【10の秘密・第9話感想】由貴子は生きていた!翼の母親の相手は長沼!!

10の秘密

2020年3月10日(火)「10の秘密」第9話のあらすじ・ネタバレになります。

やっぱり由貴子は生きてました。なぜ爆発事故が起きたのか?海外逃亡するために最初から仕込んであったのだと思います。そして二本松とまた行動を共にしてました。海外逃亡するためにパスポートを取り戻そうと二本松は圭太の家に忍び込みますが失敗します。

圭太は瞳の写真立ての裏にパスポートを挟んでました。

また10年前の火事ですが、圭太のらんたんの火の不始末だったそうです。そして犠牲になった翼の母親の恋人はやはり長沼社長でした。ですが、火事は長沼がおこしたのではなく、由紀子の可能性が出てきました。すでにその時から由貴子の野望が始まっていたのかもしれません。

来週はいよいよ最終回です。

下記の早見表なのですが、9話で明らかになったのを赤字にしました。

白河 圭太 向井 理 10年前友人の別荘で火事があったのは圭太の火の不始末。
仙台 由貴子

仲間由紀恵

多額の借金を抱えて逃げている。二本松とともに、瞳を誘拐し帝東建設から6億要求、半分の3億を手にしたが、残りの3億円を圭太に盗まれてしまい躍起になって奪回しようとする。第8話で船で爆発事故が発生し死亡したか?と思ったが生きていた。10年前の火事は由貴子の仕業?

石川 菜七子 仲里依紗 高校生のときに英語塾の講師に乱暴されていた過去が。六本木でケバイ格好して売春していた。圭太に話を聞いてもらい足を洗った。
白河 瞳 山田杏奈 10年前に1人の女性が亡くなったのは自分の責任だと思っている。
伊達 翼 松村北斗 バーでピアノを弾く青年、翼は10年前に亡くなった女性の遺族だった。母親が火事で亡くなった日、男が訪ねてきていたのを覚えていた。その男は帝東建設の長沼だった。
宇都宮 竜二 渡部篤郎

 

監査室長解任される。翼の母親が火事で亡くなったときは沖縄にいたが、長沼に火事が発生した日のアリバイを頼まれる。
二本松 健一 遠藤雄弥 瞳を誘拐した実行犯。母親が父親を刺殺した。その時の弁護士が由貴子だった。いまは由貴子と行動を共にしている。
長沼 豊

佐野史郎

帝東建設の社長。翼の母のお相手だが殺してないと否定する。

10年前から偽造建設をしていた。

 

前回第8話のネタバレ記事です。見逃した方がいらっしゃいましたら是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

10の秘密・第9話あらすじ・ネタバレ

由貴子(仲間由紀恵)を乗せ海へ走り去った小型船が、圭太(向井理)と菜七子(仲里依紗)の目の前で爆発した。

由貴子は行方不明扱いだった。状況から見て由貴子が生存している可能性は低く、事態は思わぬ形で幕切れを迎えたかに見えた。運転手は生きていたが、お金で雇われ、爆発前に海に飛び込んでいた。

二本松の行方は分からない。

警察の調べにより、爆発が事故ではなく故意である可能性が浮上し、疑いの目は元夫の圭太にも向けられる。

10年前の火事で母親と喧嘩していたのは長沼社長

翼(松村北斗)の母親が亡くなった10年前の火事について、翼は、現場となった別荘で目撃した靴を拭く男は竜二(渡部篤郎)だとにらんでいたが、違った。

竜二は沖縄に出張していたときに長沼のアリバイ詐称を依頼されていた。

長沼は、翼と圭太に、「確かに10年前、翼のお母さんと付き合っていた。彼女のピアノが好きだった。何故か涙がでた。いろいろな愚痴を聞いてもらった。そして妻にばれたため、別れ話をするためにあの別荘地で話をした。

しかし翼の母親はどうしても別れるなら上司や妻にバラすと。会社の秘密を世間にばらすと逆に脅された。その場で少しばかりのお金を渡して別荘を出た。翌日火事で亡くなったと聞いてびっくりした。」と話した。

翼と圭太が部屋をでるとき長沼が、「念のため言っておくけど録音はできてないよ。ノイズが流れるにようしている。」

そして圭太と宇都宮は、長沼の仕事上のトラブルを探すことにした。

10年前の偽装建設を調べる宇都宮

コストダウンを狙った偽装建設をやっていた。プロジェクトリーダーは長沼。そして下請けの湯本に圭太会った。

「鉄筋は2Fまでしか入ってない。鉄筋の話をしたら、笑って言われた『あなた方は納期を守ってくれたらいい』余計なことをいったために契約を打ち切られた。言わぬが花ってことだよな。」

翼の母親は病気だった

翼と圭太は再び、長沼社長に会う。

「母が10年前に処方された薬を調べました。手足が動かなくなる病気になっていた。だから焦っていた。母1人、子一人、そこであなたに別れ話を持ち出した。あなたは偽造建設をしていた。」

翼は、「母が何故死んだのか知りたい。話してもらえませんか?事実を知りたいだけなんです。あの日母はあなたに怒鳴っていた。」

長沼は「別れ話をするために別荘に行って話したが、夏子(翼の母親)は、はじめから喧嘩越しだった、そして投げ飛ばしたら頭をぶつけた。窓をみたら、外に炎がせまっていた。俺は必死に逃げた。」

夏子を見殺しにしていた。

長沼は、「お気の毒に」と手を合わせる。

翼と圭太は、社長の部屋を出る。

録音されたテープをもってマスコミに暴露

今度は竜二が隙をみて社長室のノイズのスイッチが切っており今度はしっかり録画できた。ノイズのスイッチが切れていたことに気づいた長沼は、圭太に「長沼だ、取引がしたい」電話する

以前、圭太が偽装建築をリークしようとしていた記者に再度連絡し、長沼が母親と不倫していたこと、また偽装建築していた長沼の証言の録音を聞かせる。

記者は、「やるなら一気に。もう一度検証させてくれ。」

長沼は圭太に取引をもちかける

圭太が長沼の部屋に。

圭太「あなたが刑事的に裁かれないかもしれないが、社会的に抹殺させる。」

長沼「君を帝東建設に入社させる、お金も出す、録音を処理してくれ」

しかし圭太はその取引には応じなかった。

「ここであなたに自分を売ったらもう何もなくなる。だから取引には応じられません。」

僕がここにきたのは、「由貴子を殺したのはあなたですか?」

長沼「君はわかってない、仙台由貴子という女を。以前、マンションに亀裂がはいってもう公表するしかないと思ったが、彼女に止められた。公表したら失脚する。隠した罪は死ぬまで隠してくださいと言われ社長にまでのぼりつめたが、仙台由貴子と縁を切りたかった。しかし結局大金を払うことになったが。」

最後に、長沼が「だって彼女はあの火事のとき」と言いかけて圭太のスマホが鳴る。

瞳からだった。

仙台由貴子は生きていた

圭太の家に二本松がいた。菜七子は空手で対抗する。

二本松は家のなかでなにかを探していた

圭太は「パスポートだ。」由貴子の新しい名前・白石久美子のパスポート

なんで必要なんだ?それは由貴子が生きているから。仙台由貴子は生きていた。

由貴子が空港に現れる。二本松から「パスポートを取り戻せませんでした。」

由貴子「パスポートがないと海外口座のお金が引き出せないのよ。パスポートを盗まれたのは私のミス。」

圭太は、由貴子は必ずパスポートを取り返しにくる。由貴子に聞かなければならないことがある。

10の秘密10話・感想

靴を拭く癖は、宇都宮が入社したてこの頃、「靴はビジネスマンの顔、安物でも綺麗にしておけ!」と長沼から言われその教えを守ってきたそうです。

でも実際、靴をハンカチで拭く人、私はみたことないです(笑)

やっぱり由貴子は生きてましたね。パスポートがなくお金も引き出せない。由紀子はどんな手を使って取り返そうとするのか、、、ものすごく怖い方法で取り返しそうです。

由貴子はなぜ多額の借金をしていたのかも明らかになってません。やっぱり自分のことしか考えてないだけの女性なのか?瞳は信じているっぽいですが。。

過去に何があったのか気になります。

来週がいよいよ最終回です。あらすじの記事は下記になります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました