【ネタバレ】7人の秘書6話~サランと父親(リリ・フランキー)が再会!

7人の秘書

『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助けその人の人生を救ってくれる7人の秘書は元気をもらえますよ!7人のメンバーは、銀行の常務秘書を務める主人公・望月千代を演じるのは、木村文乃さん、頭取秘書・照井七菜役には、広瀬アリスさん。また、警視庁の警務部長秘書・長谷不二子を演じるのは、菜々緒さん。大学病院の病院長秘書・朴四朗(パク・サラン)役は、日韓で活動中のシム・ウンギョンさん。ホテルオーナーの令嬢でありながら都知事の秘書を務める風間三和を演じるのは大島優子さん。そして秘書たちとともに悪を斬る家政婦・鰐淵五月役に室井滋さんそして、秘書軍団が夜な夜な集うラーメン店の店主で、彼女たちの裏稼業の元締め・萬敬太郎役には江口洋介さんが演じます!

こちらの記事は、2020年11月26日(木)『七人の秘書』第6話のあらすじとネタバレになります。

第5話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【ネタバレ】7人の秘書5話~都知事が煽り運転!?
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

最新話の見逃し配信でしたら、こちらのAMEBAで視聴することができます。2週間は無料期間ですのでちょこっとみて、すぐに解約すれば課金されませんよ。

スポンサーリンク

七人の秘書第6話ねたばれ

南勝子都知事(萬田久子)が急性心筋梗塞となり、その手術をゴッドハンドの異名をもつ白鳥教授(リリ・フランキー)に依頼する粟田口。しかし粟田口から都知事を退くよう言われたが、断った勝子。粟田口は白鳥にわざと手術を失敗するよう依頼するが断わる。白鳥は母親とサランを捨てた父親だった。しかしサランが白鳥に手術を依頼し都知事は公務に復帰した。粟田口はサランに自分の秘書になるよう伝えるが・・・

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

七人の秘書第6話あらすじ

東京都知事・南勝子(萬田久子)が倒れ、パク・サラン(シム・ウンギョン)が病院長秘書を務める慶西大学病院に救急搬送される。勝子の秘書・風間三和(大島優子)がサランに勝子の病名を尋ねると、急性心筋梗塞だった。

勝子の入院を知った財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)は、“日本一のゴッドハンド”として名高い東帝大学病院の心臓外科教授・白鳥六郎(リリー・フランキー)に執刀を依頼。そんな中、白鳥の名を聞いて動揺するサラン…。

夫の心臓手術を断られた康子

一方、ラーメン店「萬」には、東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)に連れられ、夫とともに青果店を営む康子が来ていた。康子は、心臓に難病を抱える夫の手術日がようやく決まったにも関わらず、突然病院から断られたという。この手術ができる医師は日本に一人しかいない…と嘆く康子の話を聞き、店主の萬敬太郎(江口洋介)は力になることを約束する。

その夜集合した東都銀行常務秘書・望月千代(木村文乃)たち秘書軍団は、康子の手術を断った医師が勝子の手術を担当する白鳥だと知り、大ブーイング。

サランは粟田口大臣に白鳥教授に合わせてほしいと頼んだが断わられた。しかし明日慶西大学病院に来ると情報をもらった。

サランは、秘書軍団に、白鳥は、母と私を捨てた父親だが、出世を選んだ。母親は看護婦をしながらサランを育てたが、高校生のときに白血病で亡くなった。その後サランは日本にきたが、父親から面会は何回も断れられ捨て犬のようになっていたサランを萬が声をかけた。

スポンサーリンク

白鳥は粟田口の命令を断る

白鳥が慶西大学にやってきた。サランが再会を果たす。白鳥は簡単な手術だから自分はやらないと言い出す。そして粟田口が勝子の見舞いにやってきた。

体調を気遣うふりをして勝子にやんわりと退陣を促したものの拒否された粟田口は、白鳥に勝子の手術をわざと失敗するよう持ち掛ける。研究費の援助をネタにしてもちかけるが、白鳥はきっぱり断る。わたしは人を殺すために研究しているんじゃない。生かすためだ。粟田口は院長に慶西大の先生にわざと失敗するよう指示する。

そして一旦断られた康子の父親の手術は白鳥が行った。

サランは白鳥に都知事の手術を依頼し、白鳥は手術を成功した。

アッパ!

粟田口は最近変なことがおきるとフリーライター黒木に依頼する。

白鳥はサランに声をかける。「サラン」私がつけた名前だ。その澄んだ目がお母さんそっくりだ。

サランはずっとあなたを憎んできました。でもどうしようもなく尊敬しています。私もあなたのような外科医になりたかった。

「アッパ」(韓国語でお父さん)

サランは粟田口に呼び出され、自分の秘書にならないか?

スポンサーリンク

七人の秘書メインの登場人物

 

主な登場人物の紹介です。

木村文乃(望月千代 役)

「東都銀行」常務秘書。
兄が営むラーメン店を手伝っていたが、食べていくために銀座のクラブでホステスとして働き、ナンバーワンにまで上り詰める。しかし、未曾有の不景気で店は潰れてしまう。そんな時に再会したのが、司法書士の萬だった。現在は派遣の秘書として働きながら、兄と親友だった萬が買い戻したラーメン店の2階で暮らしている。理不尽なできごとを経験し、不公平な世の中に憤りを感じている。兄は失踪中。

広瀬アリス(照井七菜 役)

「東都銀行」頭取秘書。
東都銀行の正社員。秘書になりたかったわけでもなく、仕事もできないため怒られてばかりの、のんびりしたタイプ。ほかの秘書にはない素朴な人柄を気に入られ、人知れず頭取と密会を重ねている。千代の完璧な仕事ぶりを見るうちに、プロ意識が芽生え始める。

菜々緒(長谷不二子 役)

「警視庁」警務部長秘書。
警察組織という男社会の中で悪戦苦闘している。正義感が強く、男勝りな一面がある。しかしそれは、過去のある事件がキッカケになっている…。空手の有段者で、運動神経にも優れている。

スポンサーリンク

シム・ウンギョン(朴四朗〈パク・サラン〉役)

慶西大学病院」病院長秘書。
母が韓国人、父が日本人のハーフ。医療の知識がずば抜けており、専門知識を必要とする医療秘書として従事している。韓国で生まれ育ち医者を目指していたが、ある事情で断念しなければならなかった過去がある。SEのエキスパートでハッカーの才能もある。

大島優子(風間三和 役)

東京都知事秘書。
ホテルオーナーの令嬢だが、家庭は崩壊している。周囲からは裕福な環境をうらやまれているが、人知れず闇を抱えている。留学経験のある優秀なバイリンガル。

室井滋(鰐淵五月 役)

家政婦。
かつては政治家の私設秘書をしており、全力でボスをサポート。伝説の秘書として名をはせていた。しかし、ある事件を起こして刑務所に入っていたという過去をもつ。秘書たちとともに暗躍する。

江口洋介(萬敬太郎 役)

ラーメン店「萬」店主。副業は司法書士。
誰にも知られず、影の秘書軍団の元締めをやっている。わずかな報酬で、5人の秘書、五月とともに人助けを請け負う。政治家の秘書だったが、清廉潔白な信念があだとなり、解雇された過去をもつ。

 七人の秘書第6話・感想

サラン役のシム・ウンギョンやっぱりすごい良いですね。感動しました。リリ・フランキーさんとが父親だったのですが、なんだか雰囲気が似ている!?に思いました。何十年ぶりかの「アッパ(お父さん)」というところはジーンとしました。

医者にわざと手術を失敗しろ!!は言っちゃいけないですよね(ドラマの世界ですが)いよいよ栗田口が反撃にでます。

このドラマは8話完結のようです。あと2話、最終章に入ります。

【ネタバレ】7人の秘書7話~サランが秘書軍団を抜ける!?
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

スポンサーリンク

 

マグノリア・トレンドストア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました