【ネタバレ】35歳の少女最終回~望美は北海道でアナウンサーに!!

35歳の少女

『35歳の少女』は25年前に不慮の事故で意識不明になりずっと眠っていた望美(柴咲コウさん)が、目を覚まします。体や顔は35歳ですが、心は10歳のままです。そんな望美が幼馴染だった結人(坂口健太郎さん)と恋もしながら成長していく過程です。母親(鈴木保奈美)との葛藤など、25年間の時間を埋めていく成長物語です。

こちらの記事は2020年12月12日『35歳の少女』いよいよ最終回です。あらすじとネタバレになります

第9話のあらすじとネタバレ記事はこちらをご覧ください。

【ネタバレ】35歳の少女9話~多恵が死亡!!望美へのメッセージに号泣
『35歳の少女』は25年前に不慮の事故で意識不明になりずっと眠っていた望美(柴咲コウさん)が、目を覚まします。体や顔は35歳ですが、心は10歳のままです。そんな望美が幼馴染だった結人(坂口健太郎さん)と恋もしながら成長していく過程です。母親...

やっぱりドラマをみたい方は、見逃し配信はHULUで全話見ることができます。

2週間は無料ですので、さっとみて、さっと解約するのも手ですよ!下記からアクセスできます。

コナン

スポンサーリンク

『35歳の少女』最終回・ねたばれ

望美は小学生の同級生の結婚式で司会を行い、そこで北海道のローカルテレビのアナウンサーにスカウトされる。結人と離れるのが不安だったが、結人に説得され、遠距離恋愛に。

愛美はデザインコンクールで家族の絵、それは35歳の少女・望美だった。優秀賞をとりデザイン会社に再就職する。

結人はいじめられた生徒を救えずに悩んでいたが、生徒を説得させ、クラスのみんなにも見てみないフリをしないことを約束させ、先生として続けることにした。

それぞれの納得した人生を歩むことに。。。

スポンサーリンク

『35歳の少女』最終回・あらすじ

望美(柴咲コウ)は多恵たえ(鈴木保奈美)を亡くした喪失感に沈みながらも、両親が残した家に愛美まなみ(橋本愛)と共に住むことを決める。一方で結人ゆうと(坂口健太郎)との再会を望むが、中途半端な自分のまま連絡する勇気が持てずにいた。

今村家では家族として再生を始めた3人が食卓を囲んでいた。進次しんじ(田中哲司)と達也たつや(竜星涼)はそれぞれある決意を胸に抱いているがまだ言い出せずにいたが、達也は100万円を加奈に返し就活を始める。進次は禁酒宣言

デザイナーとして就職先を見つけられない愛美は相沢あいざわ(細田善彦)と遭遇。藤子ふじこ(大友花恋)と破局したことを知った愛美は、新しい会社で一緒に営業をしないかという誘いに心揺れる……。

結人が教え子と分かち合う

そんな中家に帰ると、母を死なせてしまった罪悪感と虚無感から放心している望美を見て、愛美は姉を元気付けようと結人に電話するが、二人は頑なに会うことを拒む。

教え子がいじめを苦に転校を決めたことに悩む結人は自分にできることはないのかと無力感を感じていた。生徒の家に行き、助けになろうと必死に説得する結人であったが、生徒は部屋から出てくることはなかった……。翌日、結人は退職願を手に最後の授業に臨む。

結人は、学校を辞めることをつたえ、最後に、「このクラスにいじめがあったこと。いじめたヤツは最悪だ。見て見ぬフリする奴がもっとワルい。自分をごまかして生きることになる。勇気を出してほしい。人の話をいっぱい聞いてあげられる人間になってほしい。」

教室から出ようとしたら、そこには昨日説得した生徒がいた。結人のクラスメートは、次々に「見て見ぬフリをしません。」と結人に約束する。

結人は実家に戻り、父親が失くしてショックを受けていた母親に寄り添う。

スポンサーリンク

望美は北海道でアナウンサーに!

望美はデザインコンクールに出品するよう愛美を説得する。愛美は相澤の会社を断り、コンクールに没頭する。そして発表の日、愛美は「優秀賞」をとった!!!望美は大喜び。

そして望美の小学校の同級生の結婚式、結人君と久しぶりに再会する望美。しかし結婚式の司会が急病でこれなくなってしまい、望美が司会をやることに。

しかし新婦と母親は大喧嘩。

望美は、2人に、「もっと喧嘩してください。娘は誰よりも母親に自分の生き方を認めてもらい、応援してもらいたいんです。母親はたくさん苦労して娘を育てている。仲直りできるのが家族なんだから。」

結婚式は無事に終わった。そこで望美は、北海道のローカルテレビのアナウンサーにスカウトされた。

望美は北海道でアナウンサーに

しかし望美は北海道行くことで結人と離れるのが不安だった。結人に「自分を選んだ道を正しくすることじゃないのか!」と説得され望美は北海道行くことにした。

結人は俺はお前としか結婚する気がない。俺たちは死ぬまで一緒にいるために出会ったんだ。

「25年ぶりに戻ってきて、お前は目覚めてよかったんだって言われて嬉しかった。生きていく勇気がもてた。あなたがいなかったら35歳の少女のままで北海道に行けなかった。あなたがこの世界にいてくれてよかった」

 

望美の夢の中で、白髪になったママの笑顔があった。初めてみた笑顔だった。

望美、36歳の誕生日、おめでとう。

スポンサーリンク

『35歳の少女』相関図とメインキャスト紹介

相関図はこちらになります。

スポンサーリンク

メインキャスト

メインキャストの紹介です。

時岡 望美(35)柴咲 コウ

明るく無邪気で能天気な小学4年生。
何かにつけてすぐに感情が爆発、とにかく“喜怒哀楽”が激しい。
将来の夢はアナウンサーで、現場リポートが日課。
クラスメイトの広瀬結人に思いを寄せている。
10歳の時、自転車で事故に遭い昏睡状態に…
25年が経ち、心は10歳のまま35歳の体で目覚めた。

広瀬 結人(35)坂口 健太郎

望美の小学校のクライメイトで初恋の相手。
一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職。
自信のなさを隠すために、他人を批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美との“再会”で、そんな自分を見直していく。
望美への想いもふたたび芽生えて…。

時岡 愛美(32)橋本 愛

望美の3歳違いの妹。
大手広告代理店の営業部門で働く。
一見、美人で、仕事もできるしっかり者だが、外見とは裏腹のメンヘラ“かまってちゃん”タイプで、恋愛には不器用。男は決まって去っていく。
姉の事故後、両親は離婚し、姓は母方の時岡に。
家族を取り巻く環境が激変したことで、自分の存在意義に苦しむようになった。
姉の目覚めを素直に喜べないでいる。

時岡 多恵(32・57)鈴木 保奈美

望美の母。
望美の事故後、夫の進次と離婚し、二人の娘を女手ひとつで育ててきた。
25年間望美の介護を続ける一方で、保険の外交員として働きづめ。
家族の中心で、みんなに降り注いでいた笑顔は消え、頼れるのは、自分だけになってしまった。
「いつか、娘が目覚める」ことだけを信じて生きてきたが、その夢が叶った時、彼女の時計は、別の方向に動き始める。

スポンサーリンク

今村 進次(33・58)田中 哲司

望美の父。
大手ハウスメーカーの営業マン。
昔は愛する家族のため、お客様のため家を次々に売るほど、優秀で、何度も社長賞をもらっていた。
望美の事故から5年後、妻と離婚し、再婚するが、義理の息子が引きこもりになってしまい、仕事ももっぱら、アフターサービスが中心。
家庭も仕事も行き詰まっている。

今村 加奈(50)富田 靖子

進次の再婚相手。
達也の実の父と離婚後、進次と再婚。
今の多恵とは対照的に、控え目で、穏やかな性格で、
進次が前の家庭に未練があることに勘付いていながら、何も言えていないでいるが、
少しづつ、不満が蓄積している。

今村 達也(25)竜星 涼

加奈の連れ子。
そこそこの私大を卒業後、そこそこの企業に就職したが、いじめに遭い、2年足らずで会社を退職。
自宅の部屋に1年以上引きこもっている。
食事や飲み物が欲しいときだけ、両親と顔を合わさないようメールを送ってから、部屋から出てくる。
毎回、手にしたアイテムが、部屋での行動のヒントに!?

『35歳の少女』最終回・感想

35歳の少女、大好きなドラマでした。第1話から柴咲コウさんが小学生のように泣いていたところが今でもとても印象に残ってます。純粋な気持ちのまま、家族を1つにして、みんなを笑顔にした望美をみて、ドラマを見た後は自分のいままでの生き方を振り返ったりしてました。私なんてどこにでもいる中年女ですけど、小学生のときはもう少し夢みていたなって思ったりしました。

結人が最後にクラスメートに行った、「世界中の人間のなかで、俺(私)という人間は1人しかいない、だからこの世の中で、大切な存在なんだ」

この言葉、35歳の少女の集大成のように思います。

自分ぐらいは、自分のことを大切だと自画自賛してもいいかもしれません。誰も言ってくれないですし、全然自信ないですけど(笑)

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました