【相棒18・17話感想】平成の毒婦の遠峰小夜子と相貌失認の芽衣が再登場

相棒

この記事は2月26日放送の第17話「いびつな真珠の女」のあらすじ・ネタバレ・ゲストの紹介になります。

平成の毒婦・遠峰小夜子さん、今回も拘置所にいながらものすごい存在感でした。今回の話では、以前相棒にでた2人の女性が出演すると予告されてました。

一度見た人の顔は忘れないという超「相貌認識が高い」のが、遠峰小夜子、逆に人の顔を覚えられない病気が「相貌失認」で、新崎芽衣です。

何故この2人が共演することになったんだろう?と思いましたが、その答えは、遠峰小夜子が、新崎芽衣が襲われたときに現場にいて、自分とは逆の相貌失認の彼女を覚えていたんです。そして冠城が大切に思っていることを知り、冠城から芽衣を奪おうとしたというのが今回の話でした。

冠城は芽衣ちゃんに会いたかったはずですが、自分が会うことで芽衣に危険を及ぼす可能性があるため、今後も会わないと決めます。切ないですね。。。。

しかし今回の放送後にわかったのは、平成の毒婦・遠峰小夜子には、まだまだ協力者がいます。これからも相棒に出てくるはずです。それは次のシーズンかもしれませんが。

遠峰小夜子役の西田尚美さんですが、今回も魔女的な演技が素晴らしかったです。

冠城に「杉下さんには内緒ですよ」と前屈みに言った姿が印象的でした。

 

さて前回放送(陣川君出演)を見逃した方がいらしたら、下記がネタバレ記事になりますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

相棒Season18 #17 いびつな真珠の女・あらすじ

郊外の空地で両手の親指が切断された女性の絞殺体が発見された。犯行の手口から捜査一課は、これまで2人を殺害している“指切り男”が、2年ぶりに現れたと警戒を強める。

その後、遺体の喉の奥に“バロックパール”と呼ばれるいびつな形の真珠が発見され、右京(水谷豊)は不審に思う。

小夜子から呼び出される冠城

そんな中、亘(反町隆史)は弁護士の連城建彦(松尾諭)から突然、「会いたがっている人がいる」との連絡を受ける。それは、“平成の毒婦”と呼ばれた未決囚の連続殺人犯・遠峰小夜子(西田尚美)だった。月間プレスで手記を発表していた。

小夜子といえば、かつて刑務所にいながら人身を操り、右京さえ翻弄した危険な存在。亘は最大限の警戒をしながら相対するが、彼女が口にしたのは、思ってもみないことだった。

指を切られた事件を知っていると話す小夜子

ニュースをみた。若い女性が指を切られた事件、昔ブラックパールの養殖を持ち掛けた男の中に指に執着する人がいた。

何をしている人か?名前はだれか冠城はきくが、顔は覚えているが名前などは分からないと言われる。たしか飲食関係の人だった。とだけ思い出す。

そして最後に

「冠城さん、もしかして誰か探してませんか?近い人が行方不明じゃないかと思って。」とまさに冠城が気にしていたことを言い当てた。指を切る事件と関係があるのか聞くが、知らないと。

また来てくださいね、指フェチ男のことを思い出すかもしれないから。ここで話したことは右京に内緒という条件をつける。

キッチンカーの芽衣が行方不明であることを小夜子は知っている

亘は、以前、事件を通じて知り合ったキッチンカーの店主・新崎芽依(朝倉あき)から久々にメールが来た。東京でキッチンカーを再開していた。焼き立てパンのお店だった。しかし連絡がつかず心配していた矢先だった。

冠城はまた小夜子の下へ、「火の中から助けたことがありますよね?」

それは前回の事件で新聞には書いてなかったことだった。彼女は助けを求めて冠城さんを読んでいる。彼女はいるけどいない、隠されているから。

遠峰は真珠に関してはプロだ。月間プレスの手記から右京は気になる記事があったことを冠城に伝える。

”真珠がはいった瓶に死体から切り取った指を瓶で栓をすると真珠が増える。” 

事件はすべて、満月か新月で事件が発生している。

連続殺人事件の犯人は小夜子の言う通り飲食店関係者だった

伊丹達に、捜査線上に飲食店関係者がいないか確認する冠城。

右京は「見当がつきました」首を絞めたあとが、黒いシルクのクロス帯をつかった。

日常的に使用しているバーテンダーが怪しい。被害者が行っていたバーがないか捜査一課は調べる。被害者の自宅からレシートをみつけたのは、ダイニングバー木曜島 オーストラリアで真珠がとれる小さな島の名前だった。

平川のりあきさんですね。そして包丁で頸動脈を切って自殺。捜査一課は大失態。

被害者の爪の皮膚片が平川と一致、平川の店から被害者の血痕がみつかった。

冷蔵庫に被害者の指で栓をした瓶があった。

スポンサーリンク

洗脳されていた冠城を右京が救う

冠城は遠峰小夜子に会いにいく。君がみた夢の続きが知りたい。

「キッチンカーはどこでしょう?」メモの切れ端を冠城に見せる。「私が書いた手記をみましたか?苦労したんですよ、いろいろと。」と言い残す。

東京拘置所をでた冠城を右京は待ち伏せしていた。

「芽衣さんとは連絡とれましたか?」彼女の身に何か起きているのですね。遠峰さんに口止めされたのですね。僕に話して彼女が何も話してくれないことを恐れている。その時点で君はすでに操られている。

遠峰にいわれて、彼女は君に芽衣さんを探す命を与えるが、芽衣さんは見つからない。洗脳の手口です。目を覚ましなさい!!

芽衣さんは、おそらく平川がどこかに監禁した。だけど平川は死んでしまった。手がかりが途切れてしまった。手がかりならいくつもあります。と右京は伝える。

キッチンカーと指切断の犯人の共通点は城西冷機の冷蔵庫使用

キッチンカーの写真に写っていたのは、南雲記念病院だった。

キッチンカーの出入りをOKにしたのは、城西冷機からの紹介だった。担当は、営業2部の中安だった。しかし平川のバー木曜島の担当は、深堀だった。1か月前にお客さんから集金したお金を盗み退職していた。

遠峰は冠城に「記事ではなく、雑誌をみろ。」と言ってました。

遠峰小夜子から訴えられた雑誌社だったが、その縁で遠峰佐夜子の記事を作り、広告で元がとれた。遠峰佐夜子には支援者が多い。

小夜子の記事には、いくつものご祝儀広告があり、すべて広告主から「佐夜子の記事の途中に広告を入れてくれ」と指示されていたことが分かる。そのページはページ番号を入れない特徴がある。

そのページ番号を書き出すと、この4つの数字は、緯度経度分秒を表しているのではないか?右京は推理する。

青柳にキッチンカーの写真をSNSで拡散させ、目撃情報を得る。

 

小夜子が芽衣をさらうように指示していた

もう1つの謎、遠峰小夜子はキラキラ星をうたっていた。

緯度経度から、場所を特定した。城西冷機の冷蔵庫がみつかり地下の中に閉じ込められていた芽衣を助けた。

平川におぞましい迷信を教えたのは小夜子だった。芽衣子が相貌失認だと伝え、さらうように指示したのは小夜子だった。小夜子は冠城が芽衣をキッチンカーから助けるところをみていた。

平川が、瓶にバロック真珠をいれたのは冠城君にゲームを仕掛けた。芽衣を探すゲームであり、負ければ新月に芽衣は指を切られ殺される。小夜子は楽しんでいた。体は拘束されていても自分の思い通りに操られることを。

芽衣が東京に戻ってきたことを知れたのはなぜか?キッチンカーに平川と同じ冷蔵庫が納品されたのは偶然だったのか?つまり、あなたの協力者は他にもいるということですよ!

人の顔を覚えられないのと、一度みた顔を一生覚えているのはどちらが不幸だと思うか?小夜子は杉下に質問する。

杉下は芽衣に面会する。冠城はお見舞いに来れなくなりました。芽衣は伝言を伝える。

「いつか私のパンを買いにきてください。連絡はしません。そのほうがいいんですよね?いつか会えるようになったら探してください。私のキッチンカーが出ている場所を。焼き立てのパンを待ってます。」

スポンサーリンク

小夜子はなぜキラキラ星を歌っていたのか?

きらきら星には全く違う詩の原曲がある。

”少女が母親に話しかける歌で、パパに私にまともな女の子になってほしいというの。だけどわたしはキャンディがほしいの。”

遠峰さんにとってキャンディは、誰かの大切なものを破壊する、いびつな形をしたバロック真珠です。拘置所にいても危険です。

二度とあの子を標的にさせないために僕はもう会ってはいけない。

遠峰小夜子にはまだ協力者がいる

相棒18・17話ゲスト出演者

右京さんをはじめとしたレギュラー陣の紹介はこちらの記事を参考にしてください。

【ゲスト】

 

 

 

 

遠峰小夜子(西田尚美)

相棒17・6話に出演しました。遠峰小夜子は、真珠養殖詐欺で100人以上騙しさらに返金を迫った3人の被害者を自殺や事故に見せかけて殺害した容疑でかけられてます。まだ未決囚ですので被疑者ですが、刑罰は決まってません。

そんな小夜子が弁護士連城を通じて右京と冠城を呼び出します。理由は、科学者・谷岡とは飛行機の中で知り合い、若い女性へのプレゼント用に黒真珠のネックレスを紹介したことを伝えます。谷岡は、自宅の風呂場で溺死していると報じられており、実は妻が夫が真珠を購入したのは浮気相手へのプレゼントだと思い、お風呂場にドライアイスを仕掛け殺害していたのです。右京は、小夜子は、記憶力が良く飛行機の中やネックレスを買うところを見掛けたのを覚えていただけ。自分も今回と同じ手口を用いて殺したことがあるからすぐにわかったのではないかと推理して終わりです。

 

 

 

 

新崎芽依(朝倉あき)

相棒16・9話に出演しました。芽衣はキッチンカーでお弁当を販売しそこの常連だった冠城ですがなかなか顔を覚えてもらえませんでした。それは芽衣が相貌失認で人間の顔を覚えられない病気だったのです。そんな芽衣が殺人事件に巻き込まれてしまいます。しかし冠城が体を張って芽衣を助けます。最後は「私は冠城さんのことは絶対にわかります。どこにいても必ず見つけられます」愛の告白じゃないの?と思わせるところで右京が登場し、そこでドラマが終わります。

 

 

 

 

連城建彦(松尾諭)

遠峰小夜子の弁護士

感想・まとめ

遠峰小夜子は本当平成・令和をまたぐ毒婦ですね。今回は指を切断する殺人鬼をも自分の思いのまま動かすなんて。

まじめにパン屋やっている芽衣を誘拐させて冠城が心配しているのを楽しんでいたなんて。さすがに冠城が気の毒でした。洗脳までされてしまって。

右京さんが目を覚ましてあげなければ、どうなっていたのか。

冠城と芽衣が最後に会うことすらできなくなってしまったのも小夜子に今後狙われないようにするためなんて切ない。。。。

とても面白かったです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました