水は、1年の育休をとると申請していたが、出産ギリギリまで働き、産後は2か月で復帰し、受験に影響がないようにすると伝える。
 
父親の研究室からねずみを入れたのは2組の大林だった。同じクラスの三上に頼み、父親の大学から実験用のマウスを盗ませた。暴れる大林を隆平は逮捕する。
 

スポンサーリンク

水野のポットがすり替わり襲われる

大林は反省文を書いて釈放されるが、その後すぐに、水野が水筒の飲み物を飲んだら、腹痛をおこし倒れてしまう。水筒はすり替えられており、流産は免れた。高濃度のパラリーセ(流産を引き寄せる)が入っていた。

大林は水野を守ろうとしていた。自分に目をむけて女子達の同情を水野に向けるようにした。妊娠した途端に女子生徒たちの目が一気に変わった。青臭い正義感だった。

隆平はポットをすり替えた犯人の目星はついていた。

犯人は同僚の青木先生

清水は退院し自宅に戻る途中、誰かに後をつけられていた。隆平は犯人を逮捕するが、犯人は青木先生だった。ポットをすり替えていたのも青木だった。

青木はニセ教師だった。理科、英語の教員免許を持っていなかった。たまたま教員採用試験で受かってしまい友人に頼んで教員免許状を貸してもらい偽造していた。

隆平は、青木が英語を教えるように校長に言われたとき、英語なんて全然使ってないと言った。20代のころから海外を放浪していたのに英語を使ってないわけがない。しかしいまは10年ごとに更新が必要だから嘘がばれるのは時間の問題だった。

隆平は一歩間違えればお腹の赤ちゃんも清水も死んでいたかもしれないのに正当化するんじゃない!怒る。

青木は懲戒免職。

隆平は1年前に事故で亡くなっていた音楽の先生のことを涼子にきく。

「この学校は何を隠しているんだ?」

スポンサーリンク

青のスクールポリス相関図とキャスト

青のスクールポリス第2話感想

スクールポリス、藤原竜也さんのこのドラマ、見応えがあります。隆平の真実を見抜く力が半端ないですね。たった1人で解決させているんですよ!それがすごいです。普通の刑事ドラマはバディがいるのがお決まりですけど、隆平は1人で動いているところが新鮮。

でもこの中学校の秘密は何なのか。音楽の先生が1年前事故で亡くなったのももしかして生徒に何かされたのかも?でも隆平もまたなぜスクールポリスになったのか、大事な人に何かあったに違いないと思います。

今日印象に残ったのは、清水が同僚の青木に襲われて、もう先生辞めようかなって言ったとき、隆平が、「誰に咎められても、楽に生きればいい。」といった一言。

自分が一番大事ですよ、やっぱり。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました