【相棒18・16話感想】昭和のデカ陣川君が戻ってきた!また振られたけど

相棒

この記事は2月19日放送予定の第16話「けむり」のあらすじ・ねたばれになります。

陣川君が久しぶりに相棒に出演しましたー。陣川君は何も変わってません。下記に挙げた長所と短所を貫いてました。酔っぱらうと右京さんを「すぎさん!」冠城を「かぶさん!」2人とも悪い気はしてませんでしたが。

そしてまた付き合ってもいないのに、理沙にプロポーズしようとしますが、今回も結婚まで行き着いてません。だけど理沙は嬉しかったようですが・・・結婚できない理由がありました。詳しくはあらすじ・ネタバレ記事をご覧ください。

陣川君の警視庁での所属
  1. 警視庁捜査一課の経理担当で階級は警部補です。自宅の部屋中に指名手配犯の写真を張り巡らしています。思い込みが激しく、二度も誤認逮捕したため、一度特命係に左遷される。
  2. ロンドンのスコットランドヤードで研修(イギリスの警察)
  3. 2020年2月19日の放送では、ロンドンの研修から戻り、なんと右京さんがかつていた捜査2課(収賄など取り扱う)の刑事になってます

 

陣川君の長所

①きまじめ・正義感は強い

②女性にやさしい

③右京さんを尊敬するあまり、右京さんに対して失礼な態度をとる人に真剣に怒る

 
陣川君の短所

① 思い込みが激しく人の話を聞かない

② すぐに女性に惚れる(それもかわいい人)

③ 右京の指示を守らず、ドツボにハマる

 

陣川君からなつかしい「花の里がやってないなんてー幸子さんに会えないなんてー」とあおひょうたんという居酒屋で騒いでました。そうなんです。花の里がまだ閉店したままなのです。新しいママがまだ見つからないのでしょう。。。

そんな陣川君ですが、嘘がない人なので右京さんも冠城もおもしろがってますよね(笑)

まさに昭和のデカ!今回も笑かせてくれました。一生懸命やればやるほど空回りしていておもしろいです。

スポンサーリンク

相棒Season18 #16 けむりあらすじ

ケアハウスの理事長が殺害され、現場の痕跡から“けむり”と呼ばれる連続窃盗犯の関与が浮上。

けむりは、たばこの吸い殻以外、現場に何の痕跡も残さず、煙のごとく姿を消す窃盗犯。

警察が20年以上追っても、いまだ捕まえることができない伝説的な存在として知られている。

陣川刑事登場、捜査二課の刑事に!二課のエース!?

経済事件を担当する捜査二課の刑事になった陣川(原田龍二)も、以前からけむりを調べていた。

ただ、今回の“強盗殺人”には違和感を覚えているらしく、右京(水谷豊)や亘(反町隆史)と一緒に捜査がしたいと、特命係に押し掛けてくる。休暇をとったらしい。

陣川いわく、けむりが狙うのは、あくどい稼ぎをしている闇金や反社の事務所だけで、殺人を犯したのには何か深い理由があるはずだという。

煙草に唾液はつかないようにしている。指紋は一切なし

陣川の新しい惚れた女性はあおひょうたんでバイトする理沙

その夜、右京と亘は、決起集会という名目で陣川行きつけの“あおびょうたん”という居酒屋に連れて行かれる。

陣川の惚れっぽさは相変わらずなようで、理沙(飛鳥凛)という店の従業員を、運命の人と信じ込んでいるらしい。陣川は週5日通っている。

そのはしゃぎぶりは、重蔵(小倉一郎)という店の常連客を、そそくさと引き揚げさせるほど。

そんな中、けむりの犯行と思われる、新たな窃盗事件が発生した。

闇金業者にけむりが・・・しかし遺留品つまようじが!

けむりは何一つ痕跡を残さないのに、つまようじが残っていた。

右京は、”けむり”が過去に窃盗に入ったところの清掃業者と警備会社をしらべるよう青木に依頼する。警備会社バラバラだが、清掃会社は「新曙町クリーン」の清掃業者がたびたび入っていた。社員名簿をみると、あおひょうたんにいた重蔵の写真があった。

右京は、青木と陣川にあおひょうたんのごみをしらべさせ、つまようじを回収させる。そのDNAのつまようじと、窃盗現場にあったつまようじのDNAが一致した。

”けむり”は重蔵だった。自宅から、15年前の1,260,000円の領収書が見つかる

重蔵が警視庁に連れていかれる。そしてケアハウスの理事長が殺された件も事故だったと認める。

盗んだお金はギャンブルに使った。自宅を捜査すると領収書があった。

二村カバン店1,260,000円

そのお店は8年前に閉店していた。何を買ったか調べようがなかった。

しかし右京は、数万円のかばんを大量に買った可能性がある。領収書の日付からランドセルではないか?施設に寄付しているのではないか?

陣川は施設を探すと息巻く。

スポンサーリンク

また窃盗事件が発生し現場にはたばこが!もう1人けむりがいる?

ぼったくりで有名なスナックにけむりが入った。窃盗現場には、女性のDNAの吸い殻があった。

しかしそこには、新曙町クリーン会社は入ってなかった。けむりはもう1人いるかもしれない。

冠城は、清掃会社以外に、観葉植物のレンタル業者が同じであることに気づいた。

そのレンタル業者の従業員を調べたところ、理沙が働いていた。理沙がもう1人のけむりだった。働きながら悪い会社の内情を調べていた。

斎藤理沙の本名は三崎理沙、父親が殺された過去を持っている。幼い頃に母親を亡くし、父親が殺されたあと9歳のときに児童養護施設に預けられた。そこで重蔵と会っていた。

理沙は、自分の痕跡をのこすために吸い殻を残した。重蔵はつまようじを残した。理沙と重蔵はお互いを庇いあう間柄だった。

理沙の部屋からバーから盗まれた120万円と携帯がみつかった。

16年前、理沙の父親はヒ素で殺された

理沙の部屋にあった携帯から、ケアハウスの山倉理事長が、老人を殺害している動画みつかった。管理人だった三崎慎吾が防犯カメラでこの動画をみていた。しかしこの殺害は事故死となってしまった。三崎慎吾は山倉理事長に防犯カメラの動画をメールで送り、自主を促した。

しかし三崎慎吾は毒殺された。その犯人として見つかったのが同僚の遠藤だった。遠藤のロッカーからヒ素が見つかったからだ。それを証言したのは山倉理事長だった。遠藤は拘置所で心臓発作で亡くなっていた。

右京の疑問は2つ、1つ目は、三崎理沙は居酒屋では本名を隠し、観葉植物のレンタル業者では本名で働いていた。なぜいま、父親の復讐をしているのか?

スポンサーリンク

理沙の父親の携帯がみつかった。そこには動画があった。

右京は三崎慎吾殺害の調書から第一発見者が田中千絵さんという物忘れが激しく、なんでも引き出しにしまってしまうおばあちゃんだった。三崎慎吾の携帯も殺人現場から持ち去り、ずっと引き出しに入れていた。それを観葉植物を取り換えにきた理沙が見つける。

理沙は動画とメールをみて父親が山倉理事長に殺されたと確信した。

山倉理事長を殺したのは居酒屋で働く田川誠也

右京は、理沙と接する方法が1つだけあると陣川に伝える。人家は理沙に「もう心配いりません。理事長室で犯人の証拠がみつかった。」とSNSで送り、理沙は理事長室にきた。

そこに右京、冠城、陣川がいた。

理沙は自供する。「わたしは重蔵に盗みの技術を学んでいくつも窃盗した。携帯の動画をみて父親を殺した犯人が理事長だとわかった、だから殺した。」

右京は「いいえ、あなたではありません、殺したのは居酒屋で働く田川誠也、さきほど彼を逮捕した。」

田川誠也は理沙の父親を殺害した遠藤の息子だった。父親が殺人者というだけで誠也は理不尽な扱いをされてきた。しかしあの居酒屋ではおかみさんに「お父さんはお父さん、あなたはあなたでしょ」と言われ一生懸命働いていた。

そんな田川誠也も自分とおなじく小さい頃から辛いを思いをしていると思い、理沙は誠也をかばった。

父親の携帯が見つかったとき、メールと動画を誠也にみせた。誠也の父親は何もしてなかった。

理沙が、買い出しに行っている間に誠也がいなくなっていた。

誠也は山倉の元へいき、「父親に罪をなすりつけただろ?」山倉はナイフで誠也を殺そうとした。しかし誠也が刺し違えてしまい、山倉を殺してしまった。

理沙は「本当のことを警察に正直に言おう。」というが、誠也は「俺がいうことなんて誰も信じてくれない。殺人犯の子供なんて誰も信じてくれない。」

理沙は、けむりの仕業になるように偽造工作をした。

重蔵は理沙と施設にランドセルを買っていた

15年前、闇カジノに盗みに入った。そのときに理沙にあった。

理沙は、「黙っておいてあげる。その代わりほしい物がある。」それはランドセルだった。理沙はお古でボロボロのランドセルだったので新しいのが欲しかったのだ。

すごく喜ぶ理沙に生まれてはじめて良い気分になった。それで施設の子にもランドセルを買った。

あの子は勝手に俺についてきた。そして盗みを教えた。重蔵は、居酒屋の常連になっても見守るつもりだった。俺が全部罪をかぶるつもりだった。あの理事長殺人もあの子がやったと思って。

右京は、「彼女の罪をかぶるのではなく、あなたは父親の存在だった。これから父親として彼女のために正しいことをしてあげてください。」

最後、あおひょうたんにて

また酔っぱらった陣川

悪酔いし、「おすぎさん!かぶさん!ここを花の里の代わりにすればいいんじゃない?」

 

スポンサーリンク

ゲスト出演者

右京さんをはじめとしたレギュラー陣の紹介はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

 

 

陣川(原田龍二)

 

 

 

 

理沙(飛鳥凛)

 

 

 

 

重蔵(小倉一郎)

 

感想・まとめ

陣川君、やっぱり今回も空回りの正義感が全開でした。陣川君ぐらいですよね。右京さんを「すぎさん!」と酔っぱらったときにしか言えませんが。その小者っぷりから憎めません。

そうそう花の里!幸子が去ってからいまだにおかみさんが見つかってません。いつも最後は花の里で一杯飲んでいる右京さんの姿があったのに。。今回は花の里ではないのですが久しぶりに飲んでくつろいでいるところを見ました。

”けむり”で思い出したのですが、2018年に日本テレビでドロ刑という刑事ドラマがあったのですが、遠藤憲一さんが”けむり”役で、今回のけむりとおなじく、盗んだときは何も痕跡は残さず、たばこが一本置いてある。そっくりなんです。”けむり”って窃盗の世界では有名なのですかね。

イントロダクション|ドロ刑 -警視庁捜査三課-
日本テレビ系 2018年10月期土曜ドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」のイントロダクションページです

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました