【相棒18・18話感想】ヒロコママが花の里ならぬバラの里のママに?

相棒

3月4日放送の第18話「薔薇と髭との間に」のあらすじ・ネタバレになります。

相棒初代の寺脇康文さんが相棒だったころによくヒロコママが出演してました。今回久しぶりの再登場だったのですが、最初のシーンでヒロコママが「薫ちゃんの代わり?」と質問され右京は「代わりの代わりの代わりです」と回答します。

亀山薫→神戸尊→甲斐亨→冠城亘ですのでご名答です。(あたりまえか)

そんなことをずけずけと聞いても嫌味っぽくないのがヒロコママです。事件を呼び込んでしまうタイプですね。またいつか出演してくれるのが楽しみです。

相棒の18話「いびつな真珠の女」平成の毒婦を見逃した方がいらしたら、下記がネタバレ記事になりますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

相棒Season18 #18 

リゾート開発会社・如月リゾートが、オーベルジュ(宿泊もできるレストラン)でオーナーの宮倉と、契約の交渉をしていた。今日中に手付金の1億円を支払うなら売ることに。

その1億を運搬したのは、如月リゾートの社員・鶴橋光太郎(細田善彦)だが、高田部長に来る途中に和菓子屋に寄って手土産を買うよう指示される。

しかしその和菓子屋で、何者かに背後から襲われ1億円を奪われてしまう。

光太郎と懇意にしているゲイバーのママ・ヒロコ(深沢敦)は、旧知の仲である右京(水谷豊)を頼って、特命係に捜査を依頼してくる。

1億円強奪は仕組まれていた

右京と亘(反町隆史)はヒロコと共に光太郎に事情を聞くと、契約金の運搬は急遽決まったことだったとわかる。

しかし事件現場は人通りも防犯カメラもない場所で、右京は事前に練られた計画的犯行だったのではないかと推理する。

右京と冠城は、如月リゾートに赴き、1億円運搬を指示した光太郎の上司、高田部長と押田課長から事情を聞いていると、そこに光太郎の兄・宗一郎(夙川アトム)が押し掛けてくる。

「あんたに聞きたいことがある」押田は別な部屋に連れて行く。

鶴橋旅館は兄が暴力事件を起こし売却していた

右京達は鶴橋光太郎の入院している病院へ。

光太郎によると、兄弟の実家は元々、熱海の旅館を経営していたが、今は如月リゾートに運営を任せているという。鶴橋旅館は評判がよかったが、如月リゾートに買収されていた。理由は光太郎の兄宗一郎が、お客を殴っていたからだった。

鶴橋は押田課長のパソコンを調べるために病院から抜け出していた。そこに押田課長がくる。

「課長が仕掛けたことなのですか?10年前の鶴橋旅館のことですよ」

スポンサーリンク

如月リゾートの押田課長が殺された

如月リゾートの押田課長が殺された。

押田の家から、強奪事件に関与していた。和菓子屋を指定していたのは押田だった。

如月リゾートの会社の防犯カメラに鶴橋光太郎が押田と揉めていたカメラの映像が残っていた。

しかし押田の家には1億円が入っていたトランクケースがない。強奪の共犯者が持っているのか?

伊丹達が光太郎に21時過ぎ(押田殺害時間)のアリバイを聞くが、嘘の供述をした。

押田と会ったことを認めるが、すぐに会社を出て行ったと光太郎は証言する

鶴橋宗一郎が自首

兄貴が鶴橋宗一郎が自首してきた。あの男が1億円を一人締めしようとしたから殺害した。

宗一郎は押田の顔さえ知らなかったのになぜ殺害したのか?右京は確認するが・・・

総一郎は弟の浩太郎を庇うために出頭したか?

鶴橋旅館にいく右京と冠城。昔から懇意にしている従業員から、2人は仲がよい兄弟でよく鶴を折って、旅館に飾っていた。11年前の事件で宗一郎は出ていった。

宗一郎がお客様に手をあげたことがあり、それがきっかけで経営がかたむき、先代が、如月リゾートに売られた。事件は、宿泊者・高柳省吾の部屋から財布が盗まれ、高橋宗一郎が取っ組み合いになり警察沙汰に。そして客足が遠のいた。

売りに出したときの如月リゾートの担当者は、高田部長と押田課長の2人だった。

オーベルジュみやくらは半年前、食中毒が発生していた

みやくらは半年前に食中毒事件が発生しており、半年前は評価が5つ星だったのに、いまは2つ星まで評価が下がっていた。

食中毒の原因は、みやくらのビーフシチューに入っていたセネウス菌だった。30年もの間継ぎ足して継ぎだして大事にしてきたのに捨てなければならなかった。

昨年、大々的に改装し息子と2人で妻との思い出が詰まっているのでお店を守っていこうと思っている。

スポンサーリンク

みやくらと鶴橋旅館のクレーマーは同一人物だった

クレームを言ってきたのは両方とも江空商事の高柳だった。2つはつながった。如月リゾートの担当者も同じであり、明らかに仕組まれたものだった。

右京は、自首してきた鶴橋宗一郎に押田課長を殺害したのはあなたではありません。

「守りたい誰かがいて、犯してない罪を認める。1つの嘘が大きな真実を葬ってしまうことがあるからです。」

宗一郎は光太郎が殺害したと思いかばうために自首してきたのだった。

鶴橋旅館の食中毒は如月リゾートに嵌められた

宗一郎は、「長男だから自分が旅館の跡取りだと思っていたが、自分はすぐに感情的になる。光太郎は辛抱強い。お前のほうが人望がある。人を引き付ける魅力がある。旅館はお前が継いだほうがいいと思っていたんだ。そんなときあの事件がおきて。みんな俺を責めなかった。悪い噂がでてキャンセルが相次いでもだれも俺のせいにしなかった。だから手紙を残して逃げた。」

光一郎「だれも責めなかったのはあのとき宗一郎が仲居を守ったって知っているからだ。」

右京は、「高柳省吾に嵌められたんですよ。如月リゾートが暴力団に依頼してクレームを発生させた。如月リゾートは、業務妨害で訴えられます。」

犯人はみやくらの店主、光太郎を襲ったのは息子のりょう

1億円強奪、宮倉にいきましたね?

みやくらへ行く右京と冠城

みやくらの店主に右京は「体の半分といっていたデミグラスソースをアリバイにつかうとは。」

鶴橋光太郎が和菓子屋で襲われたとき如月リゾートの高田部長は息子の姿はみてない。

和菓子屋を襲ったのは、みやくらの息子だった。そしてみやくらは、その1億円をもって押田課長に会ったが、押田は裏切ってお金をすべて盗ろうとしていた。そこで揉み合いになり、押田を殺してしまった。

みやくらは押田殺害の翌日にに綺麗に返済されていつるはしりょた。

息子りょうが父親に、「押田からの提案通り、お金を強奪、そのお金で借金を支払えばいいじゃないですか。店を守るためにやろう」その言葉で覚悟を決めてやった。

右京は、「30年続いてきたデミグラスソースよりも、たった数か月のソースもあなたの味は素晴らしかった。」と伝える。

宗太郎と光太郎は鶴橋旅館の前に「またいつか2人で再建しような。」誓う。

スポンサーリンク

相棒18・18話ゲスト出演者

右京さんをはじめとしたレギュラー陣の紹介はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

 

 

ヒロコ(深沢敦)

 

 

 

 

鶴橋光太郎(細田善彦)

 

 

 

 

宗一郎(夙川アトム)

感想・まとめ

ひろこママは相変わらず面食いでかわいいですね。あのずうずうしさがうらやましいというか、憎めないですよね。

最後のシーンでひろこままが「花の里なくなっちゃったのね。うちのお店花の里にしたら?そうだわ。バラの里?ひげのさと?」と右京と冠城が苦笑いするシーンがあります。

相棒18は花の里がないですもんね。本気で花の里に代わるところを探さなきゃと冠城が言ってました。

次のシーズンでは新しい飲み屋が見つかるか、花の里が復活するか見物ですね。でもママになりそうな人・・・ちょっと思いつかないですよね。

さすがにヒロコママには任せられないですよね(笑)

次回3月11日放送の「突破口」になります。右京さんが大きな賭けにでて特命係の存亡を脅かすかもしれません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました