【10の秘密・第3話感想】瞳を誘拐したのは由貴子本人だったのか?

2020年冬ドラマ

2020年1月28日(火)放送後のネタバレです。

第3話では、瞳が解放され、10年前の火事について圭太が話しました。第1話、2話で火事の家の前にいる小さい女の子はやはり瞳でした。

でも瞳は「誰も死んでない?」という質問に対して圭太が「やけどした人はいたけど、死んだ人はいない」と言います。

うーーん、きっと何かありますね。

また最後のシーンでは、由貴子は、瞳を誘拐した二本松に落ち合い、現金をみせながら「うまくいったわ」と言います。これを見る限り、お金を東帝建設から巻き上げるために、瞳を誘拐、圭太を利用したと思います。

それを知ったら瞳と圭太はショックですよね。

由貴子は二本松から瞳を奪回するときに命懸けでしたが、、すべて演技だったのでしょうか。

次からの放送も気になりますね。。。

まだ全然結末の話が見えませんが、とりあえずは、第1話から3話が終わり、それぞれの主人公が持っていた秘密をまとめました。

白河 圭太 10年前友人の別荘近くで火事がある。瞳がらんたんで引火したのか?警察に通報しなかった。
仙台 由貴子

多額の借金を抱えて逃げている。二本松とともに、瞳を誘拐し東帝建設からお金を巻き上げた?

石川 菜七子 六本木である男性に回し蹴りしたのを瞳に見られていた
白河 瞳 誘拐から解放された。10年前の火事は知っていた
伊達 翼 バーでピアノを弾く青年、瞳から信用されているが圭太のことを知っている?
宇都宮 竜二 由貴子の恋人。帝東建設の違法建築を隠す
二本松 健一 瞳を誘拐した実行犯だが、由貴子の指示?
長沼 豊 帝東建設の社長、違法建築によるコストカットで利益操作か?

 

第3話では圭太が会社をクビになり、帝東建設の社長(佐野史郎)を脅しお金を巻き上げようとします。データがもうなくなったと思ったのに、帝東建設側は予想外な展開になります。

おそらく由貴子も想像してなかったかもしれません。

圭太は破滅の道?へ向かっているのでしょうか?

さすがにオリジナル台本ですのでネタバレがわからないと妄想がいろいろふくらみますね。

第一話と第二話のネタバレ記事もありますので3話が始まるまでにお時間がありましたらご覧ください。

 

スポンサーリンク

10の秘密・第三話ネタバレ

「10の秘密」の相関図は公式ページにあるこちらをご覧ください。

www.ktv.jp
相関図|向井理主演『10の秘密』|カンテレ
https://www.ktv.jp/10himitsu/chart/index.html
2020年1月14日スタート 火9ドラマ 向井理主演『10の秘密』相関図

 

圭太(向井理)は由貴子(仲間由紀恵)の指示のもと、自殺した矢吹(中林大樹)が残した帝東建設の不正の証拠を手に入れる。

圭太は、由貴子に、不正データが入ったUSBをわたす。

由貴子は「私の人生まちがえちゃった。」

圭太は「10年前の火事を俺が秘密にしようといったのが原因か?」と聞くが、

「隠そうとしたのは自分だから」と由貴子は否定した。また瞳が帰ってきても警察にはいかないでほしいと伝える。

由貴子は二本松にUSBを渡し、瞳を奪回することに成功した。

宇都宮竜二は圭太が忘れていった靴を返しにくる

平行して、竜二は、圭太の自宅前に現れる。

圭太が矢吹の家に忍び込んだときに忘れていった靴を返しにきたのだった。

圭太はすっとぼけるが、もう一つ圭太が秘密を持っていることを明かす。

それは建設業者から工事検査を早めてほしいために10万円を受け取っていたことだ。

竜二は「余計なことは言うな」と釘を刺した。

 

10年前の火事のことを瞳は覚えていた

瞳は10年前の火事のことを覚えていた。

「お父さん、お母さんと3人でどこかでバーベキューした。お母さんがいたから4か5歳。

楽しいだけではなかった。怖いことが・・・赤い火がどんどん燃えて、あれ、わたしのせいだよね?」

瞳は圭太に尋ねる。

圭太は話始める。

「お父さんとお母さんが話している最中に遊んでいた瞳が行方不明になった。辺りを探していると燃えている家があった。その前に瞳が立っていた。

乾燥しきっていっため、あっという間に裏の林にも燃え移っていた。近くに別荘が何件か燃えた。

火元は特定できなかった。

お母さんは警察行こうと、だけどこれだけは隠そう。」

瞳のために隠そうと言ったじゃない、お父さんは建築家を目指してから警察沙汰になるような事件に巻き込まれたくなかった」

瞳は、「その火事で亡くなった人がいるの?」と尋ねた。

圭太は「やけどした人はいた」と伝えた。また離婚したことと火事は関係ないと伝える。

圭太は不正がばれクビになった

USBを(二本松から渡されたと思われる)回収したと帝東建設の社長に報告する竜二

その場でUSBを砕いた。

圭太は翼のもとへ。

疑ったことを謝罪したが、翼は「あなたの罪はそれだけですか?」と訴えるが。。。それ以上は言わない。

圭太も不信に思ったがその場は去った。

翼はやりきれない気持ちをピアノにぶつけた。

 

圭太は翌日、会社に戻った。

優先検査を圭太に依頼し、10万円支払った業者が、圭太に文句を言いにきた。

部下に指示したが、「検査の変更を納得いかなった」という理由でやってなかったのだ。

そのやりとりを圭太の上司はみていた。社長の判断でクビになった。

圭太は母親にお金の相談をしようとしたが、門前払いされた。

八方ふさがりになった圭太は。。。。

圭太は帝東建設の社長に矢吹のデータがあることを伝え脅す

圭太は帝東建設の竜二に社長に合わせろと伝える。

社長に自分は建築検査員だと伝え矢吹のデータに何があったか圭太は話す。

「『SRC構造』のマンションなのに2FまでしかSRCを使用しておらず、3階から屋上までは「鉄筋」の図面だった。

検査は2階まで建築された時点で行われるため、そこで合格であればそこから先は分からない

工期短縮とコストカットを狙った明からに不正な建築物だ!と証言する。

自殺した矢吹さんは耐えられなかった。

しかし会社は、あの大規模のやり直しは無理だし、マンションは納期厳守が絶対だからその不正を明らかにすることは許されなかった。」

社長も竜二も何も言い返せなかった。

社長「要求は?」

圭太「このデータをいくらで買ってくれますか?」

 

そして、由貴子は瞳を誘拐した二本松と合っていた。由貴子は二本松にお金がはいっていたスーツケースを見せる。

「うまくいきましたね」

二人はつながっていた。

まとめ・感想

瞳を誘拐した実行犯は二本松だった。その顔を瞳は見てしまうのですが、きっと瞳も事件に巻き込まれていきそうな感じでした。

たった10万円で圭太は会社をクビになってしまいました。八方ふさがりになってしまった圭太は帝東建設の社長(佐野史郎)を脅すのですが、果たしてお金を支払うのでしょうか。。。

小さいな嘘が、大きな嘘につながっていく、よくある話ですが、最初の小さいの嘘はきっと10年前の火事を秘密にしよう!といった圭太、またこのことを墓場まで持っていこうと言ったのは由貴子、その時から歯車が狂っていたのかもしれないですね。

第4話は、果たして帝東建設の社長が圭太にお金を支払うのか?が気になります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました