相棒19第3話ネタバレと感想~実演販売士の酒井の過去とは!?

相棒

2020年10月28日相棒Season19・第3話『目利き』のあらすじとネタバレになります。

今回出演される実演販売士の酒井を演じるのは山本浩司さんですが、この方、全く別なストーリーで相棒でてましたね。最近再放送された家族にも恋人にも見放された男の役でした。なんだか不幸をしょい込んでしまっている役がハマってしまう方ですがなんだか引き込まれるんですよね。。

今回山本浩司さんは、捜査2課の尾崎の捜査協力者・酒井を演じますが、信用していた尾崎が殺害されてしまいます。しかしその死には驚愕な秘密がありました。人を信じたいけど信じきれない、誤解して犯罪を犯してしまう酒井。。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

プレゼンス前編と後編の第1・2話のあらすじとネタバレはこちらになります。

相棒19第1話ネタバレと感想~VR仮想国家を捜査する右京と冠城
待ってました、2020年10月14日Season19が始まりました!第1話のあらすじとネタバレになります。 さて風間楓子を演じていた芦名星が亡くなられたのは本当に残念したが、今日の第1話に登場しました。右京さんと冠城との3ショットも。。。...
相棒19第2話ネタバレと感想~ネオ・ジパングの世界で何があったか?
2020年10月21日相棒Season19・第2話『プレゼンス・後編』のあらすじとネタバレになります。 白バイ銃撃事件、麗音を襲ったのは男ではなく、恋人の女性の方でした。やっぱりバーチャルの世界で加西というIT社長から6億円と引き換えに殺...

スポンサーリンク

相棒Season19第3話あらすじとねたばれ

詐欺などの経済事件を扱う捜査二課の係長・尾崎(及川いぞう)が、遺体で発見された。

同僚の刑事いわく、尾崎が追っていた詐欺グループの仕業に違いないという。焦げた録音機能付きのボールペンがあるからだ。独自の捜査に乗り出した右京(水谷豊)亘(反町隆史)は、尾崎が死の直前にしていた不自然な買い物に着目。

実演販売士の酒井(山本浩司)から話を聞く。しかし、酒井は口達者な食えない男で、これといった手掛かりは得られなかった。

実演販売士の酒井は詐欺の前科あり

いっぽう、捜査本部では、尾崎の追っていた組織は、3年前も同様の手口で犯行を重ねていたグループだとあたりをつけていた。

当時、その組織には、尾崎の情報屋・宮原を殺害した疑いが浮上したものの、証拠不十分で罪に問えなかったという。今回尾崎が殺害された場所は、その宮原と同じだった。詐欺集団に絡んでいる暴力団の兵頭が尾崎を殺害したに違いないと2課は言い切り、兵頭逮捕を中園参事官に依頼するが、1課と対立してしまう始末。

被害者尾崎がわざわざ実演販売している洗剤を購入するのは不自然だとして酒井を調べると前科があった。

スポンサーリンク

尾崎は、兵頭と裏でつながっていた!?

尾崎の財布には何枚ものテレフォンカードがあった。殺害される当日、公園の防犯カメラで尾崎はキョロキョロあたりを見回る姿があった。犯人を追って見失ったのか?と思ったが、公衆電話を探していたことがわかった。

2課では尾崎は裏では兵頭とつながっていてお金をもらっているという噂があった。公園でなくなった公衆電話の発信履歴から尾崎がかけけていた電話は兵頭の番号だった。

詐欺グループの一員に、実演販売・酒井の写真をみせると、マッサージチェアをもらったという証言があった。右京と冠城はそのマッサージチェアを確認すると、そこには盗聴器があった。

尾崎の捜査協力者が酒井だった

実演販売士の酒井は、尾崎の捜査協力者だった。別な詐欺グループの1人も酒井からプレゼントをもらったあとすぐに摘発されていた。同じく盗聴器があったからだ。しかし3年前の詐欺グループは摘発されなかった。それは尾崎と兵頭はつながっていたからだ。

尾崎の殺害場所は書斎だった、しかし自宅から血痕や本人の指紋はまったくなかった。それは酒井にしかできないと右京は睨んだが、酒井にとって尾崎は命の恩人だった。自分が殺すわけないと否定される。

3年前の詐欺グループの手口は1人の金持ちの被害者から何度もお金を引き出し、自殺にまで追い込ませていた。右京はなぜ金持ちの被害者を特定することができたのか気になる。

スポンサーリンク

「書き込み寺ドットコム」で詐欺ターゲットを決める

最近500万円もの詐欺に引っかかった女性から「書き込み寺ドットコム」というサイトで弁護士に自分の身上を相談し慰謝料500万円を受け取ることができたと証言を得る。そのことを聞かれたのは右京達が2回目、1回目は捜査2課の村田という刑事に聞かれたとの事だったが、それは実演販売士の酒井だった。

「書き込み寺ドットコム」を運営している弁護士は兵頭の仲間だった。兵頭は取り調べを受けている中、詐欺にあった被害者が「書き込み寺ドットコム」にほとんど投稿していることがわかった事実を伝えると兵頭は詐欺は認めるが殺害は認めない。

尾崎刑事は自殺だった

何故尾崎は兵頭を率いる詐欺グループを摘発しないのか不審に思った酒井は、独自で調べていた。しかし尾崎にバレ問い詰められたが、酒井は兵頭とつながっていることを責める。

その夜、尾崎は自殺した。自殺現場は尾崎の書斎だった。

酒井は尾崎の様子を見にいき、その自殺現場を見てしまう。尾崎の自殺を知られたくなった酒井は、遺体を移動させ、そして書斎を一生懸命掃除した。指紋も血痕もすべてふき取った。

そこには尾崎が書いた遺書があった。そこには兵頭から賄賂をもらった真実が書かれており酒井はどうしても隠したかった。

右京は、尾崎が兵頭とつながったのは2か月ほど前で3年前からではない。尾崎は兵頭を逮捕しようと必死だった。しかし兵頭から尾崎の協力者である酒井の命が危ない、そして俺ら以外の詐欺グループの情報はながすそして賄賂のお金も渡された。尾崎はあなたまで失いたくなかった。あなたを守るためだった。

あなたも目利きなら、尾崎さんのことをそこまで理解するべきでした。連行される酒井

 

スポンサーリンク

相棒Season19相関図

公式の発表です。

すでに他界されているかたも含めて、相棒の歴史があります。。

 

相棒Season19第3話・感想

実演販売で必要なのは口ではなくて目利き、だれをターゲットにするかで違う。と実演販売士の酒井のセリフがありました。これは本当かな??

実演販売士の酒井が右京を一目みて「この人は騙せないと思いました。」という言うシーンがあり、たしかにそれを見抜くのは見る目があります。その右京は実演販売の触りだけやるシーンがありましたが、顔が笑ってませんでした。。実演販売はやっぱり話術と笑顔のような気がしました(笑)

次回第4話のあらすじはこちらになります。

相棒19第4話ネタバレと感想~小手毬の後輩叶笑を襲った男が殺害
2020年11月4日相棒Season19・第4話『藪の外』のあらすじとネタバレになります。 「花の里」から「小手毬」に右京と冠城の憩いの場となりましたが、小手鞠(森口瑤子)の後輩である叶笑(高梨臨)が15年前に暴行未遂事件に巻き込まれます...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました