【7人の秘書】3話あらすじとネタバレ~サランの病院の悪事を暴く

7人の秘書

2020年11月5日(木)『七人の秘書』第3話のあらすじとネタバレになります。

サランがいる大学病院でとてもまじめな患者の信頼が厚い三好先生が患者からお金を受け取ったとして謹慎処分になってしまいます。大学病院の院長息子を内科部長にするために邪魔者を追い出すのが目的だとして秘書たちは立ち上がります。詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

第2話のあらすじとネタバレはこちらになります。

【7人の秘書】2話あらすじとネタバレ~パワハラ秘書室長を退治
2020年10月29日(木)『七人の秘書』第2話のあらすじとネタバレになります。 ザ・お局の秘書室長・二葉を杉田かおるさんが演じましたが、この人には逆らえませんというぐらい怖かったです。自分が気に入らない社員を「無視かご」...

スポンサーリンク

七人の秘書第3話あらすじ

慶西大学病院の病院長秘書 パク・サラン(シム・ウンギョン)は、内科医・三好麻里(松本若菜)が、患者から現金の入った菓子折りを受け取ったと疑われ、謹慎処分になったことを知る。麻里は中身に現金があったことは知らない。

まったく身に覚えがない…と落ち込む麻里とともにラーメン店「萬」に向かったサランは、患者の信頼も厚く次期内科部長候補に挙げられるほど優秀な麻里が、出世争いに巻き込まれ、はめられたのだと断言する。

あろうことか現金が入っていた菓子折りは、病院長・西尾忠彦(大和田伸也)の指示で、サランが発注したものだった…!

サランがいる病院で内科部長をめぐり三好先生が嵌められる

西尾が息子の西尾直哉(忍成修吾)を内科部長にするために麻里を失脚させようとしたのではないかと考えた東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)らは、西尾を追い込むネタを仕入れるための作戦を開始。東京都知事秘書・風間三和(大島優子)がセッティングした直哉との合コンに、千代、東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)、警視庁 警務部長秘書・長谷不二子(菜々緒)の4人で乗り込むことにした。

 一方、息子の出世に加え、自身も医師会会長の座を狙う西尾は、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)と密会をしていた…。しかしそこにもう1人の男が入ってきたが、サランは誰だかわからない。不二子が調べると医学専門の予備校の校長だった。

スポンサーリンク

院長親子に鉄槌を!

サランは、夜な夜な遊び歩くだけの直哉を昇進させるために麻里を陥れるなどあってはならないと、親子で医療界に君臨しようと企てる西尾への怒りに打ち震える。

西尾が悪事に手を染める決定的な証拠を何としても手に入れようと、院長室に忍び込んだサランだが、そこに極秘情報が入った書類を見つける。

七菜に近づく記者がいた。一原頭取の死因をきかれ慶西大学の院長を調べたほうがいい!とつい言ってしまう。その記者は翌日、『慶西大は患者に多額の謝礼金をもらう』記事を出す。火消しをするために三好先生は懲戒免職となり、院長は自ら院長職を退いた。

サランたち秘書軍団は立ち上がる。

三好先生は復帰しダメ親子は追放

萬が、慶西大に乗り込む。ギャンブルの借金を肩代わりしてもらった男が立っていた。その男は院長に頼まれて三好先生にお金が入った菓子折りを渡したと証言した。

裏口入学のリストだった。西尾院長と予備校先生が手を組んでいた。直哉も裏口入学だった。サランは直哉の合コンで使用した領収書をばらまく。

西尾親子が大学から出ていく。そして強制捜査が入る。

粟田口十三大臣からも見捨てられた。

三好先生は病院に復帰した。

サランの父親は日本で医者をしている。母親が病気で倒れて医者になる夢をあきらめた。

萬は「お前は医者になれなくても人を救っているぞ」

スポンサーリンク

七人の秘書メインの登場人物

 

主な登場人物の紹介です。

木村文乃(望月千代 役)

「東都銀行」常務秘書。
兄が営むラーメン店を手伝っていたが、食べていくために銀座のクラブでホステスとして働き、ナンバーワンにまで上り詰める。しかし、未曾有の不景気で店は潰れてしまう。そんな時に再会したのが、司法書士の萬だった。現在は派遣の秘書として働きながら、兄と親友だった萬が買い戻したラーメン店の2階で暮らしている。理不尽なできごとを経験し、不公平な世の中に憤りを感じている。兄は失踪中。

広瀬アリス(照井七菜 役)

「東都銀行」頭取秘書。
東都銀行の正社員。秘書になりたかったわけでもなく、仕事もできないため怒られてばかりの、のんびりしたタイプ。ほかの秘書にはない素朴な人柄を気に入られ、人知れず頭取と密会を重ねている。千代の完璧な仕事ぶりを見るうちに、プロ意識が芽生え始める。

菜々緒(長谷不二子 役)

「警視庁」警務部長秘書。
警察組織という男社会の中で悪戦苦闘している。正義感が強く、男勝りな一面がある。しかしそれは、過去のある事件がキッカケになっている…。空手の有段者で、運動神経にも優れている。

スポンサーリンク

シム・ウンギョン(朴四朗〈パク・サラン〉役)

慶西大学病院」病院長秘書。
母が韓国人、父が日本人のハーフ。医療の知識がずば抜けており、専門知識を必要とする医療秘書として従事している。韓国で生まれ育ち医者を目指していたが、ある事情で断念しなければならなかった過去がある。SEのエキスパートでハッカーの才能もある。

大島優子(風間三和 役)

東京都知事秘書。
ホテルオーナーの令嬢だが、家庭は崩壊している。周囲からは裕福な環境をうらやまれているが、人知れず闇を抱えている。留学経験のある優秀なバイリンガル。

室井滋(鰐淵五月 役)

家政婦。
かつては政治家の私設秘書をしており、全力でボスをサポート。伝説の秘書として名をはせていた。しかし、ある事件を起こして刑務所に入っていたという過去をもつ。秘書たちとともに暗躍する。

江口洋介(萬敬太郎 役)

ラーメン店「萬」店主。副業は司法書士。
誰にも知られず、影の秘書軍団の元締めをやっている。わずかな報酬で、5人の秘書、五月とともに人助けを請け負う。政治家の秘書だったが、清廉潔白な信念があだとなり、解雇された過去をもつ。

 七人の秘書第3話感想

サラン役のシム・ウンギョンさんは韓国の女優ですが日本語上手ですよね。少したどたどしいかもしれないですけど、柔和なお顔で癒し系です。シム・ウンギョンさんは、2019年公開された松坂桃李とW主演を務めた映画『新聞記者』で第43回の日本アカデミー最優秀女優賞を受賞しています。すごい女優さんなんですね。

さて今回から七菜が秘書軍団に加わりましたが、七菜のダメっぷりをダメ出しする千代が素敵すぎます。でも七菜みたいな悪びれないけど要領悪い子がいるから、千代や他の秘書が際立つんですよね。バランスは大事(笑)

次回第4話のあらすじはこちらになります。

【ネタバレ】7人の秘書4話~七菜(広瀬アリス)が盗撮される!!
『7人の秘書』は、名声高いボスを支え目立たぬことこそを極意とする、名もなき「秘書」たちです。“影の軍団”として密かに集められた彼女たちが「名乗るほどの者ではございません」と言いながら、のさばる上級国民に鉄槌を下します。弱い人を助...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました