【99.9刑事専門弁護士特別編・第3夜あらすじ・ネタバレ】彩乃が無実をはらす

単発スペシャル

日本の刑事事件は99%有罪になる・・・・有罪になる事件しか起訴しないのが理由のようですが、”疑わしきは罰せず”の事件が一体どれぐらいあるのですかね。

深山大翔の父親は、大翔が小さい頃に殺人事件の容疑で捕まってしまい刑務所で亡くなってしまいます。大翔は真実をまだ知らずにいます。たしかSeason2で事件が明らかになりますが、大翔の父親は無罪だったんですよ。そんな過去をもつ大翔だから真実を真っ向から追っていくんですよね。

こんな弁護士ばっかりだったらいいのになぁ。。。

スポンサーリンク

99.9刑事専門弁護士特別編・第3夜あらすじ・ネタバレ

吉田果歩が会社の金庫から1500万円窃盗の容疑で逮捕された。母親が必死に娘の無実を晴らしてほしいと依頼する。母親は末期の膵臓癌だった。

果歩の自宅から1500万円見つかったが、本人は自分で貯めたとして犯行を否認する。

立花彩乃は母親からの依頼で弁護を引き受けたと伝えるが帰るように言われてしまう。果歩は母親と15年も会ってなかった。果歩の父親は仕事をしない人間で多額の借金があり暴力がひどかったため母親は出て行ったため果歩は養護施設で育った。母は果歩に対して最後に娘を助けたいいっしんで依頼した。

深山は家にあった1500万円の出どころが分かれば窃盗の罪ははれるとつぶやくが・・・

金庫の暗唱番号は会社で3人しかいない

金庫は社長と専務と経理の吉田果歩の3人しか開けられない。社長と専務が出張から帰ってきたらお金がなくなっていた。

深山は会社に行って、社長と専務に事情を聴く。1か月ごとに暗証番号を変えており、事件が発生する前日が変更日だった。暗証番号は書かずに社長から専務と吉田果歩にメモを渡して覚えてもらうようにしていた。

深山はその場で金庫を開けてもらうよう依頼するが専務は番号を間違えて空けられなかった。

スポンサーリンク

果歩は風俗でお金を貯めていた

果歩の住む大家から、夜はほとんど家におらず、あさ3時頃に帰ってきて別の女性と車から降りてきたと目撃証言。

実は「さゆり」という名前で2年前から風俗で働いていた。しかし本人は拒否する。

果歩のいた養護施設へいくと小さい頃大きい三角屋根の家をたくさん書いて「お母さんと一緒に住むんだ」と話していた。

彩乃は母親の余命を果歩に伝える

彩乃は「お母さんは余命1か月です。ガンです。もう二度と会えないかもしれない」と母からの手紙を読み上げる。

”” 小さいころあなたと約束していた「いつかこんな家に住もうね」あなたはあなたの家族をみつけて、私が貯めたお金で夢だった大きな家に住んでください。無罪を勝ち取ってこれからの人生笑顔で過ごしてください。頑張って、果歩 ””

果歩は「罪を認めます」罪を認めれば早く出られると聞いた。お母さんに会いたい、果歩は彩乃に依頼するが、示談に持ち込むべきなのか、彩乃は悩む。

しかし裁判で争うことを決めた彩乃、「私は自分で一生懸命働いたお金を盗んだお金だと思われたくない。無実を証明したい」と果歩に伝える

社長が金庫からお金を持ち出し

川口社長は大帝工業の社長と会っていた。川口建設は大帝工業の下請けだった。この数か月で受注数が増えていた。事件当日、川口社長は大阪に出張していたと証言、しかしその日の夜、浅草の割烹料理やで大帝工業と会っていた。

金庫が法廷に運ばれる。

社長のメモには「5012 1247」と書かれ、4桁の数字を足した数字が暗証番号だった。

川口社長が開けようとしたが、開かない。6859です。512+1247で認識していた。被告人と合田専務は6259で覚えていた。

6を0だと思い足し算していた。社長だけ6859だと認識していた。金庫を開けられるのは社長だけだった。社長は大帝工業に口利き料として1000万円を渡していた。

そして果歩に責任を押し付けようとしていた。

結審まで母親が持ちこたえてくれればいいが。。

1週間後、無罪で結審した。急いで病院へ行くと母親に生きて会うことができた。

スポンサーリンク

99.9刑事専門弁護士SEASON1・キャスト

 

 深山大翔みやまひろと (33) 松本 潤
佐田篤弘さだあつひろ (47) 香川照之
立花彩乃たちばなあやの (27) 榮倉奈々
   
丸川貴久まるかわたかひさ (36) 青木崇高
明石達也あかしたつや (40) 片桐 仁
藤野宏樹ふじのひろき (44) マギー
戸川奈津子とがわなつこ (41) 渡辺真起子
落合陽平おちあいようへい (27) 馬場 徹
佐田由紀子さだゆきこ (36) 映美くらら
坂東健太ばんどうけんた (44) 池田貴史
加奈子かなこ (24) 岸井ゆきの
志賀 誠しがまこと (46) 藤本隆宏
深山大介みやまだいすけ      首藤康之
   
大友修一おおともしゅういち (60) 奥田瑛二
斑目春彦まだらめはるひこ (65) 岸部一徳

スポンサーリンク

99.9刑事専門弁護士SEASON1・第3話感想

果歩が最後に母親に抱き着くところは思わず泣いてしまいました。死に際に会えてよかったな。。

風俗で働いてでも母親と一緒にすむための家を買うお金を貯めていた彩乃。偉いな。。。なんかそんな純粋な思いって感動しますね。

深山も今回は主任ではなかったですが、彩乃をきちんとサポートしてました。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました