【ネタバレ】24ジャパン11話〜アンドレ林が六花と美有を殺害指示!!

ドラマ24

『24 JAPAN』はアメリカの連続ドラマの日本版リメイクで唐沢寿明さんが主演です。唐沢さんは、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すために必死で戦うCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げんば)を演じます。 “2020年の最新テクノロジーと世界情勢”も織り交ぜながら、最大スケールで展開する“日本初のリアルタイムサスペンス”です。

こちらの記事は、2020年12月18日(金)第11話『10:00-11:00』のあらすじとネタバレになります。

第10話のあらすじネタバレはこちらの記事をご覧ください。

【ネタバレ】24ジャパン10話〜菫は死んだ!?黒幕アンドレ林登場
『24 JAPAN』はアメリカの連続ドラマの日本版リメイクで唐沢寿明さんが主演です。唐沢さんは、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すために必死で戦うCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げ...

ドラマ24はリアルに視聴したほうが臨場感があっておススメです。2週間のお試し期間は無料で見られますのでまだ見てらっしゃらない方、見逃したかたはこちらのAMEBAからご覧ください。

スポンサーリンク

『24ジャパン』第11話ねたばれ

現馬は、菫のPCのログで残っていたテッド福井(飯田基祐)を拉致するが、六花と美有の居場所を言わない。しかしナイフで現馬に襲い「これは報いだ!!」と意味深なことを言い、心臓発作で亡くなってしまった。現馬は自分の名前を知っていたことから、7年前の機密案件で何か関係があるかもしれない、伊月に調べさせる。

そのころアンドレ林が神林のアジトに到着した。神林はクビを言い渡され、六花と美有の射殺指示をする。剛は美有から射殺しようとするが、KENからもらった銃で六花は剛を射殺する。

テッド福井が音守という男と会う約束をしていた。テッド福井が亡くなってしまい手がかりを求めて現馬はこの男に会うが、なんと美有の友達寿々の父親になりすましていた男だった。美有と六花の居場所まで案内させることに・・・

スポンサーリンク

『24ジャパン』第11話あらすじとねたばれ

日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺しようとした実行犯だと疑われ、CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長を解任されてしまった獅堂現馬(唐沢寿明)。彼は警察の追手から逃れながら、あろうことか暗殺計画に関わっていると思われる投資会社の社長・テッド福井(飯田基祐)を拉致する。

暗殺計画に関与する謎の男・神林民三(高橋和也)に誘拐された現馬の妻・六花(木村多江)と娘・美有(桜田ひより)の居場所を聞き出そうとする。だが、テッドは知らぬ存ぜぬの一点張り。暗殺計画の関係者との接点についても、シラを切り通す。

A班のチーフ・水石伊月(栗山千明)にその男の素性を調査するよう依頼する。

一方、墜落した旅客機の搭乗者データを分析していたA班の暗号解析係長・南条巧(池内博之)は、暗殺未遂騒ぎのあった現場から逃亡したカメラマン・皆川恒彦(前川泰之)の名前がデータから消されていたことを発見する。

そう、皆川は墜落事件の犠牲となり、暗殺未遂騒ぎの何時間も前に亡くなっていたのだ! だとすれば、“逃亡した皆川”は一体誰なのか――。整形した偽物ということになる。

スポンサーリンク

テッド福井は現馬を襲撃するが心臓発作で死亡

やがて現馬は、テッドは音森清介というセールスマンから急な要請で、落ち合う約束をしていたことを知る。自らその正体不明の男に会おうとする現馬。

ところがその矢先、テッドがナイフを手に現馬を襲撃し、「すべては自業自得。報いを受けろ!」と“不穏な言葉”を浴びせる。揉み合っている間に、テッドは心臓発作で薬を飲ませるが、死んでしまった。。。。。

動揺する現馬、伊月が再度、テッド福井の素性と7年前の現馬の任務について洗い出す。

同じ頃、六花と美有も命の危機にさらされていた。麗の暗殺計画を完遂するため“第2の作戦”に着手し始めた黒幕=アンドレ・林(村上淳)が、神林に、現馬を30分以内に見つけられなければクビ、最後の仕事はアジトと六花と美有を殺すよう命令した。

KENは美有に拳銃を渡す。六花は自分達を殺すつもりだと察する。

スポンサーリンク

六花が剛を射殺

麗は、上州に連絡をとり、夕太のカウンセラー青木塔子のことで呼び出す。上州は青木塔子を殺害しようとしていた。それは麗を支援する出資者のためだった。

テッド福井の車に、音森清介がきた。音森とは、美有の友達・寿々の父親に成りすましていた男だった。現馬との思わぬ再会だが、美有と六花はもうじき殺されると伝えられる。音森は現馬と取引をした。音森は六花たちがいる場所へ現馬を連れていく。

そのころ、六花と美有に射殺命令がでた。

六花は美有を守るために射殺しようとした剛を、KENからもらった銃で射殺した。そして2発発砲し自分達が死んだと見せかけた。

音森は現馬をどこへ連れているのか!?

スポンサーリンク

『24ジャパン』相関図とメインキャスト紹介

相関図はこちらになります。

スポンサーリンク

『24ジャパン』メインキャスト

メインキャストの紹介です。

獅堂現馬(しどう・げんば)/唐沢寿明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長。危険を顧みず任務を遂行する一方、状況によっては踏みとどまることの大切さも知っている。良識のある優秀な人物だが、正義のために大胆な選択をとる事もある。CTU東京本部長からの信頼も厚い。私生活ではかつて夫婦間に“ある問題”を抱え、一時は妻と別居していた。かたや、一人娘とは良好な関係を築いている。日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたるが、同時に自身の娘が誘拐される事件も発生し…!?

獅堂六花(しどう・りっか)/木村多江

獅堂現馬の妻。一時は“ある問題”から現馬と別居していたが、現在はふたたび同居し、良好な夫婦関係を取り戻している。一方、別居の理由を知らない娘・美有からは、その経緯を誤解されているのか、口も利いてもらえない日々…。娘とのギスギスした関係に心を痛めている。そんな中、美有が誘拐される事件が発生。居ても立っても居られなくなり、なりふり構わず娘の捜索に奔走する

朝倉麗(あさくら・うらら)/仲間由紀恵

国民からの支持も厚く、日本初の女性総理になるのではと期待されている。「民生党」の党首としても存在感を示している。慎重で聡明、剣道もたしなんでいた文武両道の女性。息子と娘を持つ母親でもある。夫とは二人三脚で政治活動を行っており、その様子も広く知られている。人間関係を大切にし、権力に屈しないクリーンなイメージが強いが、“裏の顔”もある。運命の総選挙当日、自らの暗殺計画が発覚。さらに、家族にまつわる大トラブルまで起きてしまい…!?

スポンサーリンク

朝倉遥平(あさくら・ようへい)/筒井道隆

朝倉麗の夫。政治家の二世で高学歴、政界にも顔が利く。麗とは二人三脚で政治活動を行っており、公私共に細やかなサポートをしている。冷静沈着で、物腰も柔らか。世間からは“良き夫”というイメージで受け止められる一方、“ただのお人好し”と揶揄する声もある。そんな中、麗が女性総理になれるか否かに関わる総選挙当日、彼女の暗殺計画が発覚。意外な顔も覗かせ…!

水石伊月(みずいし・いつき)/栗山千明

CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班のチーフ。どんな局面でもポーカーフェイスで、冷静かつ毅然と対処するクールビューティー。仕事の能力も非常に高く、獅堂現馬からも信頼されている。現馬とは過去に、ある個人的な事情を共有していたようだが…!? 日本初の女性総理誕生が期待される総選挙当日、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務にあたる中、裏で単独捜査を進める現馬に協力する。だが、そんな彼女にやがて“組織を揺るがす疑惑“が浮上し…!

郷中兵輔(さとなか・へいすけ)/村上弘明

CTU(テロ対策ユニット)東京本部長。温かい心を持った人格者だが、仕事では情に流されることなく、的確な判断のもと行動する。獅堂現馬ら第1支部A班を招集し、総理候補暗殺計画を阻止する極秘任務を担当させると同時に、「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」との裏情報も入手。日頃から信頼している現馬に極秘で調査させるが…!?

 

『24ジャパン』第11話感想

現馬は、テッド福井を殺害??心臓発作で亡くなったに違いないのですが、その前に現馬は心臓を何度も殴っていたから、それで死んでしまったとしたら殺人??そして現馬の妻、六花も美有を守るために誘拐犯を射殺してしまった。でもこれは正当防衛だと思うけど、ショックだろうな~。(ドラマの世界)

テッド福井とかアンドレについてはこの11話では何も分からなかったです。しかし7年前に現場が任務について機密案件に関わっているのは間違いなく、その7年前の事件を麗は知っている感じでした。きっと色々なことがこれからつながってくるのでしょうか。。

さて次回は12話です。やっと12時間たつのですね。

次回はいよいよ現馬は六花と美有に再会します。

【ネタバレ】24ジャパン12話〜現馬は妻と子に再会を果たすが・・・
『24 JAPAN』はアメリカの連続ドラマの日本版リメイクで唐沢寿明さんが主演です。唐沢さんは、テロリストによる女性総理候補暗殺計画を阻止するため、そして誘拐された家族を取り戻すために必死で戦うCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げ...

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました