【あまんじゃく・元外科医の殺し屋・感想】悪性のガン(悪者)を完璧に排除

警察入門編

2020年3月30日放送の『あまんじゃく元外科医の殺し屋』最後の戦いが放送されました。

このドラマは主演の唐沢寿明さんが、元外科医の殺し屋・折壁嵩男(おりかべたかお)が弁護士の横倉(橋爪功さん)に殺しを依頼され、元外科医としての医療知識と技術を使ってターゲットを殺してしまうのです。法律では裁けない人を代わりに殺してくれる私刑人ですね。

今回は折壁が兄のように慕っていた人が黒幕でした。でも今回も鮮やかに「おまえは悪性のガンだ、切除する」が決まってました。!

折壁嵩男は恩師に裏切られたのがきっかけで殺し屋になりますが、そのときに恋人がいたのですが別れますが、恋人はその後折壁との子供(優雨)を産んでます。今回のドラマで拉致された優雨が折壁が父親だと気づくのですがそれが感動でした。

”あまんじゃく”というのは群馬県のほうで方言で雨を好む人のことです。今回が最後なのですかね。またいつか復活してくれることを楽しみにしています。

スポンサーリンク

あまんじゃく・最後の戦い・あらすじ・ネタバレ

折壁嵩男(唐沢寿明)は、元は優秀な外科医だったが、今は相棒の弁護士・横倉義實(橋爪功)から殺しの依頼を受け、法で裁けない悪人を闇へと葬り去る殺し屋。

折壁が殺すときは外科医のように手を上にあげ、「お前は悪性のガンだ。この世から切除する。」

第一の制裁は神の舌をもつ三波

この日の依頼人は元料理人・宗村将史(金田明夫)。ターゲットは三波正昭(大鷹明良)という悪徳料理評論家。

三波はかつて、将史が経営していた和食屋に食中毒をでっちあげ閉店に追い込み、宗村の娘・亜子をも罠にかけ凌辱し、自殺に追いやった過去がある。嵩男は宗村の依頼を受けることに。そして嵩男は、三波の愛人・煮雪梨花(松本若菜)に近づく。

彼女を利用して三波を徹底的に追い詰め、三波正昭プロデュース10周年パーティで、盗撮した三波の悪行をスクリーンにうつし、ベルギーチョコレートからは梨花の死体が?と思わせる演出がされ会場にいた客は逃げる。三波を拉致した嵩男は、亜子のお店でふぐ毒で完璧に抹殺した。無毒ふぐと間違えて死んだと報道される。

 

そんな中、世間では優秀な人間の死体から心臓や脳が抜かれるという、奇妙な事件が立て続けに起きていた。

折壁が三波を制裁したあと、何者かによって舌が抜かれていた。

第二の制裁は闇金融の取り立て屋

次のターゲットは、嵩男のかつての恋人・梶睦子(木村多江)の紹介だという椙山絵麻(柴本幸)が、DV夫・啓介(中村俊介)だった。

弱きものに借金をさせて結婚式まで取り立てやにいく啓介、折壁は鼻からバルーンカテーテルを通して、脳の中でいれ、バルーンを膨らませ脳内爆発、即死した。

優雨と睦子が襲われる

睦子の病院で優雨が襲われた。防犯ブザーを鳴らして失敗に終わったが、睦子は1週間の入院が必要だった。横倉が防犯カメラをみると優雨が狙われた可能性が高い。睦子が入院している間、折壁が優雨を預かる。その日は雨が降っていた。

優雨「あまんじゃくって知っている?雨が好きな変わり者、僕のお父さんがあまんじゃくだったんだって。おじさん家族は?」「いない」と答える折壁

折壁は料理はしないが朝ご飯をつくりトマトジュースがすきだったり、塩をとろうとするのが一緒だたり”することなすこと”が一緒。。

スポンサーリンク

3人目の制裁は折壁は兄のように慕っていた名和の妻

さらに嵩男は妻・千代乃(大場久美子)の難病に悩む恩師・名和潤造(野口五郎)とも偶然に再会していた。名和はDV夫啓介から借金を取り立てられていた。妻が難病でよく効く薬があるが、保険がきかなくて、治療費がかさみ闇金に手を出したのだ。妻の余命はあと1年。

横倉に殺人の依頼がきた。それは名和先生だった。

「妻を殺してください。膠原病をわずらっている。苦しんでいるのを見るのがつらくて。私の手で殺すのは耐えられそうにない。どうかあなたの手で妻を楽にしてあげてもらえませんか。」

折壁は「それは俺の仕事ではない。」と断るが、名和に、苦しみを取り除くことも弱いものを助けることになるんじゃないですか?といわれ折壁は決心する。

入院先で千代乃の点滴に塩化カリウム混ぜて殺した。千代乃は「殺し屋さん。ありがとう。。。これで天国の、のぞみに会えるわね。」

千代乃はそれが折壁だと気づく。名和が弟のように慕っていたことを伝え息を引き取る。

優雨が拉致された。CELLS(セルズ)の闇組織が暴かれる

CELLS(セルズ)世界中のお金持ちから発注をうけてデザイナーベイビーをつくり、妊娠6か月になったら中絶する。自分の遺伝子がある臓器を移植すれば難病(糖尿病など)が治せるのが目的だ。

横倉がCELLSのシステムにハッキングすると優雨と適合するDNA型の人は、1人だけいる。

名和が折壁を呼び一緒に飲む。そこで折壁が意識を失いCELLSに捕まってしまう。名和はCELLSのコミッショナーだった。

折壁にむけて3発銃撃する。その遺体は折壁の仮面をかぶった比留川だった。

名和の娘のぞみとDNA型が一致したのは優雨だった

名和がコミッショナーになったのは、娘のためだった。娘のクローンをつくるためだった。ただ生き返るじゃなくて、最高のパーツで生き返る。私の望み通りの完璧な娘にするのが目的だった。

名和の娘、のぞみは20年前移植をまっていたが、順番が抜かされていた。お金をつめば順番は早まったのに。医療は強い者のためにある。富裕層へデザイナーベビーを売ったお金でこの計画を進めてきた。

名和の妻千代乃は、このことをしっていた。折壁に死ぬ際、あなたを止めてほしいといいたかった。

「お前は悪性のガンだ、このよから切除する。」名和の心臓に一刺し!

解放された優雨、折壁に抱きつく。「お父さん、ぼくのお父さんでしょ」

そっと肩を抱く折壁

しかし1人で生きていく人生を選ぶ折壁

スポンサーリンク

あまんじゃく・キャスト

折壁嵩男(唐沢寿明)

横倉義實(橋爪功)

梶睦子(木村多江)

宗村将史(金田明夫)

三波正昭(大鷹明良)

煮雪梨花(松本若菜)

椙山絵麻(柴本幸)

椙山啓介(中村俊介)

名和潤造(野口五郎)

名和千代乃(大場久美子)

比留川(山中崇)

スポンサーリンク

感想

今年の単発ドラマは殺し屋(法では裁けない悪の代わりに制裁する人)のドラマが多いように思いますね。いわゆるブラックヒーローです。

折壁は自分が納得(殺すに値するか見極める)した超悪い人しか手にかけないです。自分でも十分しらべたうえで殺すのです。

今回のドラマは特撮というのですかね、007さながらの横倉(橋爪功)がハッキングして精工につくられたフェイク仮面をつくって相手をだます。あれは分からないですよね。。フェイク(〇〇〇)というのがこれからも増えるような気がします。

それとなぜかクライマックスシーンで豪華な赤いドレスをきている梨花(松本若菜)と睦子(木村多江)の戦いも見物でした。木村多江さん、いつもほっこりしている人なのにアクションシーン完璧でした。ギャップがすごいですね。

唐沢さんは白い巨塔の外科医・財前五郎も見事でしたが、殺し屋といえでもブラックヒーロー役がはまり役ですよね。

大変満足したドラマでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました