【ネタバレ】7人の秘書7話~萬は粟田口の優秀な秘書だったが刑務所送り

7人の秘書

『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助けその人の人生を救ってくれる7人の秘書は元気をもらえますよ!7人のメンバーは、銀行の常務秘書を務める主人公・望月千代を演じるのは、木村文乃さん、頭取秘書・照井七菜役には、広瀬アリスさん。また、警視庁の警務部長秘書・長谷不二子を演じるのは、菜々緒さん。大学病院の病院長秘書・朴四朗(パク・サラン)役は、日韓で活動中のシム・ウンギョンさん。ホテルオーナーの令嬢でありながら都知事の秘書を務める風間三和を演じるのは大島優子さん。そして秘書たちとともに悪を斬る家政婦・鰐淵五月役に室井滋さんそして、秘書軍団が夜な夜な集うラーメン店の店主で、彼女たちの裏稼業の元締め・萬敬太郎役には江口洋介さんが演じます!

こちらの記事は、2020年12月3日(木)『七人の秘書』第7話のあらすじとネタバレになります。

第6話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】7人の秘書6話~サランと父親(リリ・フランキー)が再会!
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

最新話の見逃し配信でしたら、こちらのAMEBAで視聴することができます。2週間は無料期間ですのでちょこっとみて、すぐに解約すれば課金されませんよ。

スポンサーリンク

七人の秘書第7話ねたばれ

サランは粟田口の秘書に潜入し、千代と萬は連れ戻そうとするがサランは本当のことは言わなかった。そんな中、粟田口は内閣府特命担当大臣・椎名七津子を任命するが、選挙活動にお金をばらまいており、その証拠をサランはインターネットで拡散させる。それを知った粟田口の手下がサランを階段から突き落とす。病院に運んだのが千代の兄・一男だった。千代の兄は粟田口の運転手になっていた。

萬は7年前、粟田口の優秀な秘書だったが切り捨てられ収賄で逮捕され刑務所に入っていた。そして五月の夫もまた粟田口の策略で自殺していた。

スポンサーリンク

七人の秘書第7話あらすじ

慶西大学病院 病院長秘書のパク・サラン(シム・ウンギョン)がラーメン店「萬」に姿を見せなくなった。連絡すら取れない状況が続き、東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)は心配でたまらない…。

 そんなある日、東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)が、「萬」に大学の後輩・中川由加里(伊原六花)を連れてくる。何の前触れもなく突然、東都銀行の内定を取り消されてしまったとうなだれる由加里に、千代はその経緯を調査することを約束する。

するとそこに東京都知事秘書・風間三和(大島優子)が現れ、衝撃の事実を告げる…。知事のことで病院に連絡したら、サランが退職していたというのだ。さらに、心配になってアパートに行ってみたところ、すでに引っ越した後だったという。サランが恩人の萬敬太郎(江口洋介)にも黙って姿を消したことに、千代は大きなショックを受ける…。

サランは粟田口の私設秘書になっていた。

スポンサーリンク

内定取り消しは粟田口十三のたくらみ

 翌日、人事部に探りを入れた千代は、人事担当常務・高松新(相島一之)のトップダウンで由加里の内定取り消しが決定したことを知る。さらに、由加里が父親から紹介され、衆議院議員で内閣府特命担当大臣・椎名七津子(凰稀かなめ)の選挙運動でウグイス嬢のアルバイトをしていたことが発覚。12日間で120万円もらっていた。 

高松、七津子ともに財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘蔵っ子であることに気づいた千代は、この内定取り消しには、政治が絡んだ裏があるとにらむ。

 そんな折り、頭取・霧島和夫(小林隆)と高松から、粟田口との会食をセッティングするよう指示された千代は、粟田口に連絡を取るとサランだと声で分かった千代。

裏で糸を引いているのは粟田口に違いない、と確信。萬に「このままだと犠牲者が増えるばかりだから、決着をつけよう」と千代は訴えるが、人を人とも思わない粟田口の非情な手口によって奈落の底に突き落とされた過去をもつ萬は、千代を制止する。

スポンサーリンク

萬の過去が明らかに

粟田口のドライバーが千代の兄さんだと気づいたサラン

しかし千代は「粟田口をあぶりだす!萬と五月の復讐をはらす!全部まとめて懲らしめてやりましょう!」

五月は清掃員になって椎名七津子の事務所へ、不二子は東京地検の二瓶に会い、椎名七津子の選挙違反の証拠を渡す。由香里の父親は椎名議員からお金をもらい票を取りまとめていたと白状する。

五月は、7年前まで萬は、粟田口の優秀な秘書だった。しかし粟田口から切り捨てられ、嵌められ収賄で刑務所に服役した。当時、後援会長は五月の夫だったが、萬が逮捕後すぐに自殺してしまった。五月は仇をとろうとして粟田口を刺そうとするが、、、秘書が庇った。

粟田口は、最先端科学大学院を創設しようと東都銀行の頭取と高松に追加融資の話を持ち掛ける。

サランは裏切ってなかった

サランは千代に、粟田口の秘書になったのは報酬だと伝える。萬に早くお金を返したい。萬は戻ってこいと説得するが、サランは萬を負け犬呼ばわりし、決別する。サランには盗聴器が仕掛けられていた。

椎名七津子の不正の証拠をインターネットで拡散させたサラン。萬は急いでサランを探しにいく。しかしサランは粟田口が抱えているジャーナリストの男に襲われてしまい階段から突き落とされ病院に運ばれた。千代の兄・一男から萬に知らせがあった。一男は粟田口の事務所に潜入していた。

千代は追いかけるが。。。兄は車で去ってしまう。

スポンサーリンク

七人の秘書メインの登場人物

 

主な登場人物の紹介です。

木村文乃(望月千代 役)

「東都銀行」常務秘書。
兄が営むラーメン店を手伝っていたが、食べていくために銀座のクラブでホステスとして働き、ナンバーワンにまで上り詰める。しかし、未曾有の不景気で店は潰れてしまう。そんな時に再会したのが、司法書士の萬だった。現在は派遣の秘書として働きながら、兄と親友だった萬が買い戻したラーメン店の2階で暮らしている。理不尽なできごとを経験し、不公平な世の中に憤りを感じている。兄は失踪中。

広瀬アリス(照井七菜 役)

「東都銀行」頭取秘書。
東都銀行の正社員。秘書になりたかったわけでもなく、仕事もできないため怒られてばかりの、のんびりしたタイプ。ほかの秘書にはない素朴な人柄を気に入られ、人知れず頭取と密会を重ねている。千代の完璧な仕事ぶりを見るうちに、プロ意識が芽生え始める。

菜々緒(長谷不二子 役)

「警視庁」警務部長秘書。
警察組織という男社会の中で悪戦苦闘している。正義感が強く、男勝りな一面がある。しかしそれは、過去のある事件がキッカケになっている…。空手の有段者で、運動神経にも優れている。

スポンサーリンク

シム・ウンギョン(朴四朗〈パク・サラン〉役)

慶西大学病院」病院長秘書。
母が韓国人、父が日本人のハーフ。医療の知識がずば抜けており、専門知識を必要とする医療秘書として従事している。韓国で生まれ育ち医者を目指していたが、ある事情で断念しなければならなかった過去がある。SEのエキスパートでハッカーの才能もある。

大島優子(風間三和 役)

東京都知事秘書。
ホテルオーナーの令嬢だが、家庭は崩壊している。周囲からは裕福な環境をうらやまれているが、人知れず闇を抱えている。留学経験のある優秀なバイリンガル。

室井滋(鰐淵五月 役)

家政婦。
かつては政治家の私設秘書をしており、全力でボスをサポート。伝説の秘書として名をはせていた。しかし、ある事件を起こして刑務所に入っていたという過去をもつ。秘書たちとともに暗躍する。

江口洋介(萬敬太郎 役)

ラーメン店「萬」店主。副業は司法書士。
誰にも知られず、影の秘書軍団の元締めをやっている。わずかな報酬で、5人の秘書、五月とともに人助けを請け負う。政治家の秘書だったが、清廉潔白な信念があだとなり、解雇された過去をもつ。

 七人の秘書第7話・感想

サランは粟田口の秘書になって、粟田口の弱味を握ろうとしたのですね。自分が盗聴器をつけられているのを知っていてわざと千代と萬にひどい罵声を浴びせさせて、サランのなんとも言えない苦しい表情がいじらしい、サランがこのドラマを引き立たせていると思います。

しかし千代の兄が粟田口の運転手になっていてまだ過去は明らかになってませんが、きっと粟田口からひどい目にあったに違いないです。

いよいよ来週は最終回です。あらすじはこちらです。

【ネタバレ】7人の秘書最終回~粟田口VS7人の秘書!!
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

スポンサーリンク

マグノリア・トレンドストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました