【ネタバレ】あのときキスしておけば第1話~大好きな漫画家に雇われるのぞむ

あのときキスしておけば

2021年4月23日夜11時15分『あのときキスしておけば』第1話のあらすじとネタバレになります。

このドラマは、壊滅的にポンコツで、夢もなく覇気もなく生きていたスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂桃李さん)。唯一の趣味が漫画を読むことだった桃地は、ある日、大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会うが、事故で帰らぬ人になってしまいます。「あのときキスしておけば・・・」よかったのは、巴から亡くなる前にキスを迫られていたのですが、のぞむは拒否しちゃうのです。

涙にくれる桃地の前に現れた見知らぬおっさんの口から出たのは衝撃的な言葉だった!「モモチ、私が巴なの」入れ替わったのは清掃員の田中マサオ(井浦新)??何故入れ替わることなったのか?

入れ替わりのドラマといえば、2021年冬ドラマ『天国と地獄』が記憶に新しいですが、今回はどんな入れ替わりなのでしょうか?

スポンサーリンク

あのときキスしておけば第1話ねたばれ

『スーパーゆめはな』で青果担当として働く桃地のぞむ(松坂桃李)は、言いたいことをはっきり伝えられず、何をしてもドンくさかった。ただ唯一の楽しみは、大好きな漫画 『SEIKAの空』を読むことだった。
ある日、スーパーのクレーマーにしつこくクレームを言われている望。それをみかねて唯月巴(麻生久美子)がクレーマーを飛び蹴りして撃退する。
 
そして巴の自宅前で再び2人は再会し、巴はのぞむに1日5万円で家事をやらせることに。ある日、2人で映画をみていたら、巴がのぞむにキスしようするが、のぞむは「自分はそのつもりはない・・・」と言ってしまい、巴は怒ってしまいもう来るな!と言われてしまう。
が、巴から沖縄旅行を誘われる。
 
行きの飛行機で事故が起きてしまう。

のぞむは病院で目が覚める。すぐに巴を探すが、テレビで、乗員乗客130名のうち、4名が死亡。その中に、巴の名前があった。

そこに田中マサオ(井浦新)という中年男が泣きながらのぞむに近づいてきた。自分は巴、気づいたらこんな姿になったというが。。。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

あのときキスしておけば第1話あらすじ

『スーパーゆめはな』で青果担当として働く桃地のぞむ(松坂桃李)。何をしても鈍くさく不運な彼は、 運んでいたトマトをうっかりぶちまけても、清掃員の田中マサオ(井浦新)には舌打ちされ、手助けもしてもらえない。夢や目標も、まして恋愛願望もあるはずもなく…唯一の楽しみは、大好きな漫画 『SEIKAの空』を読むこと、というなんとも地味すぎる日常を送っていた。

一方、『SEIKAの空』作者・蟹釜ジョーとして執筆活動に励む唯月巴(麻生久美子)。世間の人々 は“蟹釜ジョー”を男性だと思っており、ストーリー展開に悩んだり、ときにSNSでアンチから攻撃を受けたりしながらも、『週刊少年マキシマム』副編集長であり元夫でもある高見沢春斗(三浦翔平)のサポートを受けながら、人気を確固たるものにしていた。

そんなある日、2人はまさかの出逢いを果たす。
スーパーのレジでクレーマーに絡まれていた桃地を、華麗なキックで救ったのは、なんと買い物途中だった巴。この出来事を機に、運命の歯車が回り始める――。

 以来、巴の正体が気になり、また会える日を心待ちにしてしまう桃地。数日後、偶然にも巴と再会を果たした桃地は、なぜかあれよあれよという間に自宅に招き入れられ、衝撃の事実を告げられる。
――「蟹釜ジョーは男じゃないの。私なの。」サインをもらうのぞむ。世界一尊敬する大ヒット漫画家を目の前にし、感動のあまり言葉を失う桃地。

スポンサーリンク

飛行機事故で巴がおじさんと入れ替わる

あまりにも純粋なファン心を買われたのか、突如巴に高額バイトとして雇われることになる。トイレットペーパーを買い出し、風呂を掃除し、食事を作り、電球を変え…時にご褒美として、まだ世に出ていない『SEIKAの空』の原稿を読ませてもらい涙する日々。

ある日、2人で映画をみていたら、巴がのぞむにキスしようするが、のぞむは「自分はそのつもりはない・・・」と言ってしまい、巴は怒ってしまいもう来るな!と言われてしまう。鍵をおいて帰るが、翌日、巴がスーパーにきて鍵を返却される。

巴から沖縄旅行を誘われる。行きの飛行機で事故が起きてしまう。

のぞむは病院で目が覚める。すぐに巴を探すが、テレビで、乗員乗客130名のうち、4名が死亡。その中に、巴(蟹釜ジョー)の名前があった。

呆然としているのぞむに、涙を流しながら近づいてきた男がいた。「私よ、巴、蟹釜ジョー、気づいたらこんな姿になっていたの」

のぞむは「あの時キスしておけばよかった」

スポンサーリンク

あのときキスしておけば相関図とキャスト紹介

桃地のぞむ(ももち・のぞむ) ……… 松坂桃李

 『スーパーゆめはな』の青果担当。衝撃的にポンコツで不運続き――怖いお客に詰められても何も言えないし、万引きも捕まえられないし、運んでいるトマトは全部落としてしまうし、困っている人がいてもうまく助けたりはできず、あとでその人のために泣くタイプ。ものすごくダメダメだけど、どこまでも優しくていいヤツ。出世願望も恋愛願望もなく、休日は激ゆるジャージで家にこもってひたすら大好きな漫画を読むのが何より至福。

 ある日、スーパーのレジで粘着質なクレーマーにからまれていたところ、大好きな漫画『SEIKAの空』の作者・唯月巴に助けられ、運命的な出会いを果たす。憧れの人とお知り合いになれたものの、彼女はお金持ちでセレブすぎるし、住む世界が違いすぎて、困惑…というかドン引き。そのうち人柄か能力か、いずれにせよ何かが買われ、家政夫のような使用人のような立場として高額で雇われることに。なんだかんだとコキ使われながらも、唯月の人気作家としての努力や思わぬ弱さを目にすることになり、徐々に距離が縮まっていく。

 ある日、唯月の家で突然押し倒され、キスを迫られる。が、動揺の末、うっかり拒否!ものすごくキレられる。キレられながらも、唯月に誘われ沖縄旅行に同行。しかしその途中、事故に巻き込まれ、彼女は帰らぬ人に…。大切な人を突然失ってしまった悲しみに暮れていた矢先、見知らぬおっさんが目の前に現れ、「モモチ、私が巴なの」と言い出して、衝撃を受ける。

唯月巴(ゆいづき・ともえ) ……… 麻生久美子/井浦 新

 桃地の愛読漫画にして超大ヒット作『SEIKAの空』の作者。ペンネームは「蟹釜ジョー」。世の読者たちは、作者は男性だと思っている。
 衝撃的お金持ちであり、豪奢な一軒家に住み、洋服はいつも高級ブランド、好きなものはタクシー。電車なんて何年も乗ってない。ただこの生活は自分の努力で培った結果であるという、絶大な自信をもって生きている。
 愛するものは仕事。締め切り前にはイラつきすぎて猟奇的になったり、ノーメイク&デコ出しメガネにジャージで執筆作業…という誰にも見せられないような一面も持ち合わせる。息抜きは趣味で通うフラダンス教室と、桃地が働くスーパーへの買い出し。
 大ヒット作品ゆえにSNSでのアンチも多く、その罵詈雑言に疲れ切っていた頃、不器用で優しい桃地と出会う。自分の大ファンであるという事を心地よく思い、家政夫のような使用人のような立場として家に招き入れ、身の回りの世話をさせるが、桃地と接するうち、自身の価値観も変わり始めてゆく。
 実はバツイチで、編集者の高見沢と一年間だけ結婚生活を送っていた。母娘2人の家庭で育ったため、母親とはとても仲が良い。
 ある日、桃地とともに沖縄旅行に出かけたところ、事故に巻き込まれ帰らぬ人に。…と思ったら見知らぬおっさん(マサオ)の中に魂だけ乗り移ってしまったようで、自らの運命が狂い始める。

田中マサオ(たなか・まさお) ……… 井浦新

 沖縄行きの飛行機で桃地と唯月の隣の席に乗り合わせた、サエない清掃員のおじさん。不慮の事故にあい、唯月と魂が入れ替わってしまう。
 なぜ彼は沖縄行きの飛行機に乗ったのか、そして彼は何者なのか…。徐々に明かされてゆくことになる。

スポンサーリンク

高見沢春斗(たかみざわ・はると) ……… 三浦翔平

 『週刊少年マキシマム』の副編集長で『SEIKAの空』を連載当初から担当してきた敏腕編集者。高学歴で、仕事もできて、熱血で、かつ気が利く、素晴らしきイケメン。差し入れも、常にどこぞのオシャレな高級菓子や、何時間も並ばないと買えない名店のスイーツなどを用意してくれる。
 唯月にとって良き“仕事上のパートナー”であり、実は“元夫”。結婚してわずか1年で離婚。お互いの恥ずかしいあんなことやこんなことも全て知っており、『SEIKAの空』内でのキャラクターたちが巻き起こす揉めごとは、たいてい本人たちの揉めごとと内容が一致している。完璧に見えるものの、いかんせん綺麗事が多く、プライドも高く、たとえば巴が悩み相談をしても、美しい正論を語っちゃうタイプ。本人の自覚は一切ないが、おそらくちょっと天然。
 巴の突然の死に心を痛めていたが、なぜか上がってき続ける『SEIKAの空』の原稿と、突然現れた「あたしが蟹釜」と名乗る珍妙なおじさんの、なにやら隠し事がある様子に、疑念を抱き始める。

あのときキスしておけば第1話感想

巴(麻生久美子さん)の回し蹴り、超綺麗に決まってました。本当お顔も綺麗ですね~。

のぞむ(松坂桃李さん)のオタクっぷりがハマってました。松坂桃李さんすごいイケメンだけどこういう3枚目役もピタっとハマってました。でも1日5万円で家事なんて、毎日通っていたのかしら。。月100万円コースですよね。でものぞむはスーパー辞めずに続けて偉い。

巴とキスしておけばよかったのに。。。。と本当思いましたが、そのときはそんな将来が待っているなんてわからないですもんね。

これから巴が田中マサオ(井浦新さん)に憑依するんですね。田中マサオには家族がいるでしょうに、巴も漫画どうするんでしょうね。

次回第2話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】あのときキスしておけば第2話~巴が乗り移ったおじさんは誰?
2021年5月7日夜11時15分から放送の『あのときキスしておけば』第2話のあらすじとネタバレになります。 このドラマは、壊滅的にポンコツで、夢もなく覇気もなく生きていたスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂桃李さん)。唯一の趣味が漫画を読む...

スポンサーリンク

 
タイトルとURLをコピーしました