【ネタバレ】相棒19第18話~死を招く魔銃をめぐって右京VS科警研

相棒

2021年3月3日相棒Season19・第18話『選ばれし者』のあらすじとネタバレになります。

【相棒】は、優秀なキャリアながらも、その変人ぶりから警視庁内の窓際部署「特命係」に所属している係長の杉下右京(演:水谷豊)が、もう1人の相棒と共に超人的な推理力・洞察力を駆使して活躍していく刑事ドラマです。2020年10月からSeason19 (19年目)が始まりました。右京さんの相棒は、法務省からキャリア官僚として警視庁へと出向し、そして正式に警視庁に入庁した冠城亘(演:反町隆史)です。

相棒シーズン19の視聴率の推移はこのようになってます。安定の高視聴率です。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
17.9 16.4 16.3 14.9 13.8 14.1 12.3 12.7
第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話
13.9 12.8 16.1 14.1 14.7 15.2 14.8 15.5
第17話 第18話 第19話 第20話        
15.1 15.5            

第17話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】相棒19第17話~老舗眼鏡店で殺人!オーダーメイドする右京
2021年2月24日相棒Season19・第17話『右京の眼鏡』のあらすじとネタバレになります。 【相棒】は、優秀なキャリアながらも、その変人ぶりから警視庁内の窓際部署「特命係」に所属している係長の杉下右京(演:水谷豊)が、もう1人の相棒...

最新話の見逃し配信でしたら、こちらのAMEBAで視聴することができます。2週間は無料期間ですのでちょこっとみて、すぐに解約すれば課金されませんよ。

スポンサーリンク

相棒19第18話のねたばれ

『魔銃録』という人気小説の作者・笠松剛士が銃殺される事件が発生した。使われた銃はディークという古い銃だが、これと同じ銃が、3か月前、収賄疑惑を掛けられた代議士襲撃事件で使われたのと同じ線条痕だった。しかし銃は科警研で厳重に保管されていた。

右京と冠城は、科警研で主任研究官である黒岩(上杉祥三)と犯罪の要因を研究している雅美(前田亜季)に話を聞く。科警研は厳重な警備のため外に持ち出すのは不可能。

そんな中、黒岩が、ビルから飛び降り?自殺してしまった。冠城は雅美からガンオイルの匂いがすることに気づいた。

雅美はアメリカにいたころ、少年からホールドアップされた経験があり、恐怖というより屈辱だった。暴力にただ屈服する自分が許せなかった。

笠松、黒岩を殺害したのは、雅美だった。笠松に『魔銃録』を書かせたのは雅美だった。雅美は力を欲している者が銃を手にしたときどうでるのか知りたかった。
 
黒岩は、雅美が研究者の立場を利用して殺人を犯したことに気づき、説得するが揉み合いになってビルから落ちてしまった。
 
詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。
 

スポンサーリンク

 

相棒19第18話のあらすじ

『魔銃録』という人気小説の作者・笠松剛士が銃殺される事件が発生。凶器は、数か月前、収賄疑惑を掛けられた代議士襲撃事件で使われた古い銃と思われたが、問題の銃はすでに警察が押収し、厳重に保管されていたため、ネットでは「魔銃が現れた」と騒がれていた。
 
銃を「野蛮で旧式な武器」と嫌う右京(水谷豊)は、亘(反町隆史)と共に独自の捜査を開始。線条痕の再鑑定をしている警察庁の付属機関・科学警察研究所を訪れる。主任研究官である黒岩(上杉祥三)から事情を聞くと、問題の銃が持ち出された可能性も、鑑定が間違っている可能性もないと断言。何故3か月前に押収された拳銃が、笠松殺しでも使われたのか?同一の線条痕をもつ拳銃がもう一つのあるのか?
 
犯罪の要因を研究している雅美(前田亜季)も、黒岩の鑑定を支持する。
いっぽう捜査一課は、小説の熱狂的なファンや反感を抱くアンチ、さらに暴力団の関与も視野に捜査を進めていた。しかし、犯人も凶器も見つからず、ネットでは「魔銃は増殖する」などという噂が、まことしやかに囁かれていた。そして、捜査の背後では、“魔銃”を持つ者が、さらなる犯罪に動き出そうとしていた。
 
特命係は、代議士を襲った犯人に拳銃入手方法を聞いたところ、家のドアの前にあったとの事、一体誰が置いたのか?

犯人は雅美だった

捜査一課は、豊田充というと男を捕まえようとした。アリバイがあるため笠松殺害の犯人ではなかった。やっぱりドアの外に拳銃が置いてあった。
科警研の鑑定によると、3か月前の拳銃と今回の拳銃の線条痕は一致しなかった。その夜、黒岩は投身自殺を図った。
 
右京は、笠松に『魔銃録』を書かせたのは黒岩で、科警研から拳銃を持ち出し、笠松を殺害した。どうやって科警研から拳銃を持ち出すことができたのか?
雅美がふらふら状態で歩いていた。冠城は手を貸すが、、、そのとき何かに気づいた。
 
右京と冠城は雅美に会いに行く。
雅美はアメリカ留学のとき、少年からホールドアップされた経験があった。悔しかった。。暴力にただ屈服する自分が許せなかった。
 
その銃が今回と同じデュークだった。冠城は、雅美からガンオイルの匂いをしていたことに気づいた。
 
雅美は、拳銃から、線条痕の部分、銃芯のみを持ち出し、笠松を殺害した。雅美は力を欲している者が銃を手にしたときどうでるのか知りたかった。笠松に『魔銃録』を書かせたのは雅美だった。小説を書くのを止めたいという笠松に実験の邪魔をさせたくないために殺害した。
 
黒岩は、まさか雅美が、研究者の立場を利用して殺人を犯していたなんて信じられなかっただろう。黒岩は止めようとしたが、揉み合いとなり、ビルから落ちてしまった。
 
 

スポンサーリンク

相棒19の最新相関図

公式の発表です。

すでに他界されているかたも含めて、相棒の歴史があります。。

相棒Season19第18話・感想

銃芯だけを取り換えて、殺害なんて、いままで数ある刑事ドラマでもこんな展開は初めてだったように思います。悪い人が真似しないことを祈ります(笑)

右京さんは銃が嫌いだったんですね、、、たしかに右京さんが銃を撃ったところはみたことがないと思います。でも撃たれたことはあった。銃も持たずにたくさんの犯罪者と対峙していたんですね。とても新鮮な発見でした。

次回第19話はこのSEASON19第1話と2話で右京さんが逮捕できなかった加西の決戦が始まります。

【ネタバレ】相棒19第19話~右京はIT社長加西への因縁をはらせるか?
2021年3月10日相棒Season19・第19話『暗殺者への招待』のあらすじとネタバレになります。来週3月17日が最終回ですが、それにつながる前編になります。 【相棒】は、優秀なキャリアながらも、その変人ぶりから警視庁内の窓際部署「特命...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました