【24ジャパン】第5話ねたばれと感想〜美有が誘拐されたと知った現馬

ドラマ24

2020年11月6日(金)第5話『04:00-05:00』のあらすじとネタバレになります。

寿々は緊急手術中でまだ助かるかどうかわかってません。警察官を銃殺した犯人・陣元は美有が誘拐されたことを知っていて現馬はなんとか情報を得ようと警察署から逃亡させます。しかしそこには男性の遺体が入った車がみつかり・・・。美有を誘拐したKENとGOは、寿々が生きていることを知って神林はKENを射殺してしまいます。麗の息子の夕太は妹を暴行した犯人を殺害していた事実が暴かれようとして麗は本人に直接聞きますが、、、、詳しくはネタバレ記事をご覧ください。

第4話のあらすじネタバレはこちらの記事をご覧ください。

【24ジャパン】第4話ねたばれと感想~CTUに内部調査が入る
2020年10月30日(金)第4話『03:00-04:00』のあらすじとネタバレになります。 第3話で寿々がひき逃げされましたが、生きているようです。リアルタイムで発生している事件は息が詰まりそうになるぐらい緊張感がハンパないです。誰が敵...

スポンサーリンク

『24ジャパン』第5話あらすじとねたばれ

誘拐された娘たちを捜す獅堂六花(木村多江)函崎要吾(神尾佑)は、女の子が車にはねられたことを知り、病院へ急行。手術室へ運ばれる函崎の娘・寿々(柳美稀)の姿を確認する。寿々の命は助かるのか、そして彼女と行動を共にしていた六花の娘・獅堂美有(桜田ひより)はどこにいるのか…。心配でパニックに陥る六花。

現馬は福元から美有が誘拐されたことを聞く

そんな妻から事情を聞いたCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、別の線から美有の行方を調べると告げ、警察署の取調室へ向かう。

取調室にいるのは、現馬の前で警察官の命を奪った男・陳元永福(渋谷謙人)――日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関与している可能性が極めて高い男だ。

しかも、陳元は美有が誘拐されたことも知っていた! 暗殺計画の黒幕と美有の居場所を突き止めるため、陳元を尋問しようとする現馬。だが、その眼前にCTU第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が立ちはだかる。

現馬は陣元を逃亡させる

現馬は暗殺計画を止めるために取り調べをさせてほしいと鬼束に依頼するが、鬼塚は自ら取り調べをすることに。しかし現馬と話したいと言われる。

現馬は取り調べを行うが暴力をふるい取調室を追い出される。しかしそれは演技だった。現馬は口のなかにメモを押し込んだ。そして陳元はトイレにいき、そこに隠してあったスマホで会話する。

陣元は、お前らの娘を拉致した男達の会話をきいた。20分後に奴らから電話がくる。それに出ないとまずい。ここから連れ出せ。

陣元が抜け出した。

現馬は陣元に電話に出させ、逆探知をさせようとする。

麗は夕太を問い詰める

 その頃、麗は苦悩していた。息子・朝倉夕太(今井悠貴)がかつて妹・朝倉日奈(森マリア)に暴行を働いた少年を殺した――そんな衝撃的なニュースをまもなくキャスター・山城まどか(櫻井淳子)が報道してしまう…。

そうなれば、日奈のショックは計り知れない。報道される前に日奈に伝えるべきではないか、と考え始める麗。そしてまどかと直接会う。

情報源は2つよ、1つはカウンセラー葵塔子の証言、もう一つは日奈に乱暴した少年はその日自殺したが、解剖したら暴行を受けていた。ある少年が同様の傷を負い近くの病院で治療を受けていた。それが夕太だった。診断書が証拠だった。

麗は夕太に確認する。日奈が襲われた日に犯人に会ったか聞く。何も言わない夕太をみて麗は、まどかが言ったことが本当だと確信する。

神林はKENを撃ち殺す

 一方、美有は謎の男・神林民三(高橋和也)のもとへ連れ去られていた。神林はボスと思われる人と話していた。そして美有を車で連れ去ってしまう。

六花は現馬との生活がすれ違いがつづき、別居していたとき現馬に付き合っていた女性がいたことを美有に言えずギクシャクした関係が続いていた。

神林は再び、KENとGOと合流する。寿々が病院で手術していることを知った神林はKENを撃ち殺してしまう。

新たな男の死体が見つかる

陣馬と陣元が公衆電話に向かうと電話がかかってくるが、それは公衆電話の裏に隠された携帯電話からで相手は神林だった。

神林は陣元に表通りにある車のトランクにある死体を始末しろ。

トランクを開けると、そこには男性の死体があったが誰だかわからなかった。

そこに鬼束がやってくる。現馬はいままでのことを話し、暗殺計画を阻止するのが目的だと伝える。

スポンサーリンク

『24ジャパン』相関図とメインキャスト紹介

相関図はこちらになります。

スポンサーリンク

『24ジャパン』メインキャスト

メインキャストの紹介です。

獅堂現馬(しどう・げんば)/唐沢寿明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長。危険を顧みず任務を遂行する一方、状況によっては踏みとどまることの大切さも知っている。良識のある優秀な人物だが、正義のために大胆な選択をとる事もある。CTU東京本部長からの信頼も厚い。私生活ではかつて夫婦間に“ある問題”を抱え、一時は妻と別居していた。かたや、一人娘とは良好な関係を築いている。日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたるが、同時に自身の娘が誘拐される事件も発生し…!?

獅堂六花(しどう・りっか)/木村多江

獅堂現馬の妻。一時は“ある問題”から現馬と別居していたが、現在はふたたび同居し、良好な夫婦関係を取り戻している。一方、別居の理由を知らない娘・美有からは、その経緯を誤解されているのか、口も利いてもらえない日々…。娘とのギスギスした関係に心を痛めている。そんな中、美有が誘拐される事件が発生。居ても立っても居られなくなり、なりふり構わず娘の捜索に奔走する

朝倉麗(あさくら・うらら)/仲間由紀恵

国民からの支持も厚く、日本初の女性総理になるのではと期待されている。「民生党」の党首としても存在感を示している。慎重で聡明、剣道もたしなんでいた文武両道の女性。息子と娘を持つ母親でもある。夫とは二人三脚で政治活動を行っており、その様子も広く知られている。人間関係を大切にし、権力に屈しないクリーンなイメージが強いが、“裏の顔”もある。運命の総選挙当日、自らの暗殺計画が発覚。さらに、家族にまつわる大トラブルまで起きてしまい…!?

スポンサーリンク

朝倉遥平(あさくら・ようへい)/筒井道隆

朝倉麗の夫。政治家の二世で高学歴、政界にも顔が利く。麗とは二人三脚で政治活動を行っており、公私共に細やかなサポートをしている。冷静沈着で、物腰も柔らか。世間からは“良き夫”というイメージで受け止められる一方、“ただのお人好し”と揶揄する声もある。そんな中、麗が女性総理になれるか否かに関わる総選挙当日、彼女の暗殺計画が発覚。意外な顔も覗かせ…!

水石伊月(みずいし・いつき)/栗山千明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班のチーフ。どんな局面でもポーカーフェイスで、冷静かつ毅然と対処するクールビューティー。仕事の能力も非常に高く、獅堂現馬からも信頼されている。現馬とは過去に、ある個人的な事情を共有していたようだが…!? 日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたる中、裏で単独捜査を進める現馬に協力する。だが、そんな彼女にやがて“組織を揺るがす疑惑“が浮上し…!

郷中兵輔(さとなか・へいすけ)/村上弘明

CTU(テロ対策ユニット)東京本部長。温かい心を持った人格者だが、仕事では情に流されることなく、的確な判断のもと行動する。獅堂現馬ら第1支部A班を招集し、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務を担当させると同時に、「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」との裏情報も入手。日頃から信頼している現馬に極秘で調査させるが…!?

 

『24ジャパン』第5話感想

麗の息子夕太が妹を暴行した犯人を自殺と見せかけて殺害した疑惑があるとして、麗は直接夕太に聞く場面があり、それは本当だと分かります。そんな事実が明らかになれば麗は総理大臣にはなれませんよね。。。揉み消す!?

現馬の頭の回転の速さと技?というかなんであんなことを思いつくんだろうとハラハラというより、感心してしまいます。

黒幕は一体誰なんだろう。。本物の24見てないので分からないのですが、このまま24ジャパンで追っていこうと思います。

でも麗の娘日奈を襲った犯人が殺害されていたとして、その犯人の家族は一体何者か?気になりますね。麗の総理大臣を阻止するのは反対勢力という単純な見方もありますが、、、

次回第6話のあらすじはこちらです。これで6/24で全体の1/4が終わるのですね。。24話も続くのか、、まだ色々ありそうです。

【ネタバレ】24ジャパン6話〜現馬は娘を救出できるのか?
『24 JAPAN』はアメリカの連続ドラマの日本版リメイクで唐沢寿明さんが主演です。唐沢さんは、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すために必死で戦うCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げ...

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました