【ネタバレ】相棒20第8話~操り人形~解明困難な時効事件に挑む特命係

相棒20
 
『相棒』シリーズ20作目が2021年12月8日(水)夜9時第8話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。
 
水谷豊さん×反町隆史さんのバディが今回で《7年目》です。初回SPで早くも特命係、絶体絶命!!波乱が待ってます。事件を解決するのは特命係だけど手柄はすべて捜査1課、そのお決まり事は、シリーズ20になっても変わりません(笑)右京さんは出世に興味がありませんしね。
 
相棒20の相関図と役どころをまとめたサイトはこちらです。初心者の方はぜひ、キャスト別の役どころもぜひご覧ください。
 
https://arafifblues.com/aibo2021_soukanzu/
 

スポンサーリンク

相棒20第8話あらすじ

公式の発表です。
 
大学構内の地中から白骨死体が発見された。死後50年近くたっている時効事件のため、右京(水谷豊)亘(反町隆史)が捜査を押しつけられる。DNA鑑定の結果、白骨は1970年代に学生運動をしていた岡田という過激派の幹部であると判明。当時の仲間によると、岡田はカリスマ指導者で、人心を操る天才だったという。そんな中、梶原(ベンガル)という物流大手社長の遺体が発見される。運転手によると、梶原は最近なぜか、情緒不安定になっていたというが…!? いっぽう右京と亘は、岡田と親交が深かった藤島(下條アトム)という男性を訪問するが、何も知らないと語る。ところが、そこに捜査一課が現れ、藤島に任意同行を求める。梶原の携帯に、事件当日、藤島を呼び出すメールが残っていたという。ふたつの事件に関連があると知った右京と亘は、藤島の連行にショックを受ける美鈴(白川和子)という女性を見掛け、話を聞くが…!?

半世紀前の事件と現代の殺人に共通点が
ふたつの事件にかかわる男性の正体は?
特命係が時を超えた“亡霊”の正体に迫る!

ゲスト:下條アトム
 

スポンサーリンク

相棒20キャスト

警察庁長官官房付の甲斐峯秋・・・石坂浩二
警視庁副総監・衣笠藤治・・・杉本哲太
警視庁広報課長・社美彌子・・・仲間由紀恵
警視庁警務部首席監察官・大河内春樹・・・神保悟志
警視庁刑事部長・内村完爾・・・片桐竜次
警視庁刑事部参事官・中園照生・・・小野了
捜査一課・伊丹憲一・・・川原和久
捜査一課・芹沢慶二・・・山中崇史
捜査一課・出雲麗音・・・篠原ゆき子
組織犯罪対策5課・角田六郎課長・・・山西惇
サイバーセキュリティ対策本部・青木年男・・・浅利陽介
 
小料理屋『こてまり』の女将・小出茉梨・・・森口瑤子
 

相棒20第8話感想

放送後に更新します。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました