【相棒18・最終回感想】「こてまり」出現で右京はディープフェイクを見抜く

相棒

この記事は3月18日放送予定の第20話「ディープフェイク・エクスペリメント」のあらすじ・ネタバレになります。

シーズン18の最終回でした。なんと花の里の代わりが見つかりました。「こてまり」です。ママ小出茉莉こと森口瑤子さんです。花の里は閉店になったようです。芸者を引退し小料理屋をオープンしたんです。甲斐次長(石坂浩二)の紹介です。

次のシーズン19から毎回このこてまりのシーンが出てきますね。

さて本題ですが、今回の相棒は、「ディープフェイク」でした。捜査を行う上で一番完璧な証拠が「映像」です。その映像の嘘が見破れなかったら証拠になってしまいます。本当に恐ろしい世の中になってしまいますね。。

右京はどのように解決するでしょうか?「僕としたことが・・・」不調な右京をみんなが心配するのも見物です。

相棒の19話「突破口」を見逃した方がいらしたら、下記がネタバレ記事になりますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

相棒Season18 #20あらすじ 

亘(反町隆史)は、最近、右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧し、”推理力減退症候群”と名付け、冠城は様々な人に言いふらしそれが警視庁中に知れ渡っている。(または角田課長か?)

東亜ダイナミクス社長の桂川が殺される

そんな中、元東亜ダイナミクス社長の桂川(村上新悟)が、自宅寝室で殺害される事件が発生。背中から刺された傷が死因だったが、なぜかスマホの音声認識アプリが立ち上げられていて、『99』という謎の数字が残されていた。

捜査一課は被害者が救急車を呼ぼうとしたが、犯人に左手を踏みつけられて途中までしか認識しなかったため99だけが残ったと推理した。

桂川と女性(まさきようこ)のベッドシーン動画が見つかる

さらに、現場のパソコンから発見された、桂川と女性の“ベッド動画”が波紋を呼ぶ。問題の女性は、顔認証から内閣情報調査室の柾庸子まさきようこ(遠山景織子)と判明したものの、政府直轄組織の人間ということで、警察としても配慮せざるをえなかった。また柾庸子には完璧なアリバイがあった。

青木が右京と冠城に積極的に捜査協力

事件に興味を持った右京と亘は、現場となった桂川のマンションを訪れるが、そこには青木(浅利陽介)の姿が。

上層部から“特命係一派”とみなされ、捜査から外されたことに反発して、協力を思い立ったらしい。右京は、青木から得た情報や現場の状況から、問題の映像にある疑問を抱く。

右京は、桂川はどうして救急車を呼ぼうとしたのか?「99」は音声入力をしようとした名残りとされたが、まだそこに犯人がいたはず、なぜ警察ではなく救急車なのか釈然としない。

しかし柾庸子はこの動画は自分だと認めた。

スポンサーリンク

内閣官房長官の鶴田は小出茉莉を懇意にしている

いっぽうその頃、事件と何らかの関係があると思われる内閣官房長官の鶴田(相島一之)は、懇意にしている芸者・小出茉梨(森口瑤子)から悪巧みを指摘された。その日をもって芸者を引退する。のちに「こてまり」という小料理屋をオープンさせる。

鬼石美奈代は桂川のスポンサーをうけて映像技術を研究

翌日、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、桂川をスポンサーとして最新の映像技術を研究していた鬼石美奈代(坂井真紀)という大学の特任教授からアリバイを聞いていた。自宅にいた彼女はアリバイがないと思われたが、映像でアリバイが残っていた。(のちにこれはフェイク動画だとわかる)

週刊フォトスに桂川と柾庸子のあるスクープ映像が届く

しかし、飄々とした彼女にはぐらかされるばかりで要領を得ない。そんな中、「週刊フォトス」が桂川と柾庸子のあるスクープ映像を入手。元は動画だったが、その動画を、監察官の大河内(神保悟志)の指示で特命係が回収することに。

その動画は、桂川と柾庸子が喧嘩している動画だった。

フォトスへいく特命係、楓子にあって動画のことを聞くが。売り込みにきたのは若いカップルだった。いかにもクラブにいきそうな男女。

しかし聞き込みをしている間に、フォトスがサイバー攻撃にあう。「DDos攻撃」攻撃者が多数の無関係なパソコンをのっとり、それらからトラフィックを送る。真の攻撃者にたどりつくのが非常に難しいサイバー攻撃だった。

右京は編集長にサイバー攻撃の捜査に必要な証拠品として任意提出してほしいと依頼する。サイバーアタックは内調の仕業か?

バーの店員に聞き込みをすると、桂川はオープンしたころからお世話になっており、女性は毎回違ったため喧嘩していても不思議に思わなかった。

スポンサーリンク

柾庸子は、政府の防諜組織に所属していた

日本版CIA(政府の防諜組織)が、内調のカウンターインテリジェンスセンター設置の目的だった。柾庸子は、情報分析アナリストで聡明で仕事ができると評判だった。

そんな柾庸子がクラブでの喧嘩シーンも含め桂川宗助とのベッドシーンなんて社(仲間由紀恵)には信じられなかった。

そんな最中、柾庸子は、長期出張で姿を消してしまった。

映像ほど強力な決定力はないがそれが揺らぐ

映像ほど強力な決定力があった。いま揺らぎつつある。それがAIの重要技術である、ディープフェイク。ニセの映像が、ありもしない証拠をでっちあげられる。肉眼では見分けがつかない、近い将来、真偽できなくなる。

青木の鑑定ではフェイク動画ではなく本物だった。しかし右京は、「君の判定結果が100%ではない。」動画の真偽を疑っている。犯罪捜査では目撃証言はでるが、完璧な動画まででてくるのはめったにない。そこに作意を感じる。

そんな中、矢代が、栗橋情報管理官に呼ばれる。そして頼んでもない秘密をいわれ「特定秘密保護法」で縛られてしまった。社が身動きできなくなったしまった。

特定保護法とは①防衛②外交③特定有害活動の防止④テロリズムの防止の4つ。右京は③特定有害活動の防止だとにらんでいる。社は防諜に関する情報を聞かされたのではないか?

鬼石美奈代は7歳でスマホゲームをつくる天才少女だった

ディープフェイクの開発が官邸主導で秘密義で行われていた。その開発に桂川宗助が絡んでいたのではないか?桂川の周辺には、スポンサーをしていた鬼石美奈代(坂井真紀)がいた。伊丹達に情報を聞くが、また犯行時刻を証明する映像があったといわれる。「また動画ですか。。」

右京と冠城は城和工学大学へ行くが、鬼石美奈代は事件後、大学を休んでいた。2人のカップルが右京と冠城に突然謝る。フォトスに動画を売ったカップルだった。スマホ動画を売ってくるよう頼んだのは、鬼石美奈代だった。

鬼石美奈代はたった7歳でスマホゲームを作った天才少女だった。鬼石がなぜどの動画を持っていたのか?新しいアルゴリズムによるディープフェイクを作ったのか?青木は自信がなくなる。

鬼石美奈代と柾庸子は同じ場所にいた。

スポンサーリンク

花の里のかわりに「こてまり」を紹介する甲斐

右京は花の里の代わりになる「こてまり」で甲斐と待ち合わせした。ママの名前は小出茉莉。

こてまりが一つの動画を右京と甲斐にみせた。その動画は戦時中、母親が息子を出征を見送る白黒の動画だが、そこにままの”こてまり”がいた。全くありえない動画だったが、青木利男が鑑定してもディープフェイクだと判別できなかった。

明らかに嘘なのに、事実を作り上げるディープフェイク恐ろしい存在が浮き彫りになった。

そして内閣官房長官の鶴田は小手毬にご執心だった。女将が官房長官とじっこんだった。あのフェイク動画をあっせんしたのは官房長官、作ったのは鬼石美奈代。

官房長官に呼ばれる特命係

鶴田官房長官直々に呼び出される特命係。「何をしたい?」

右京は、鶴田に鬼石美奈代の魔術師をご存知ですよね?誰にも見破れない魔力を持っているというが笑い飛ばす。

官房長官が迷宮入りで終わらせたいと社美弥子は、右京と冠城に伝える。

右京は青木に、鬼石が柾庸子によって拉致される動画を作らせて捜査一課を動かした。右京は2人一緒にいるはずと睨んでいた。捜査一課が動けばまもなく居所が判明するはず。

鬼石と柾庸子を見つける特命係

右京と冠城があとをつけたのは、栗橋内閣情報官。そして栗橋は鬼石と柾庸子がいる建物にはいった。右京は桂川宗助殺人事件の捜査でここまできたと伝える。

右京は、鬼石の手にかかると明らかなフェイク動画が魔法のように本物のようになる。その魔法を内調は必要としていた。

しかし計算外だったのは、衝撃のプライベート映像がのこっていた。残された映像がディープフェイクであること、桂川宗助の殺害が鬼石の仕業だと分かっていたが、柾庸子は、研究結果が台無しになることを恐れるためにフェイク動画が自分だと認めざるをえなかった。

鬼石が桂川を殺害したのは嫉妬心

鬼石は桂川宗助と男女の関係だった。桂川は柾庸子を惚れていた。嫉妬心からコンバットナイフで桂川の背中を刺したのは鬼石だった。そして柾庸子のフェイク動画をわざと殺害現場に置いた。

コンバットナイフで背中を刺したが、しばらくは膠着状態のまま時間は過ぎ去ったが、パニックになった桂川は事件にはできないため、救急車を呼んだ。そんな彼の手を鬼石は踏みつける。

鬼石は、「桂川が、この女とやりたくてやりたくしょうがなかったみたいだから、作ってあげたの。」と反抗を認める。

栗橋と柾庸子は、鬼石に自首を進めるためにかくまったと言い訳をする。

しかし右京は、鬼石の晴れがましい顔をみて「あなたは自らの技術の誇示したかったのではないか?」との質問に「私は虚栄心の塊だから、拍手喝さいが大好き。抜きつぬかれつのこの世の中だもの。」自供内容も開発したディープフェイクの自慢ばかりだった。

柾庸子は釈放された。

最後、こてまりで飲む右京、冠城。小料理屋の名前は変わったが同じみのシーンで終わる。

スポンサーリンク

相棒18・19話ゲスト出演者

右京さんをはじめとしたレギュラー陣の紹介はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

 

 

 

鬼石美奈代(坂井真紀)

 

 

 

 

 

鶴田(相島一之)

 

 

 

 

柾庸子(遠山景織子)

 

 

 

 

桂川(村上新悟)

 

 

 

 

小出茉梨(森口瑤子)

スポンサーリンク

感想・まとめ

ディープフェイク動画は本当に怖いですね。事実をでっちあげてそれを見破れなかったら犯人にされてしまうなんて近い将来、このような犯罪が増えるのでしょうか。

鶴田官房長官とはいわく付きになりましたね。きっと右京がカリを返す時がくるはず。

右京がスランプ?なんとその発生源は神戸尊だったのです。以前花の里が長期閉店になったとき右京がスランプだったみたいで、、それが冠城の耳に入り冠城がいろいろな人にいいふらしたために警視庁中が心配?しているところ面白かったです。

甲斐次長も右京が自分で思った以上に花の里を求めていると言われました。でもストレス発散場所だったのかもしれないですね。

そしていよいよ花の里は閉店し、次回から「こてまり」になります。ママは森口瑤子さんです。このかたサスペンスドラマにもよくでていて実力派女優さんでとても綺麗で大変好感があるのでなにも違和感がありませんでした。きっと次のシーズンでは右京と冠城と絡んでいくのでしょうね。たまには事件にも関わったり。。

Season19楽しみです。右京さん冠城さんSeason18おつかれさまでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました