【ネタバレ】相棒20第2話~鶴田翁助VS特命係右京は倒せるか?

相棒20
 
『相棒』シリーズ20作目が2021年10月20日(水)夜9時第2話のあらすじとネタバレになります。第1話からの続きにになります。
 
第1話では、IT長者・加西周明 (石丸幹二)の殺害容疑で逮捕送検され、東京拘置所に拘禁されていた元・内閣情報調査室職員・柾庸子(遠山景織子)の接見が突然、禁止となったと思ったら、拘置所内で自殺していた。
幼馴染の元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)は、加西周明がエンパイア・ロー・ガーデンの三門所長に「切り札」になるモノ(鍵)を預けていたのを盗み、それを相棒係に調べるよう依頼する。
中身は鍵だったが、何の鍵か分からない。冠城が窃盗で逮捕されてしまうが、鍵が鶴田翁助(相島一之)の元に戻ると冠城は釈放される。右京と冠城は中郷都々子のマンションにいくと、手首をきって死んでいた。
鶴田翁助が黒に違いないのですが、自らは手を下してないです。右京さんと冠城は逮捕することができるか?が今回の2話の見どころです。
 
水谷豊さん×反町隆史さんのバディが今回で《7年目》です。初回SPで早くも特命係、絶体絶命!!波乱が待ってます。事件を解決するのは特命係だけど手柄はすべて捜査1課、そのお決まり事は、シリーズ20になっても変わりません(笑)右京さんは出世に興味がありませんしね。
 
相棒20の相関図と役どころをまとめたサイトはこちらです。初心者の方はぜひ、キャスト別の役どころもぜひご覧ください。
 
https://arafifblues.com/aibo2021_soukanzu/
 

スポンサーリンク

右京(水谷豊)亘(反町隆史)が、自室で死んでいる中郷都々子(織田梨沙)を発見する。テトロドトキシン(筋弛緩剤)が検出され自殺は考えられない。
背後には、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の暗躍があると思われるが、尻尾を掴むことはできない。
右京は、加西周明(石丸幹二)が遺した“鍵”が、真相解明の足掛かりになると信じ本物の鍵をすり替えていた。青木が調べた結果、その鍵は足立区の幽霊ビルだった。男性が1人隠れていた。冠城は建物侵入罪で現行犯逮捕する。
一方、右京は、絞殺体でみつかった女性の顔を確認すると都々子とカラオケボックスに入ったときに何度かみた女性だった。飛ばし携帯には内調の栗橋内閣情報管の番号が登録されており通話履歴もあった。
その女は都々子と加西周明を殺害していた。幽霊ビルに隠れていたのは、スミミノル、栗橋の手下だった。
 
社(仲間由紀恵)は、甲斐峯秋を不問にふすために、鍵を返却、スミミノルを釈放することを鶴田と取引した。

幽霊ビルにあったPCから、右京、冠城、青木は、加西が生前、準備していた仮想現実の世界に足を踏み入れる。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

相棒20第2話あらすじ

右京(水谷豊)亘(反町隆史)が、自室で死んでいる中郷都々子(織田梨沙)を発見した。一見、自殺に見えるが、玄関は施錠されておらず、部屋が冷房で極端に冷やされているという、不可解な点もあった。それでも捜査一課は、都々子の死を、自殺として処理。
 
納得いかない右京と亘は、捜査を続行しようとするが、亘が罪をなすりつけられた“鍵泥棒”の一件が尾を引く。形式上、特命係を統括している峯秋(石坂浩二)が、マスコミに糺弾されるなど、外部から圧力が集中してしまったのだ。背後には、官房長官・鶴田翁助(相島一之)の暗躍があると思われるが、尻尾を掴むことはできない。そればかりか、これまでの経緯から、亘が免職の危機にさらされる。
 
都々子の遺体からテトロドトキシン(筋弛緩剤)が検出された。自殺は考えられない。しかし、ひるまない右京は、加西周明(石丸幹二)が遺した“鍵”に鶴田の弱点が隠されていて、それこそが一連の出来事の真相解明の足掛かりになると推理。
実は、右京は加西が隠していた本物の鍵をすり替えていた。
 

スポンサーリンク

加西周明の舘へ入る3人

鍵は、加西周明が一番初めに購入した足立区の幽霊ビルだった。右京、冠城は青木を連れてそのビルに入り、鍵なしの部屋にはいるとキーボックスがあり『特別会議室』のだけ鍵がなかった。

鉢植の下に鍵が隠されており、入ってみると株取引のレーダー室のようだった。男性が1人隠れていた。冠城は建物侵入罪で現行犯逮捕する。男性は『法務省の佐野』と名乗った。そこに栗橋内閣情報管から電話が入った。

右京は、絞殺体でみつかった女性を確認すると都々子とカラオケボックスに入ったときに何度かみた女性だった。飛ばし携帯には内調の栗橋内閣情報管の番号が登録されており通話履歴もあった。右京は都々子を殺害した犯人だと確信する。さらに加西周明も殺害していたことがわかった。

幽霊ビルにいたのは、スミミノル、元刑事で調査会社を設立し内調とつながりがあった。

内村刑事部長の指示による捜査一課による取り調べが行われたが、社(仲間由紀恵)は、甲斐峯秋を不問にふすために、鍵を返却、スミミノルを釈放することを鶴田と取引した。

幽霊ビルにあったPCから、右京、冠城、青木は、加西周明(石丸幹二)が生前、準備していた仮想現実の世界に足を踏み入れる。

スポンサーリンク

相棒20キャスト

警察庁長官官房付の甲斐峯秋・・・石坂浩二
警視庁副総監・衣笠藤治・・・杉本哲太
警視庁広報課長・社美彌子・・・仲間由紀恵
警視庁警務部首席監察官・大河内春樹・・・神保悟志
警視庁刑事部長・内村完爾・・・片桐竜次
警視庁刑事部参事官・中園照生・・・小野了
捜査一課・伊丹憲一・・・川原和久
捜査一課・芹沢慶二・・・山中崇史
捜査一課・出雲麗音・・・篠原ゆき子
組織犯罪対策5課・角田六郎課長・・・山西惇
サイバーセキュリティ対策本部・青木年男・・・浅利陽介
 
小料理屋『こてまり』の女将・小出茉梨・・・森口瑤子
 

相棒20第2話感想

内村刑事部長が、シーズン19で頭を打って手術してから『正義』に目覚めたのですが、今回も期待とおり、忖度せずに正義を通しました。

それにしても官房長官が内閣情報官に殺人を依頼するって、現代でもありえそうで笑えないです。ひさしぶりに社美彌子が現れましたが、鶴田と裏で取引するのはとても怪しい。案の定来週第3話では社に辞令がでるようです。偉くなりそうな予感

都々子と加西の無念を右京と冠城はどうやってはらすのか、来週で完結になりそうです。

第3話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】相棒20第3話~最終決戦!右京VS鶴田と社美彌子?
  『相棒』シリーズ20作目が2021年10月27日(水)夜9時第3話のあらすじと放送後にネタバレを追加します。第1話の続編になります。   水谷豊さん×反町隆史さんのバディが今回で《7年目》です。初回SPで早くも特命係、絶体絶命...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました