【薬剤師アンサング・シンデレラ第2話ネタバレ感想】麻薬管理室の薬剤が合わない!?

アンサングシンデレラ

2020年7月23日(木)夜10時スタートの「アンサングシンデレラ・病院薬剤師の処方箋」第2話のあらすじとキャスト、そして放送後にネタバレを追加します。

生活していくために必要な薬を調剤する調剤師。患者さんにとって最後の砦、ミスは絶対に許されないという、プレッシャーの中、患者のために働く調剤師さんの重要性がよく分かってきました。

仕事はミスがつきもの、、、そんな甘えが許されない仕事で、ドラマみていると緊張感がこちらにも伝わってきます。。。

第1話を見逃したかたはこちらのネタバレ記事をご覧ください。

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ第2話・あらすじ・ねたばれ

葵みどり(石原さとみ)はこの日も、入院患者が薬をしっかり飲んでいるか、相原くるみ(西野七瀬)とともに病棟を回る。販田聡子(真矢ミキ)に早く調剤室に戻ってくるよう釘を刺されたみどりは、患者と話す時間を少しでも多く作るため、いつもより早足で病室を巡っていくなかで、右腕の骨折で入院している大宮清(小林隆)の病室へと入ると、見舞いに来ていた篠原麻利絵(大後寿々花)と何やら言い争いをしている。

2人の口論を止めた後、みどりは入院前に飲んでいた薬はないか大宮に聞くも、「知らないよそんなこと」と吐きすて、大宮はポーチを持ってトイレへと立ってしまう。ポーチに入っていた大量の薬をトイレで飲んでしまう。

みどりが麻利絵に大宮との関係を尋ねると、“いちおう、父親”だと答えるが何か事情がありそう。

スポンサーリンク

麻薬取締官が調査にくる

調剤室では、販田聡子(真矢ミキ)が走り込んで来て何やら慌てた様子。販田は、薬剤部一同に向かって、厚生労働省の麻薬取締官が医療麻薬の管理調査に来ると告げる。病院で扱っている医療用麻薬が適切に管理されているかの確認のためだ。

刈谷は調剤室にある医療麻薬と帳簿と照らし合い、薬の数が帳簿と合っていることを確認。販田は他の保管状況を調べるため、工藤虹子(金澤美穂)たちを連れ出した。

しかし麻薬管理室で在庫を確認しているとフェンタニル(モルフィネの50倍)が1本ないことが発覚する。

大宮が意識不明で倒れる

そんな中、病室の外が騒がしくなる。みどりとくるみが病室の外に出ると、大宮が意識不明で倒れていた。

みどりはくるみを調剤室へと帰し、麻利絵と一緒に救急センターの救急処置室に搬送される大宮に付き添う。救急処置室では医師と共に瀬野章吾(田中圭)がケアにあたるが、大宮の容態は重篤に陥る。

みどりはポーチに入っていた薬を飲んで不整脈をおこしたと推察するが。。。何故隠れて飲む必要があったのか。。。

麻利絵に大宮の状況を聞くが、じつは大宮と会ったのは20年ぶりだった。

もうじき結婚するため父親に出席してもらうよう言いにきたが「会いたくない、出席しない」と何度も言われてしまっていることを伝える。母親は5年前に亡くなっている。

麻利絵は大宮の自宅に行けば何かわかるかもしれない。。。

スポンサーリンク

みどりは麻利絵と共に大宮の自宅に向かう

ごみ箱になった薬の一部をみつけるみどり。薬に印字されている番号をシステムに検索すると、ヒットしたのが多く、みどりは味見した経験から薬を割り当てるが、瀬野は裏付けを指示する。

大宮の自宅からみつかった診察券をもとに片っ端から電話するみどり

大宮が通院していた病院がわかった。電話では薬を教えてくれないため、直接処方箋薬局へ向かう

麻利絵は大宮が持っていた麻利絵の小さいころのアルバムを手に病院へ戻る。

薬剤1本足りないのは荒神が犯人だった

販田は相原に、本村先生のところへいって薬剤を取りにいくよう伝える。その間,販田と荒神は麻薬取締役官にバレないようなんとか時間をつなげる。

本村先生から薬剤は使わなかったと聞き、薬を取りにいく相原。麻薬管理室ではすでに監査が始まっている。相原から手渡された薬剤を荒神はマジックをつかって在庫に戻す。

監査は無事に「誤差なし」で終わった。ギリギリ間に合った。

荒神はどんな処分でも受けると反省する。

大宮の容体が安定

大宮が服用していた処方箋がわかった。心室細動になる手前で容体が安定した。

刈谷は葵の行為は病院の利益につながらないと伝えるが、葵は納得いかない。

しかし小野塚は刈谷が一番患者のことを考えているという。

大宮は大腿部骨肉腫だった。抗がん剤の副作用で下痢止めを飲んでいた。結婚式にきてほしいと言われて嬉しかった。だが骨肉腫の足を切らないといけなかったから、余計な心配をかけるわけにいかなかった。

麻利絵は「もう逃げないで、片足でもなんでもそのままの姿でいいから、結婚ぐらい見届けなさいよ、わたしには大宮さんしかいないの。しょうがないけど、大宮さんが私のお父さんなんだって」

葵は、「手術後は1人だけでは本当に大変です。だからどうかお人できちんと向き合ってください。」と伝える。

大宮は葵がいる病院に転院してくる。薬剤師は葵みどりを指定する。

小さい子が薬が飲めないときの対応

そんななか、刈谷は山口さんが息子の玲央君が錠剤を飲まないと悩んでいることに気づいていた。葵に説明を託す。

葵は、「お子さんの味覚は大人よりも敏感。そしてオレンジジュースのように酸味がつよいと余計まずくなる。こういうときはチョコレートアイスがおススメ。」だと教える。

刈もまたシングルマザーでがんばっている。

葵は「山口さんも頑張っていると思います。1人で抱えないでなんでも相談してください。そのために薬剤師はいますから。」

葵と刈谷はお互いを認め合っていて、タイプは全然違うけどいいコンビだった。

スポンサーリンク

アンサング・シンデレラ・相関図

 

アンサング・シンデレラ・キャスト紹介

メインキャストの紹介になります。

葵みどり … 石原さとみ

萬津総合病院薬剤部のキャリア8年目の薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。だが、すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため-。患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っていく。

相原くるみ … 西野七瀬

萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師。「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿みどりを近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。

刈谷奈緒子 … 桜井ユキ

萬津総合病院薬剤部主任。調剤のプロ中のプロ。作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進めるタイプの病院薬剤師。つい患者に深入りして時間をかけてしまうみどりとは対照的な仕事スタイル。みどりに対し「仕事が遅い!」と咤(しった)することもしばしばだが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉龍之介 … 井之脇 海

萬津総合病院薬剤部。キャリア3年目の若手薬剤師。萬津総合病院薬剤部のムードメーカー。その明るい笑顔の裏には、薬剤部のメンバーも知らない顔を持っている。
 

販田聡子 … 真矢ミキ

萬津総合病院薬剤部部長。部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみに対しても細心の注意を払って優しく接する。ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像の販田だが、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも併せ持つ。

瀬野章吾 … 田中 圭

 

萬津総合病院薬剤部副部長。いつもぶっきらぼうで愛想の無い人間にみえるが、実際の心根は優しく、誰よりも患者思い。みどりに対し冷たい態度を示すこともしばしばだが、患者と真摯(しんし)に向き合うみどりのことを心の中では認めている。

小野塚綾・・・成田凌

当初、清原翔さんが出演予定でしたが、療養中のため成田凌さんになりましたよね。ただどういったバックグランドかはまだわかりません。

葵の良き話し相手のような気がします。

アンサング・シンデレラ第2話感想

薬1つで意識不明になってしまう。。。って聞いたことはありますが、今回のドラマではその薬が何かをみつけるために患者の自宅にまでいってしまうみどりでした。でも患者の命がかかわってますもんね。。

でももし自分が意識不明で倒れてしまって1人暮らしだった場合、服用している薬があったら、どうやってその病院は調べるのだろう。。。って思ってしまいました。葵みたいに自宅までいく調剤師はいないですよね。。。薬手帳を常に持ってないといけないのですかね~。

もしも・・・の時の準備って難しいですね。。

次回、第3話のあらすじはこちらになります。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました