【ネタバレ】7人の秘書4話~七菜(広瀬アリス)が盗撮される!!

7人の秘書

『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助けその人の人生を救ってくれる7人の秘書は元気をもらえますよ!7人のメンバーは、銀行の常務秘書を務める主人公・望月千代を演じるのは、木村文乃さん、頭取秘書・照井七菜役には、広瀬アリスさん。また、警視庁の警務部長秘書・長谷不二子を演じるのは、菜々緒さん。大学病院の病院長秘書・朴四朗(パク・サラン)役は、日韓で活動中のシム・ウンギョンさん。ホテルオーナーの令嬢でありながら都知事の秘書を務める風間三和を演じるのは大島優子さん。そして秘書たちとともに悪を斬る家政婦・鰐淵五月役に室井滋さんそして、秘書軍団が夜な夜な集うラーメン店の店主で、彼女たちの裏稼業の元締め・萬敬太郎役には江口洋介さんが演じます!

 

こちらの記事は、2020年11月12日(木)『七人の秘書』第4話のあらすじとネタバレになります。

第3話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【7人の秘書】3話あらすじとネタバレ~サランの病院の悪事を暴く
2020年11月5日(木)『七人の秘書』第3話のあらすじとネタバレになります。 サランがいる大学病院でとてもまじめな患者の信頼が厚い三好先生が患者からお金を受け取ったとして謹慎処分になってしまいます。大学病院の院長息子を内科部...

最新話の見逃し配信でしたら、こちらのAMEBAで視聴することができます。2週間は無料期間ですのでちょこっとみて、すぐに解約すれば課金されませんよ。

スポンサーリンク

七人の秘書第4話ねたばれ

女子高生の映子が盗撮され被害届が提出されるが警務部の北島部長が、揉み消す。犯人は財務大臣粟田口十三の後援会長の息子・山根、北島は財務大臣とのパイプがほしかった。山根はパソコンに保存していたデータは削除したが、Secret会という盗撮仲間の集まりに参加し印刷した盗撮写真を自慢して見せる。そこで7人の秘書たちによって警視総監にその盗撮写真がばれて山根、北島ともに懲戒処分となる。

詳しいストーリーはあらすじをご覧ください。

スポンサーリンク

七人の秘書第4話あらすじ

警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマホでスカートの中を盗撮されたという女子高生・小杉映子(永瀬莉子)が提出した被害届が届く。山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。

盗撮の被害が揉み消される

 そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は映子を助け、萬敬太郎(江口洋介)が店主のラーメン店「萬」へ連れていく。そこで映子は、警察から「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを話し始める。そっと話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子(菜々緒)は、事件を隠蔽した警察組織に大激怒。「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を諭し、一緒に戦うことを誓う。

不二子はかつて捜査一課だったが、同僚からセクハラや嫌がらせされても逃げなかった。しかし警務部の秘書課に異動させられてしまう過去があった。

スポンサーリンク

七菜がオトリになる

映子の記憶から、盗撮に使われたのが山根のスマホだと確信した不二子は、東都銀行常務秘書・望月千代(木村文乃)ら裏仕事の仲間たちと山根を懲らしめることにした。 盗撮マニアの常習性を利用することにした秘書軍団は、表向きはクリーンな警察キャリアの山根を現行犯で捕まえる作戦を開始。三和と東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)がオトリになり、山根との接触を計る。しかし山根ではない違う盗撮犯を捕まえてしまう。

その盗撮犯の楽しみの一つは仲間同志で盗撮した写真を見せ合うことだという。盗撮した写真は絶対に削除しない。

山根の盗撮は警視総監にバレてしまう

山根がいくスポーツクラブでスマホからデータを確認するが、何も保存されてなかった。

11月9日、会食の日、延期になったことを伝える不二子。そしてSecret会という謎の会合にいく山根。そのSecret会は盗撮仲間の会合でお互い盗撮した写真をみせる会だった。

そして山根は見事に嵌められ、そして警務部長と警視総監の前で盗撮犯だとバレてしまう。もっていた写真集を警視総監にみられてしまう。山根と隠蔽していた警務部の北島課長も懲戒免職となった。

スポンサーリンク

七人の秘書メインの登場人物

 

主な登場人物の紹介です。

木村文乃(望月千代 役)

「東都銀行」常務秘書。
兄が営むラーメン店を手伝っていたが、食べていくために銀座のクラブでホステスとして働き、ナンバーワンにまで上り詰める。しかし、未曾有の不景気で店は潰れてしまう。そんな時に再会したのが、司法書士の萬だった。現在は派遣の秘書として働きながら、兄と親友だった萬が買い戻したラーメン店の2階で暮らしている。理不尽なできごとを経験し、不公平な世の中に憤りを感じている。兄は失踪中。

広瀬アリス(照井七菜 役)

「東都銀行」頭取秘書。
東都銀行の正社員。秘書になりたかったわけでもなく、仕事もできないため怒られてばかりの、のんびりしたタイプ。ほかの秘書にはない素朴な人柄を気に入られ、人知れず頭取と密会を重ねている。千代の完璧な仕事ぶりを見るうちに、プロ意識が芽生え始める。

菜々緒(長谷不二子 役)

「警視庁」警務部長秘書。
警察組織という男社会の中で悪戦苦闘している。正義感が強く、男勝りな一面がある。しかしそれは、過去のある事件がキッカケになっている…。空手の有段者で、運動神経にも優れている。

スポンサーリンク

シム・ウンギョン(朴四朗〈パク・サラン〉役)

慶西大学病院」病院長秘書。
母が韓国人、父が日本人のハーフ。医療の知識がずば抜けており、専門知識を必要とする医療秘書として従事している。韓国で生まれ育ち医者を目指していたが、ある事情で断念しなければならなかった過去がある。SEのエキスパートでハッカーの才能もある。

大島優子(風間三和 役)

東京都知事秘書。
ホテルオーナーの令嬢だが、家庭は崩壊している。周囲からは裕福な環境をうらやまれているが、人知れず闇を抱えている。留学経験のある優秀なバイリンガル。

室井滋(鰐淵五月 役)

家政婦。
かつては政治家の私設秘書をしており、全力でボスをサポート。伝説の秘書として名をはせていた。しかし、ある事件を起こして刑務所に入っていたという過去をもつ。秘書たちとともに暗躍する。

江口洋介(萬敬太郎 役)

ラーメン店「萬」店主。副業は司法書士。
誰にも知られず、影の秘書軍団の元締めをやっている。わずかな報酬で、5人の秘書、五月とともに人助けを請け負う。政治家の秘書だったが、清廉潔白な信念があだとなり、解雇された過去をもつ。

 七人の秘書第4話・感想

不二子役の菜々緒さんですが、捜査一課の刑事だったのに同僚の男達にセクハラまがいな嫌がらせにあって我慢していたのに異動させられたという過去が明らかになりました。ドラマの話だけど理不尽なことってたくさんありますよね。綺麗な人だと余計妬まれる感じで菜々緒さんは何かこの役とてもハマってました。

広瀬アリスさんのミニスカート姿とてもかわいかったです。でもあれでエスカレーターにいたら、覗いてください!って言っているようなものですね。。。たまに本当に見えちゃっている人がいるので、見えちゃう方も困るときもあります(笑)

次回第5話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】7人の秘書5話~都知事が煽り運転!?
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

スポンサーリンク

マグノリア・トレンドストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました